DBの総合情報サイト

クウラ機甲戦隊とは?メンバーの一覧!サウザー・ドーレ・ネイズの由来と戦闘力や強さ考察と名言

WRITER
 
2021年4月21日発売Vジャンプのドラゴンボール超71話最新話ネタバレ感想

最新話はこちらです


ネタバレ感想⇒ドラゴンボール超71話

注目
ドラゴンボールプレスはあなたのドラゴンボールライフを間違いなく充実させる自信があります。名言・疑問・映画・アニメ・道具など幅広くドラゴンボール愛53万以上あるスタッフが日々コンテンツ制作に全力を注いでます。 トップページのお気に入りブックマーク推奨です

ドラゴンボールプレストップページ

2021年4月21日発売Vジャンプのドラゴンボール超71話最新話ネタバレ感想

最新話はこちらです


ネタバレ感想⇒ドラゴンボール超71話

注目
ドラゴンボールプレスはあなたのドラゴンボールライフを間違いなく充実させる自信があります。名言・疑問・映画・アニメ・道具など幅広くドラゴンボール愛53万以上あるスタッフが日々コンテンツ制作に全力を注いでます。 トップページのお気に入りブックマーク推奨です

ドラゴンボールプレストップページ

この記事を書いている人 - WRITER -

フリーザにはギニュー特戦隊という精鋭部隊がいましたが、その兄であるクウラにもクウラを支える少数精鋭部隊がバッチリ存在しています!

それはもちろんクウラ機甲戦隊です!

クウラ機甲戦隊もギニュー特戦隊も、実力重視の少数精鋭部隊というのは同じですが、クウラ機甲戦隊は3人で構成され、ギニュー特戦隊の5人よりもさらに少ない人数になっています。

少ない人数でクウラの護衛は大丈夫?なんても思いますが、実はこの3人全員が、かつて悟空達を苦しめたギニューよりも実力が上だという事を知っていましたか?

そんなギニューよりも強いクウラ機甲戦隊のメンバーは劇場版のみにしか登場しませんが、その魅力は原作に登場したキャラクターに全く引けを取りません!

ここではそんな魅力たっぷりなクウラ機甲戦隊の

  • クウラ機甲戦隊3人一覧と特徴
  • 名前の由来はやっぱり食べ物系から?
  • 全員がギニューより強いって本当?
  • クウラ機甲戦隊の戦闘力は分かる?
  • クウラ機甲戦隊の声優調査
  • 登場が少ない中の貴重な名言セリフ

などなど、これだけは知っておいてもらいたい疑問も含めて解消していきます!

クウラ機甲戦隊に詳しくなれるとドラゴンボールをもっと好きになる事間違いなし!

この記事を読んでクウラ機甲戦隊の良さを是非とも周りに広めて下さい!

クウラ機甲戦隊とは?メンバーの一覧と特徴

クウラ機甲戦隊とは・・・?

フリーザ兄のアニメオリジナルキャラのクウラ率いる個性豊かな3人組です。

その3人を簡易的に表にまとめると

キャラ名 名前由来 特徴
サウザ サウザンアイランドドレッシング 機甲戦隊リーダー(紫)
ドーレ ドレッシング 1番の戦闘力(緑)
ネイズ マヨネーズ 3番手の位置付け(茶)

3人のさらにボスという位置付けのクウラについてはこちらでめっちゃ詳しく紹介してます

つまりクウラ機甲戦隊はフリーザでいうとギニュー特戦隊のようなものです!

となるとギニュー特戦隊と比較した強さなども気になるところですよね。安心してください次の項目で徹底比較します♪

クウラ機甲戦隊の戦闘力は?ギニュー特戦隊とどっちが強い?

クウラ機甲戦隊の戦闘力は?

クウラ機甲戦隊は劇場版という都合上ギニュー特戦隊の様に戦闘シーンは長くはありませんが、巧みな連携攻撃を繰り出してきた強敵!

その3人の戦闘力は映画公開前にジャンプでの特集記事で紹介されていたらしく、

サウザー 17万
ドーレ 18万5000
ネイズ 16万3000

となっていました。

フリーザよりも強いクウラお抱えの精鋭部隊ということもあり、3人全員がギニューよりも遥かに強い戦闘力を持っています。

参考としてギニュー特戦隊の戦闘力は

ギニュー 12万
リクーム 5万2000
ジース 5万
バータ 5万
グルド 1万2000

※ ギニュー以外の4人のは不明で、ゲームやセリフからの参考にしています

こうして並べてみるギニュー以外はかなり弱く見えますね(笑)

ギニューなら少しは勝負になるかな?とも思うかもしれませんが、この頃は1000違うだけでもかなりの差があったので、きっと手も足も出ない感じだと思われます。

クウラ機甲戦隊リーダーのサウザーの戦闘力と技

サウザーの戦闘力は17万で、リーダーではあるものの単純な戦闘力はでは2番手

しかしサウザーはベジットやザマスのような気を刃にする“サウザーブレード“を使い、ピッコロを追い詰めていきました。

他には5本の指からレーザーのように攻撃する“フィンガービーム“を扱うのも特徴です(一瞬“指ーム“かなと思ってしまったのは内緒)

そしてサウザーは過去にクウラ機甲戦隊の隊長の座ギニューと争った事があり、ギニューの真の姿(ボディチェンジで今の姿になる前)を知る数少ない人物で、さらに7000の宇宙語を話せる頭脳も持ち合わせているという凄い設定のキャラクター。

ドラゴンボール超でウイスが生命体のいる星の数を言っていましたが、確か数十くらいしか無かった様な気が…(笑)

もしかしてこれはドラゴンボールの矛盾の1つかも?なんて(笑)

クウラ機甲戦隊ドーレの戦闘力と技

ドーレの戦闘力は18万5000で3人の中で1番の戦闘力を持っています。

戦闘力=腕力ではありませんが、見た目通りの印象ですね。

この戦闘力の1番高いドーレの技は作中では一切登場せず、悟空をガッチリ押さえつけたり、仙豆を守る悟飯の頭を鷲掴みにした体格を生かしたスタイルでした。

単純に掴んでいるだけですが、ありきたりですがあえて技名をつけるとしたら“アイアンクロー“とかでしょうかね。

ただ掴んでいるだけとは言え、頭を掴まれた悟飯の反応を見る限りかなり強力だと思います。

ちなみにドーレは元宇宙プロレスラーという経歴を持っているようで、対戦相手は地獄送りにしてきたという残忍さという設定があります。

クウラ機甲戦隊ネイズの戦闘力と技

ネイズの戦闘力は16万3000で3人の中で3番手という位置ですが、それでもフリーザの誇る精鋭部隊のギニュー特戦隊の誰よりも強い戦闘力を持ちます。

ネイズの技はもちろん“首引っ込め“です!

いや、すみません(笑)

両手から電気を放出し、当たった敵を感電させる電撃攻撃がネイズの持つ必殺技です。

作中ではピッコロには通じませんでしたが、跳ね返されたネイズが一瞬で黒焦げになり絶命したところから、相当な威力の攻撃だった事が分かります。

クリリンとかだったらやられていたかも知れませんね!

ネイズは両生類から進化した種族のようで、弾力性のある皮膚と骨格が特徴。

首を引っ込めて緊急回避をするのはその特徴を生かした行動です。

亀のように首を引っ込め、電気うなぎの様に体内で発電…いいとこ取りの様な特徴は、もしかするとモデルとなった両生類達から羨望の眼差しで見られているかも?なんてね(笑)

クウラ機甲戦隊3人の名前の由来!サイヤ人の上に立つ?調味料が由来!

ギニュー特戦隊は乳製品が由来になっていましたが、クウラ機甲戦隊の名前の由来はサラダにかける調味料系、ドレッシング類が由来になっていました。

言われてみるとなるほどなぁって思えますが、このクウラ機甲戦隊の3人は言われないとなかなか気付きにくいですよね(笑)

それぞれもっと詳しく深掘りしてみましょう

サウザーの名前の由来はサウザンアイランドドレッシング!

クウラ機甲戦隊のリーダー的存在のサウザーの名前の由来はサウザンアイランドドレッシグから取られています。

この由来を知るまでは

  • 見た目のカッコ良さ
  • 声のイケメン感
  • リーダー的立ち位置というイメージ
  • 皇帝のカイザーと呼び方

が似ていたので王族的な意味の何かが由来になってると勝手に勘違いしてました(笑)

ちなみにサウザンアイランドドレッシングは

  • マヨネーズ
  • ケチャップ
  • 刻んだピクルスや玉ネギ
  • レモン汁

などを加えて作るほのかな酸味とクリーミーさが魅力のドレッシングです。

今までは何も気にせず食べていた方は、これからはこのドレッシングをサウザーと呼んでみると面白いかもしれません(笑)

ドーレの名前の由来はドレッシング!

ドーレの名前はドレッシングが由来になってます!

サウザーと比べると随分と分かり易い気がしますが、サウザー同様に全然気付きませんでした(笑)

ドーレじゃなくてドレッシとかだったら自力で気付けたかもなぁ〜なんてちょっと悔しい気持ちもあります。

あ、でもそれじゃあまりにも分かり易過ぎるか(笑)

ドーレはドーレ!ってくらいにイメージが固定されているからだと思いますが、ドーレって名前以外は考えられません!

ちなみにドラゴンボールに全然関係ないですが、ドレッシングの中では和風ドレッシングが好きです!

ネイズの名前の由来はみんな大好きマヨネーズが由来!

サラダにかける調味料類が由来のクウラ機甲戦隊3人目、ネイズの名前の由来は人気ナンバーワン調味料のマヨネーズが由来です!

サウザーとドーレよりも遥かに気付くことが出来そうですが、

  • 宇宙人っぽい見た目
  • 茶色い肌
  • 亀のように引っ込む頭
  • 平野さん演じる不気味さ

が合わさって、大人気調味料で真っ白のマヨネーズと結びつける事がどうしても出来ず…!

く、くそうぉ……。

完全にネイズの外見に引っ張られて、ナメック星人とか既に出てきているのにナメクジとかそっち系が由来になってるのだろうと勘違いしてました。

マヨネーズが由来って分かっても、なかなかイメージが違い過ぎて腑に落ちない感じです(笑)頭じゃ分かってるんだけどなぁ…。

クウラ機甲戦隊メンバー3人それぞれの声優と代表作品

クウラ機甲戦隊の3人はキャラクター同様に声も特徴的で記憶に残り易いですよね。

お次はキャラクターにぴったりハマっている声優さんをご紹介します!

サウザーの声優はザーボンも演じた速水奨さん!

キャラ サウザー
名前 速水 奨(はやみ しょう)
生年月日 1958年8月2日
血液型 A型
所属 Rush Style所属

代表作品

ドラゴンボール ザーボン・サウザー
キン肉マン テリーマン・ザ・ニンジャ・超人の神
南国少年パプワくん マジック総帥
マクロス7 マクシミリアン・ジーナス

他多数

サウザーの声はザーボンも演じた速水奨さん!

キン肉マンのテリーマンもですが、やっぱりイケメン二枚目キャラクターは速水さんの声がピッタリですね!

ザーボンとサウザーはキャラクター的にも立ち位置的にも通じるところがあり、この起用は当然でしょう!

ドーレの声優は亀仙人でお馴染みの佐藤正治さん!

キャラ ドーレ
名前 さとう まさはる
生年月日 1946年7月1日
血液型 A型
所属 青二プロダクション所属

代表作品

ドラゴンボール ブラック参謀・神龍・コルド大王・亀仙人
キン肉マン バッファローマン・カレクック・サンシャイン
コードギアス反逆のルルーシュR2 黒のキング
SLAM DUNK 高頭力・鉄男

他多数

ドーレの声は現在の亀仙人を演じる佐藤正治さん!

ドラゴンボール改から亀仙人の声優はこの佐藤正治さんが努めていますが、無印時代からブラック参謀を演じていたりとドラゴンボールシリーズにはお馴染みのレジェンド声優さんです。

今ご紹介した代表作品から分かる通り、身体の大きな悪役が多い印象ですね。

ドーレにコルド大王、それにバッファローマンは個人的に特にハマっていると思います!

ネイズの声優はマニアックキャラ男狼役もこなす平野正人

キャラ ネイズ
名前 平野 正人(ひらの まさと)
生年月日 1955年11月16日
血液型 B型
所属 青二プロダクション所属

代表作品

ドラゴンボール 男狼、ピアノ
キン肉マン キン肉マンビックボディ
ジャングルの王者ターちゃん 科学者・案内人
ドラゴンクエスト ダイの大冒険 バルトス

他多数

子供の頃はネイズはネイズって感じの声だなぁってくらいにしか思ってませんでしたが、今思うと本当に良く平野さんを起用したなぁって思います。

選ばれ方とかは素人なのでよく分かりませんが、頭が亀の様にシュッと隠れるネイズに平野さん演じる不気味さが加わって最高です!

クウラ機甲戦隊「サウザー」の名言&名シーン!クウラに忠誠を誓う精鋭部隊!

名言セリフは各キャラクターの個性もでてセリフを見ることで雰囲気や性格などもわかると思います。

登場シーンは短いですが、それぞれの性格や個性が分かるシーンは沢山。

まずはリーダーのサウザーの名言から!

「あぁ…さすがフリーザ様だ」

フリーザが惑星ベジータを破壊する様子とモニターで見ていたクウラ機甲戦隊は、圧倒的な強さでサイヤ人をねじ伏せる姿を感心して見ていました。

暗がりの中でモニターに映し出されるフリーザの高笑いが恐ろしさをより強調され、物語開始からググッと心が惹かれていくのが分かります。

この様子をモニターで見ている者の正体は?

いや〜本当に良い入りですよこの映画は!

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「ん?なんだ!?あのカプセルは?モニター確認!」

ギニュー特戦隊のように隊長という括りはありませんが、ネイズに指示を出すサウザーのこのセリフからリーダーっぽいのが伝わって来ますね。

すぐさまカタカタと端末を操作するネイズの働きぶりには目を見張るものがあります(笑)

ネイズはクウラ機甲戦隊の技術者的な担当だったのかも?

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「ドーレが尻尾を掴んでるのを割り引いても…情けねぇ数字だな…」

地球の戦士が戦闘力をコントロール出来るのを知らないクウラ機甲戦隊は、悟飯の戦闘力の見て笑います。

ナメック星での戦いを経験した悟飯はお前達よりも強い…はず!

何より弱点だと知ってて尻尾を握っているんだから仕方ないだろってなもんです!

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「おそらく瞬間的に戦闘力が高まるんだろう…試してみればすぐに分かるぜ…」

悟飯の戦闘力を笑いつつも冷静に分析するサウザーはやはりリーダー的存在…。

っておい!

クリリン達が作っていたキャンプ飯をご勝手に食べているではないか!!

キャンプの醍醐味を奪いやがって!

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「ク…クウラ様…」

わざわざクウラが出向いてきた事に驚く3人。

この空気がピリつく感じは想定外だったのでしょう。

自分たちがモタモタしていたから…。

機嫌を損ねてしまった…。

という心の声が聞こえてきそうです。

一瞬クウラ機甲戦隊がモタモタしていたからかと思った一同でしたが、そこまで怒った様子じゃなかった感じです。

フリーザだったらすぐに「ぐずぐずしてると殺しますよ」って言いますからね(笑)

その点クウラは優しいのかも(笑)

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「さすがクウラ様…!お見事でした!」

クウラが出てきてからあっという間に悟空は重傷を負い深い谷底へ落ちて行きました。

そのあっという間の出来事にサウザーは「クウラ様の手にかかれば当然」と嬉しそうです。

見ているこっちは悟空の強さは分かっているし、悟飯は怪我を負っていないししんでるわけないだろ!って思っていましたが、何と悟空はクウラのたったあれだけの攻撃で寝込むくらい苦しんでいました。

そ…そんなバカな…あれだけの攻撃で!?と誰もが思いましたよね。

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「ハハッ!出てこないとこの星ごと吹き飛ばすぞ!」

スカウターに頼っているサウザー達が、気を無に出来る悟空達を見つけることは困難…というよりも普通に無理です。

探すのが面倒なサウザー達は辺り一面を手当たり次第破壊して行きます。

でもでもそれは悪手じゃないかいサウザーさん(笑)

確かクウラは星を破壊した方が手っ取り早いのを知りながら、わざわざ直接手を下したいと思って地球に来たはずなんじゃなかったっけ!?

そんなことしたらクウラに殺されちゃうよ!

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「しかしちょっと派手にやり過ぎたなぁ。これじゃ死体を探すのも一苦労だな」

森の中で隠れるところが沢山ある中で探すのも大変かもしれないけど、逆に何の目印もない荒野の方が探しづらい気が…。

攻撃してれば勝手に出てくると思ったサウザー達のアテが完全に外れましたね。

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「チッ…これじゃ夜が明けちまうぜ」

クウラに何としてでも見つけ出すように指示されたクウラ機甲戦隊。

全員がギニュー特戦隊以上の強さを持っていても、クウラの前では雑用でも何でもこなさなければいけません。

夜通し何の反応も無いものを探すのは本当に大変でしょうね。

でもこれは自分たちが辺り一面を破壊して探しづらくしたくせにって感じですよね(笑)

自業自得ってヤツです。

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「小僧!やはり生きていたか!」

仙豆を食べて元気100倍になったハイヤードラゴンの反応をスカウターがキャッチ!

あっという間に悟飯の所へ駆け付けたクウラ機甲戦隊に悟飯は焦ります!

悟飯が生きていたことをあたかも自分の考えのように言っていますが、生きていると思っていたのはクウラだけでした(笑)

調子の良い奴らだぜ(笑)

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「こんなところにいやがったのか…」

ピッコロの助けによって何とか悟空の元へ仙豆を届けることが出来た悟飯でしたが、ホッとしたのも束の間、サウザーに見つかってしまいました!

せっかく危険を冒してまで手に入れた仙豆が全て焼け落ちてしまい絶体絶命!

貴重な仙豆が一瞬で丸焦げ…。

あぁ…もったいない。

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「さてと…残りのクズを始末するか…ちょろいもんだぜ…」

クリリンと悟飯を倒したサウザーは瀕死の悟空にトドメを刺しに歩み寄ります。

ちょろいもんだぜと言ってはいますけど、既にドーレもネイズもやられてしまってますからね(笑)

でもサウザーはカッコイイからヨシ!(笑)

そしてお約束のスカウターの“ボンッ!“に注目です!

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「ははははははは…!!ははははは…!!……死ねぇえええ!!!!!!」

悟空の気合によって吹き飛ばされていたサウザーが生きていた!!

クウラを倒し満身創痍の悟空、恐怖が去ったと安堵するクリリン達に再び緊張が走ります!

振り返ってみるとドーレとネイズとは違い、サウザーを倒したシーンはありません。

しかし大ボスのクウラとの戦いが本格化すると同時に吹き飛ばされてフェードアウトしていったので勝手に死んだものと勘違いしていましたね。

や…やべぇ!!ピンチ!!

最後の最後に誰もがそう思ったシーンでした。

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

クウラ機甲戦隊「ドーレ」の名言&名シーン!

「これでサイヤ人も終わりだな…」

クウラ機甲戦隊の3人の中で1番最初のセリフはドーレのこのセリフでした。

フリーザが惑星ベジータを攻撃している様子を見ていたドーレ達は、どうやらサイヤ人を1人残らず皆殺しにする計画を知っていたようでした。

このセリフからフリーザだけでなく、クウラを含めた一族全員がサイヤ人が危険だという共通の認識があった事が分かる貴重なセリフになってます!

暗がりの中でしたが、ドンと腰掛けた大きな背中が特徴的ですね。

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「ヘッ!こいつがスーパーサイヤ人か」

悟飯の尻尾を掴んだドーレは、悟飯がフリーザを倒したサイヤ人だと勘違いしている様子です。

普通に考えて惑星ベジータ消滅からかなりの年数が経っているはずなのに…ちょっとドーレはおバカだったのでしょうか(笑)

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「(ぶはっ…!)バカヤロウッ!!!!」

ネイズに思いっきり蹴られたドーレ。

悟空をちゃんと抑えていることが出来なかったとは言え、気持ちは分かるよドーレ(笑)

味方に思いっきり蹴られたらそう言いたくなるよね(笑)

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「これでサイヤ人は全てこの世から消え去った…ってわけですな!」

クウラの破壊光線を食らって生きていられるはずがないと思っていたドーレは、サウザー同様にご機嫌取り発言をしましたが、予想と反対に愚か者めと言われて驚くドーレ(笑)

ドーレはクウラの機嫌を取ったつもりかも知りませんが、クウラ的にはちゃんと状況判断をしろってことなのでしょう。

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「ケッ!信じられねぇな。クウラ様の破壊光線を食らって生きてるわけねぇぜ」

愚か者と言われたあとでもやっぱり悟空が生きているとは信じられない様子。

目からビッと出した光線に悟空を殺す程の威力があったようには見えなかったんですけどね…。

破壊光線と呼ばれたクウラのこの技には、もしかして細胞を破壊したりする付加効果的なものがあったのかもしれませんね!

このセリフはドーレがもしこの破壊光線を食らったら死んでしまうと思っている証拠でしょう。

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「ほーら!生きてんなら出てこいサイヤ人!」

楽しそうに辺りを破壊し始めるドーレ達。

特にドーレは隈なく探すとか出来なそうなタイプなのでこのシーンで1番生き生きしていますね(笑)

地球に来る前に死滅させた惑星同様、これはいつも通りのやり方なのでしょう。

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「これで生きてたらバケモンだな…」

バケモンがバケモンと言っている(笑)

逆にめちゃくちゃになった方が隠れ易かった気がするのは自分だけ?

確かに手当たり次第打ちまくっていた気功波に当たったらダメージはくらいそうだけど、それでも大したことなさそうだし(笑)

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「このガキ何か持ってやがる」

ドーレは悟飯の頭を鷲掴みにして仙豆を奪おうとします!

悟飯の苦しむ姿が見ていられない…。

ドーレ!やめろ!

悟飯は戦えるけどまだ未就学児だぞ!

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「こ…こんなもの……うわあぁぁぁぁぁ!!!!」

ドーレの最後のセリフはピッコロにやられた時の断末魔!

ピッコロが放った気功波は特に何の変哲もない気功波と思いきや、なんとこれは追尾するホーミングエネルギー弾でどんどんとドーレを追い詰めていきます。

逃げきれず受け止めたドーレはあっさりと跡形も無く消滅!

悪役らしい最後でしたがもう少し活躍して欲しかったというのが個人的な本音。

全身緑色のムキムキマッチョで、ヘルメット型のスカウターのデザインは良い味出してたので残念!

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

クウラ機甲戦隊「ネイズ」の名言&名シーン!

「遥か辺境の地球とか言う星に向かっているなぁ…撃ち落とすか?」

サウザーは悟空の乗った1人用ポッドを撃ち落とすことに賛成しましたが、このやりとりを聞いていたクウラが「放っておけ」といい難を逃れた悟空。

この時クウラが現れなかったら悟空は地球へ辿り着くことなく死んでしまうところでした。

ここがネイズの初セリフのシーンでしたが、序盤から名言連発のクウラの登場にも注目です!

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「戦闘力たったの50だぜぇ」

これは尻尾を掴まれた悟飯の戦闘力をスカウターで見た時のセリフです。

なんかネイズが言うと一段とウザく聞こえますね(笑)

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「大した戦闘力じゃないぜぇ」

3人の前に現れた悟空の戦闘力を測ったネイズ。

フリーザを倒したという事実を知った後にも関わらずこの発言。

この時の気を抑えた悟空の戦闘力がどのくらいかは不明でしたが、それにしてもスカウターを信用し過ぎです。

フリーザ第一形態で考えても最低53万以上はあると分かるはずなのに、とんだおマヌケさんですねネイズは(笑)

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「オメェがしっかり抑えてねぇから……おぉ!!??」

悟空に逃げられ、勢い余ってドーレを蹴ってしまったネイズ。

戦い最中のなのに言い争いになっちゃってますね(笑)

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「びっくりさせやがってぇっ!!」

こっちこっち!

びっくりしたのはこっちの方だから!!

首から上が吹っ飛んだとかと思いましたよね(笑)

ネイズのモデルはやっぱり亀とかすっぽんとかでしようかね?

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「いたっ…!!(ニヤリ)」

クリリンがウーロン守る為に放った気功波がネイズのスカウターに捉えれてしまいました!

たまたまこの時は恐竜が飛び出したのでネイズはそれと勘違いして難を逃れました。

反応を見つけたネイズの微笑みは気持ちが悪い(笑)

このシーンでは2回目のネイズの首引っ込めが見られますよ〜!

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「チッ!また変な奴が出て来やがったぜぇ!」

ピッコロを見たネイズの感想がこれです。

これはそっくりそのままネイズに言ってやりたい人は大勢いることでしょう(笑)

お前の方が変な奴だぞ!と(笑)

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「ケッ!バカめぇ…!!」

これは3度目の首引っ込めの時のセリフ。

ピッコロの気功波を難無く避けたネイズでしたが、この気功波の狙いは悟飯を追うドーレに向けたものでした。

3人を同時に相手にしていたピッコロの実力に気付けないとは…スカウターに頼り過ぎな証拠ですね。

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「ドーレェッ!!!!」

ドーレが倒されてしまったネイズは叫びます!

戦いの最中に喧嘩していた2人でしたが、このネイズの反応から信頼し合っていたのが伝わって来ますね。

喧嘩する程仲が良いとはこういうことを言うのでしょう!

仲間想いをどうにか他の生き物達にも向けて欲しかったですね…。

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

「さあ…あと何秒持つかな?」

ネイズの電撃攻撃を食らって動けなくなったピッコロのそばにやって来たネイズは勝ちを確信して余裕満々の笑顔。

しかし次の瞬間!

ピッコロの苦しむ姿が演技だと分かった時には時既に遅し!

ピッコロに纏っていた強力な電撃がネイズに移りあっという間に真っ黒に焼け焦げて終了。

まさか自分の攻撃で死ぬなんて夢にも思わなかったでしょうね。

それにしても一瞬で黒焦げになったネイズに対し、ピッコロは無傷。

最後までネイズは気づいていないようでしたが、戦力的には絶望的なくらいの差がありました。

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

クウラ機甲戦隊の絶対に外せない名言&名シーン!「クウラ機甲戦隊っ!!はっ!!」

クウラ機甲戦隊の絶対に外せない名シーンはこれ以外ありません!!

悟空に何者かを問われ、すぐさまこのセリフと共にファイティングポーズを軽快に決めたクウラ機甲戦隊!

「はっ!!」と同時にBGMが変わり、勢い良く戦闘が始まるカッコイイシーンなのですが、1人1人のポーズをじっくりみるとギャグシーンかと思うようなポーズ(笑)

ギニュー特戦隊の時はダサカッコ悪いという事が分かる構図になっていましたが、既にクリリンと悟飯がやられてしまっていることと、相手がこういうのに鈍感な悟空がだったので一切のツッコミはナシ!

カッコイイ…のか?

カッコ悪い…のか?

わずか1時間しかない劇場版では考える暇もありません!

是非振り返りながら注目して欲しいポイントです!

個人的にこの劇場版の中でクウラの変身シーンと同レベルの最高のシーンだと思ってます!

【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」より】

クウラ機甲戦隊の決めポーズはカッコイイ?シュールなドーレの表情に注目!

クウラ機甲戦隊で欠かせないと言えばカッコイイ(?)ファイティングポーズ!

名言の所でも紹介しましたが、ここでもう1度見ていきましょう!

掛け声と流れ

  1. 「クウラ!機甲戦隊っ!ハッ!!」
  2. 「クウラ!」でポーズを取る
  3. 「機甲戦隊っ!」で各々のポーズを繰り出す
  4. 「ハッ!!」でバッチリ最後の決めポーズ

サウザー

  1. 左手を上に上げ、掛け声に合わせて両手を交互にシュビシュビと掲げながら最後の決めポーズへ移行
  2. 決めポーズは結構カッコイイのが特徴

ドーレ

  1. 体操選手の様に片足で立ちながら手足をピンッと伸ばし、掛け声と共にクルッと周り決めポーズへ
  2. 決めポーズはお立ち台に乗ったサタデーナイトフィーバー感満載のポーズ
  3. 無表情がめちゃくちゃいい感じに味があって最高!

ネイズ

  1. カマキリの様な構えから横にチョイチョイと両手を交互に突き出しながら決めポーズ
  2. 「決まったぜぇ」という心の声が漏れ出た様な笑顔が特徴

言葉に表すと少し伝わりにくいのですがこんな感じですね(笑)

ギニュー特戦隊の時は本人達以外は「ダサイ」と感じている様な描写が沢山ありましたが、クウラ機甲戦隊はポーズを決めた直後から激しい戦いが繰り広げられる事も作用してか、不思議とカッコ良くも見えたりします(笑)

ただこうして個別に注目していくと、誰がこれを決めたんだ?と突っ込みたくなる様なセンスのポーズに笑っちゃいますよね(笑)

これじゃクウラ“機甲戦隊“じゃなくておかしな行動をする集団、クウラ“奇行戦隊“じゃないかってね(笑)なんつって♪

クウラ機甲戦隊まとめ

クウラ機甲戦隊は【劇場版ドラゴンボールZ「とびっきりの最強対最強」】でのみ登場したキャラクターで、作中で完全に死んでしまった為この作品以外での出演はありません。

しかし振り返ってみるとフリーザとクウラの兄弟関係と同様に、ギニュー特戦隊と兄弟関係にあることが分かりますね。

3人という少ない人数ですが戦闘力をみると納得で、3人全員が原作でかなり脅威を感じたギニューよりも遥かに強い戦闘力を持っていました。

またギニュー特戦隊と同じように悪役ながら仲間に対しては信頼関係があるのも魅力の1つで、ドーレがやられた時のネイズの叫びは印象的でしたよね。

昔の劇場版は他のアニメと同時上映されていたので、作品自体は1時間弱という短い時間になっていますが、その分今振り返るには見易くて良いんじゃないでしょうか?

この作品はクウラがカッコイイと話題の映画ですが、それを彩るクウラ機甲戦隊があってこそだと個人的には思っています!

これを読んで気になった方は是非とも映画を振り返って見て下さいね!

決めポーズはもちろん注目ですよ〜!

例えば楽天ならクーポンがすでに届いてる可能性があるので、1度確認してみてはいかがでしょうか。
合わせて読みたい
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です