DBの総合情報サイト

漫画Vジャンプ|ドラゴンボール超(第66話)ネタバレ&感想|悟空も巨大化!?そして…ついに勝利を掴む!?

WRITER
 
2020年12月4日待ちに待ったドラゴンボール超14巻が発売しました!

ドラゴンボール超を13巻まで見てない人は絶対タップしちゃダメです!何故なら14巻の冒頭を試し読みで読めちゃうから・・・


さらにUNEXTだと初回600ポイントもらえるので14巻まるっと実質1冊分が無料です。

ネタバレ注意⇒ヤードラット星人から教わったベジータの新技「スピリットの強制分離」シーンの無料お試し読み25ページ有!
2020年12月4日待ちに待ったドラゴンボール超14巻が発売しました!

ドラゴンボール超を13巻まで見てない人は絶対タップしちゃダメです!何故なら14巻の冒頭を試し読みで読めちゃうから・・・


さらにUNEXTだと初回600ポイントもらえるので14巻まるっと実質1冊分が無料です。

ネタバレ注意⇒ヤードラット星人から教わったベジータの新技「スピリットの強制分離」シーンの無料お試し読み25ページ有!
この記事を書いている人 - WRITER -

⇒前回ドラゴンボール超(第65話)はこちら

⇒次回ドラゴンボール超(第67話)はこちら

モロと悟空の熾烈な闘い。二人の勝負は、悟空が身勝手の極意となりモロを追い詰めたことで悟空の勝利かと思われました。

後がなくなったモロはなりふり構わない行動に出ます。それは思いもよらないことでした。

なんと、モロは地球と一体化してしまったのです。

モロを殺せば地球も消滅してしまうという、言わばモロと地球は“運命共同体”の状態になってしまいました。

はっきり言って絶望的な展開ですよね。こんな状況になってしまって悟空はモロと闘い、倒すことが出来るのでしょうか。

また地球の運命は!?

それでは気になる66話をみていきましょう!!

モロ編を最初から読んだことがない人はモロ編スタートの9巻からがおすすめ!

参考⇒新エピソードの脱獄囚モロ!ドラゴンボール超9巻の冒頭部分が試し読みをイーブックジャパンで今すぐチェックする!

漫画Vジャンプ|ドラゴンボール超(第66話)ネタバレ

ここでは大まかに66話がどんな感じで構成されているのかみていきたいと思います。

地球と一体化したモロの吸収と攻撃

モロが地球と一体化したため、地球上のあらゆる生命からエネルギーが吸収されていきます。それは遠く離れたところにいた地球の戦士たちも例外ではありませんでした。

悟空はモロの攻撃をかわしながら闘っています。けれど地球と一体化したモロからは逃げ道がなく、キリがありません。しかもモロを攻撃したら地球も爆発してしまいます。

その様子を見ていたウイスが“ひとつだけ方法がある”と言いました。ただし、それが悟空に出来るかどうかと…。

すると「ち…しかたがない 今回だけは手伝ってやるか」とビルスが言うではないですか。

ビルスが早速…という時、ウイスの杖がチカチカし出します。大神官様からの呼び出しでした。

おそらくメルスの件だと…とウイスが言うとビルスは、“こんなことしている場合じゃない”とクリリンに「自分らで解決しろ!」と言い放ちます。

狙うは額の水晶!?

ウイスがそっと闘っている悟空のそばに寄ります。そして、「モロを止めるには 再び額の水晶を破壊してメルスさんの力を消し去るしかありません」と教えました。

「それ…オラにできんのか…?」と言う悟空に「自分の力を信じなさい」と言うと、ビルスと共に天界に戻ってしまします。

悟空は急いで水晶を壊そうとモロを前にしました。すると肥大化しているモロの体のせいで、水晶が額にめり込んで見えなくなり始めています。

「しまった……!!」と思ったその時! 「どけカカロット」の声でベジータが現われました。ベジータはそのまま大地に拳を何度も突きつけ、スピリットを剥がし続けます。

するとモロの体がしぼんできて額の水晶も見えてきました。悟空は「すべてをこの拳にかける」と言うと、大地から無数に出ているモロの手をかわし、貫き、真っすぐにモロの額を目掛けて突き進みます。

そして水晶の間近まで来た時です。モロの手を貫けず、モロに囚われてしまいました。ベジータの力も段々と限界に近づいてきます。

そんな中ジャコは何かを思いつき、この場を離れていきました。

一方、捕まった悟空もモロに力を吸い取られてしまい、身勝手の極意も解け元に戻ってしまいます。

なんなの気を!!そして再び!!

最悪の状況に、ピッコロを始め皆がベジータの元に集まってきました。

そして「強制分離の逆は出来るのか!?」とベジータに問い、ベジータが“できる”と言うと「よし!ではオレたちの気を悟空に届けてくれ!」と気を渡します。

そしてピッコロは、テレパシーで神殿やトランクスたちにも声をかけ気を送るように言いました。

そしてベジータはそれらの気と自身の気も込めて悟空に送ります。気を受け取った悟空は再び力を得てモロの額を目指しました。

けれどよく見ると悟空の姿は身勝手の極意ではありません。ブルーです。気が足りなくてなれないのです。

神殿で落胆しているデンデたち皆の前にジャコガ現れました。「魔人ブウはどこだ!!あいつの力が必要だ!!!」

そして悟空はまたしても元の姿、黒髪へと戻ってしまいます。モロはと言えば、もう正気を失い爆発は免れそうにもありません。

突如現れた大きな気!!

一同があきらめかけたその時です。餃子がとてつもなく大きな気に気が付きました。

悟空も気が付きます。「か…神の気だ…神力を感じるぞ…」ベジータも「いったい誰の…」と驚いている中、遠い離れた村から空に手を向ける子供と大界王神様(魔人ブウ)の姿が…!

ウーブです!大界王神様の神力は、悪い方の魔人ブウに受け継がれていました。ウーブは悪い方の魔人ブウの生まれ変わりなのです。

大界王神様に言われ手を上げた幼いウーブから出された気は信じられないほどの大きさで、その気はベジータによって悟空に渡されました。

その気を受け取った悟空は、握り締められていたモロの手から巨大化して現れ、モロと同じ大きさに。そして手と手で押し合いモロを下にすると、巨大化した悟空の額から悟空が現われました。

今度こそっ!最後の一撃!!

今度こそ!悟空はモロの額を目掛けて突き進みます。そして“ドン”という音と共に悟空の拳はモロの額の水晶へとあたりました。“ピンッ”と音がし、水晶はビキビキ音を立てて割れていきます。

それと共に、もはやモロとは呼べないようなモロも粉々に砕けていきました。

モロがいた大地からは岩が吹き飛び、ピッコロとベジータ以外は岩まみれになります。

岩をかき分けて出てきたクリリンは「ど…どうなった? もしかして勝ったのか…?ご…悟空は?」とピッコロに聞きました。

ピッコロは親指でモロがいた方を指します。そこには親指を立てて振り向く悟空の姿がありました。

漫画Vジャンプ|ドラゴンボール超(第66話)感想

勝ったのでしょうか…? (笑)

66話では最後、悟空がモロの額の水晶を割り、モロは水晶もろとも粉々に崩れていきました。

そして悟空の笑顔で親指を立てる姿。これは…勝ったのでしょうか。

というのもドラゴンボールでは、何度も倒したと思ってからの復活が多々あり、モロ戦にいたっては優勢になったり劣勢になったりと、先が読めない展開にイイ意味で毎回裏切られるからです。

勝敗の確定的な結果は次号を見なければわかりませんが、66話はたくさんの見どころがある回でした。

最初にベジータ。ベジータは以前モロ戦に備えるために、ヤードラット星に特殊な技を取得しに行きました。その名も『スピリットの強制分離』。

モロとの闘い始めにはベジータがモロを倒す勢いでしたが、モロがセブンスリーの能力を手に入れたところから立場が逆転していきます。

挙句にモロはベジータの能力まで手に入れてしまい、モロに太刀打ちできなくなってしまいました。

そんなベジータでしたが、悟空がモロの額の水晶を破壊する時、肥大化したためモロの水晶がめり込んでいくのを阻止するために再び『スピリットの強制分離』で一役買うこととなります。

ベジータが剥がし続けているためモロの体がしぼんでいきました。そして悟空が再びモロに向かっていきます。

個人的に嬉しいシーンでした。前に『スピリットの強制分離』が披露された時、この技がモロを倒す!とまで思ったのですが、結局モロが優勢となってしまいます。

なので、リベンジではないですが、ベジータのこの技が再び必要とされ注目されたことが嬉しく思いました。

しかもある意味、“カカロット”との共闘です。やっぱりそうこなくっちゃ♪と一人浮かれてしまいました。(笑)

また、注目したいところに“ジャコの行動”があります。彼は悟空が“オラには神の力が足りないのか”と言った時、「神の力… …神力(ジンリョク)…」と呟き何かに気が付きました。

そして天空に行き「魔人ブウはどこだ!!あいつの力が必要だ!!!」と言い放ちます。

結果…大界王神様(魔人ブウ)が悪のブウの生まれ変わりウーブの元へと行き、神の気の大きな気を作り出すことに成功しました。

モロは正気も失い、後は爆発するだけ。これがなければ、悟空たちも地球も終わりでした。

ジャコが機転を利かせなければ本当にどうなっていたことか…。

さすが『銀河パトロール囚人編』なだけあるなと思います。(笑)銀河パトロール隊員としてメルスもジャコも大活躍でした。

そしてもう一つ。非常に気になる事が。悟空がモロの攻撃を避けるしかできない時にビルスが「今回だけは手伝ってやるか」と前に出たのです。このときはウイスも「!」と目を見開きビルスを見ました。

ビルスは「地球がなくなってしまっては困るからな」「こんなとこ他の破壊神に見られたらおしまいだ…すぐ片付けるぞ」とやる気になります。

と、その時大神官様からの連絡が入り、急きょ天界に戻ることに。メルスの件だとウイスが言うとビルスは額に青筋をたて「そもそもこの星がどうなろうとオレの知ったことではないんだ!!自分らで解決しろ!」と、ご立腹に。あら…(苦笑)

「いいか悟空!!最悪地球はなくなっても地球のメシは残せ!いいな!」と無茶苦茶なことを言って去っていきました。

このシーンはビルスらしくて好きなのですが、何が気になるのかって言いますと、もし大神官様から連絡が入らなかったらビルスは何をしたのでしょうか。

悟空たちがボロボロになるまで闘ったモロ相手に、さも簡単に“手伝ってやるか”と言ったビルス。

正直、ビルスがモロを相手にするシーンを見てみたかったのです。

以前、『力の大会』の前に破壊神同士で闘うことがありました。けれど破壊神全てが凄いので、はっきり言って強さがよくわかりません。けれど、悟空やモロからしたら破壊神は別格です。

そんな中でビルスの力が見られたら、きっと凄さもよくわかったのではないかと。

まぁ見たかったですが、あえてこうなった方が“らしく”てよかったのかもしれませんね。

まとめ

久しぶりに最後のページが平和に終わった『ドラゴンボール超66話』。

この『銀河パトロール囚人編』でこんなに安心して一話終わったことがあったでしょうか。(笑)

この66話では、たくさんのキャラが出てきて皆がそれぞれ力を出し合いました。

少し『魔人ブウ編』を思い出します。絶望的な敵に立ち向かう時、決して一人ではないところも似ているなと思いました。

(『魔人ブウ編』漫画ドラゴンボール37巻~42巻)

ただ少し気になったことが・・・。いつもは最終ページに次号に対して一言あったりするんですね、例えば63話では「悟空、極まる…!?」とか、64話では「地球の戦士としての闘いとは…!?」とか…。

それが66話では「勝利」のみ。本当にモロは敗れたのでしょうか、今までみたいに~からの復活とかあったらどうしようと、少し気になっています。(笑)

何はともあれ、次号を読むまでわかりません!『ドラゴンボール超67話』も楽しみですね♪

機会がありましたら是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか!!

Vジャンプの発売日は毎月21日。先読みしたい方はこちらがおススメです♪

また、現在発売されている単行本9巻~14巻でも“銀河パトロール囚人編”を読むことができますよ!

参考⇒新エピソードの脱獄囚モロ!ドラゴンボール超9巻の冒頭部分が試し読みをイーブックジャパンで今すぐチェックする!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です