DBの総合情報サイト

漫画|ドラゴンボール38巻(第446話~第459話)3行ネタバレと感想|魔導師バビディ登場!悟空対ベジータ!

WRITER
 
2021年3月19日発売Vジャンプのドラゴンボール超70話最新話ネタバレ感想

最新話はこちらです


ネタバレ感想⇒ドラゴンボール超70話

注目
ドラゴンボールプレスはあなたのドラゴンボールライフを間違いなく充実させる自信があります。名言・疑問・映画・アニメ・道具など幅広くドラゴンボール愛53万以上あるスタッフが日々コンテンツ制作に全力を注いでます。 トップページのお気に入りブックマーク推奨です

ドラゴンボールプレストップページ

2021年3月19日発売Vジャンプのドラゴンボール超70話最新話ネタバレ感想

最新話はこちらです


ネタバレ感想⇒ドラゴンボール超70話

注目
ドラゴンボールプレスはあなたのドラゴンボールライフを間違いなく充実させる自信があります。名言・疑問・映画・アニメ・道具など幅広くドラゴンボール愛53万以上あるスタッフが日々コンテンツ制作に全力を注いでます。 トップページのお気に入りブックマーク推奨です

ドラゴンボールプレストップページ

この記事を書いている人 - WRITER -

⇒ドラゴンボール37巻のネタバレ感想記事をまだみていない方はこちら

⇒ドラゴンボール39巻のネタバレ感想記事はこちら

ドラゴンボール38巻は全部で14話あります!

この巻では、新たな敵・魔導師バビディが登場し、バビディの手下たちと闘う悟空たちの様子や、天下一武道会の決勝戦の行方、そしてベジータの目的悟空との勝負のことなどが描かれていて、内容やネタバレがわかるようにざっくりと3行でまとめてみました。

ドラゴンボール38巻を3行でまとめると・・・

  • 魔人ブウの復活を阻止!!魔導師バビディとの対決始まる!!
  • 天下一武道会の優勝者、決まる!
  • どうなる!?ベジータ対悟空!

漫画|ドラゴンボール38巻(第446話~第459話)3行ネタバレ

ドラゴンボール38巻は全部で12話あります!

内容やネタバレがざっくり分かるようにそれぞれ3行でまとめました

446話|魔導師バビディ

  • 魔人ブウに魔導師バビディ
  • 悟飯も合流
  • 現れた魔導師バビディと暗黒魔界の王、ダーブラ!!

447話|知っていたバビディ

  • 岩場から様子を見る悟空たち
  • 殺された!スポポビッチ
  • 気付かれている!向かってくるダーブラ!

448話|虎穴に入らずんば

  • キビト、消される!!
  • クリリン、ピッコロ、ダーブラのツバで石に!?
  • 宇宙船に誘い込むダーブラ

449話|ゲーム

  • 魔人ブウ復活にはエネルギーが必要?
  • ベジータ対プイプイ
  • ベジータ楽勝!

450話|ステージ2のヤコン

  • 魔人ブウもダーブラも大したことない!?余裕の悟空たち
  • 悟空対魔獣ヤコン
  • 暗黒星大好きヤコンに対して光輝くスーパーサイヤ人悟空

451話|魔獣ヤコンのごちそう

  • 光のエネルギーを食べるヤコン
  • 「もっとごちそうしてやらあ!」エネルギーを吸わせる悟空
  • 限界を超えた!?ヤコン爆発!

452話|ダーブラ登場!!

  • 悟飯の相手はダーブラ!
  • 一方、天下一武道会はバトルロイヤルに!?
  • 武舞台の上には、サタンと18号、変装したトランクス&悟天

453話|決勝戦の行方

  • 相手にされないサタン・・・
  • 上空では激しい闘いに
  • 正体バレた!!逃げ出すトランクス&悟天

454話|勝者決定!!!

  • 18号サタンに交渉!?
  • 「まいどあり」交渉成立!サタン優勝!
  • トランクスたちの好奇心

455話|みつけられた邪心

  • ダーブラに手こずる悟飯
  • 怒りを露わにするベジータ
  • ダーブラ、ベジータの邪心に気が付く!

456話|宿命の対決 孫悟空対ベジータ

  • バビディに操られた!?ベジータ!
  • 再び天下一武道会の会場へ!
  • 会場を破壊するベジータ

457話|ベジータのプライド

  • 「オレと勝負しろ」またしても会場を破壊するベジータ
  • 闘うことを決めた悟空!
  • おもいっきり闘える場所へ

458話|ふたつの死闘

  • 命令が効かない?逆らうベジータ
  • 悟飯と界王神はバビディの元へ
  • 巨大なパワーのぶつかり合い!悟空対ベジータ!! 

459話|カウントダウン

  • 魔人ブウが復活!?フルパワーに!!
  • ベジータ、わざとバビディの術に!!
  • ベジータは悪人に戻りたかった・・・?

漫画|ドラゴンボール38巻(第446話~第459話)の感想

天下一武道会から抜け出し、悟空たちがついに魔導師バビディと対面した『ドラゴンボール38巻』。

悟飯が高校生になった36巻から『魔人ブウ編』になるのですが、個人的にこの38巻からが本格的な『魔人ブウ編』になるのではないかと思います。

元々『魔人ブウ編』が好きなのですが、この38巻の悟空とベジータの勝負がたまらなく好きで、私が周りの人におススメの回を聞かれた時に、真っ先に紹介したいシーンの一つです。

ベジータと悟空の闘いの理由にベジータの葛藤がありました。もっと極端に言うのならば、『魔人ブウ編』=『ベジータの葛藤』と言ってもいい程ではないかと。(個人的感想です)

最初は和気あいあいと仲間で天下一武道会に参加しました。その中にはベジータの姿も。

セル編までは、単独行動していたベジータもこの天下一武道会に向けてトランクスと修行をしたり、会場に一緒に行ったりと寄り添った姿が見られました。

トランクスと悟天の試合では、トランクスの行動に一喜一憂するような姿が印象的で、何だかんだ家族や仲間に溶け込んでいるようなベジータ。

また、この天下一武道会に一日だけ帰ってきた悟空と闘うことを楽しみにしていたベジータはくじ引きの結果、対戦相手が悟空で喜びます。

それが!!界王神から聞く魔導師バビディの存在によって、穏やかな流れは一気に不穏な空気へと変わってしまいました。

バビディの手下ダーブラと悟飯が闘っている時、ダーブラがベジータの邪心に気が付きます。その邪心を利用しバビディはベジータに術を掛けました。

ベジータの額には魔の“M”の字が現われ、天下一武道会に移された悟空たち。ベジータは会場の一部を破壊してしまいました。

そこで悟空はとんでもないことを言います。

「ベジータ……おまえはオラに本気を出させるために わざとバビディの術にかかり自制心をなくし あんなことをした……ちがうか?

(漫画ドラゴンボール38巻457話)

ベジータは答えました。「…………こうでもせんと きさまはオレと闘わん………」

そして界王神が、“それだけのことで こんなバカなことを……”と言うとベジータは

バカなこと!?バカなことだと!?このオレにはそれがすべてだ!!!

「……こいつは こいつはオレの強さを超えやがった…………!!おなじサイヤ人でありながらこのオレを抜いたんだ!!圧倒的な力を誇っていた王子であるこのオレをだ!!!」

こいつに命を助けられたこともあった………!!! ………許せるもんか!!!! 絶対に!!!!

(漫画ドラゴンボール38巻457話)

数年家族と共に平和に暮らしていたように見えたベジータでしたが、心のなかでは常に悟空のことを考えていたのがよくわかるセリフでした。ベジータの本心なのでしょう。

そして悟空はベジータと闘うことを決めます。互角に闘うベジータに悟空が「おめえはオラいじょうに修行してたんだな…………」と言うとベジータが、“バビディに支配されて強くなることを決心した”と答えました。

ベジータは「昔のオレにもどりたかったんだ!!!!!残忍で冷酷なサイヤ人のオレに

もどって なにも気にせず きさまと徹底的に闘いたかったんだ!!!!!

「気にいらなかった…知らないうちに きさまたちの影響をうけて お…おだやかになっていく自分が…… オ…オレともあろうものが家族を持ち…わ…わるくない気分だった …居心地のいい地球もスキになってきてしまっていたんだ…… …………おかげで いまはいい気分だぜ…」(漫画ドラゴンボール38巻459話)

そして悟空は「……………………ほんとにそうか?」とベジータに問います。

これはベジータの本心なのでしょうか…。“気に入らなかった…”からのセリフは、天下一武道会にいた時までの様子などを見る限り穏やかになっていったのも、ブルマやトランクスとそれなりに上手くやっていたのも見られるので、これは本心だと思います。

個人的見解ですが、“残忍で冷酷なサイヤ人に戻りたい”というのは悟空の言う通り、“本当にそうか?”という気がしました。というのも、もう今の自分では“残忍で冷酷なサイヤ人”になれないことをベジータ自身がよくわかっているのではないかと…。

“残忍で冷酷”なのが“自分らしい”とベジータは思っていて、その状態で悟空と闘いたかったということでしょう。

私たちも普段そんな気持ちになることがありますよね。年を重ね、経験することによって慎重になり、臆病になったりして勢いがなくなったりすること…。

今よりもっと勢いがあった頃の自分だったら…思い切り出来るのでは?とふと考えたりします。きっとベジータにもそんなような気持ちがあったのかもしれませんね。

またこのシーンの何が好きって、二人の闘うシーンです。今まで悟空たちは数々の敵と闘ってきました。闘うシーンはこれでもかっていうほど見てきています。

個人的にですが、この二人の闘いが今までの闘いの中で一番迫力があるように見えました。

ベジータの腹の底から湧いてくるような凄まじい気迫と、同等にとてつもない強さを見せる悟空の闘いは最初から激しくぶつかり、これ以上はないのでは?と言うぐらいの凄さです。

この闘いのシーン、とにかく絵も凄いんですよ。読んでいてパンチや蹴りが出てくると、こちらまで衝撃を感じそうなぐらい迫力があるのです。改めて鳥山明先生の凄さを実感しました。

ちなみに、天下一武道会の決勝戦は・・・サタンが優勝しました!最後、18号とサタンの勝負になり、18号はサタンをヘッドロックし耳元で「おまえに優勝させてやってもいいぞ…」と交渉します。

サタンが後からお金を払うことで交渉成立。(しかも何故か優勝賞金1000万ゼニーなのに請求額は2000万ゼニー)18号は自ら吹っ飛びわざと負けました。(笑)

さすがは18号。しっかりしていますね、抜け目がないです♪

まとめ

『ドラゴンボール38巻』では、ついに魔導師バビディの手下たちとの闘いが始まりました。

そんな中でベジータは自らバビディの術に掛かり、悟空に闘えと言います。そして悟空は闘うことを決意し、二人は激しくぶつかり合うことになってしまいました。

ほのぼのした天下一武道会から一転、とんでもない展開となった38巻。急展開したのはこの二人の闘いだけではありません。この二人の闘いによって魔人ブウがフルパワーになってしまいました。

次巻39巻では、とうとう魔人ブウが復活してしまそうです!

まだ見ぬ敵ほど怖いものはないですね。どうなってしまうのでしょうか!?

またベジータと悟空の勝負の行方は!? この気になる続きは39巻で!

例えば楽天ならクーポンがすでに届いてる可能性があるので、1度確認してみてはいかがでしょうか。
合わせて読みたい
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です