DBの総合情報サイト

漫画|ドラゴンボール外伝転生したらヤムチャだった件ネタバレ感想(前編1話〜後編3話)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は、『転生したらヤムチャだった件』についてみていきたいと思います!

内容はタイトルの通り、とある高校生が事故をきっかけに、ドラゴンボールの世界へと入ってしまい、あのヤムチャに転生してしまうというお話です。

ヤムチャに転生した主人公が、ドラゴンボール好きで読破していたので、先の展開を読んで起こす行動がとても笑えました。

必死なヤムチャなのに、なぜか笑えるという少し切ないヤムチャが見られるのではないでしょうか(中身は高校生ですが…笑)

また、最後にはまさかの○○!と、とんでもない展開が待ち受けています!

それでは、転生したらヤムチャだった件ネタバレをみていきましょう!!

先にイーブックジャパンの「試し読み」をしたい方はこちら⇒「転生したらヤムチャだった件」

【漫画】ドラゴンボール外伝『転生したらヤムチャだった件』ネタバレ(前編1話・中編2話・後編3話)|予想外に面白いDB外伝

転生したらヤムチャだった件は2017年11月2日に発売されました。ストーリーは原作に則って進められますが、全て転生したヤムチャ目線のお話となっています。

そして、これを書かれたのが、ドラゴン画廊・リー先生という方です。ジャンプ公式からドラゴンボール漫画の依頼が来て書かれたようです。

最初お話が来た時に、嬉しさ反面不安もあったようでした。「この企画当たるかな…」と。結果大当たりだったのではないでしょうか(笑)こんなに丁寧で面白い漫画はそうそうないと思います!

前編|転生ヤムチャ、第一関門突破!!

朝―男子高校生が2人学校へと向かっていました。一人(男子高校生A)がスマホを出し、ドラゴンボールのアトラクションの画面を見せると「今度一緒にいかねぇ?」ともう一人を誘いました。

「ドラゴンボール好きの女子がいたら最高なんだけどな、昨日もドッカンバトルのイベントで1位とったし」と、かなりのドラゴンボール好きが窺えます。

そして「それよりそのヤムチャが意外に使えるんだよ、あのヤムチャが!」と話していたところで男子高校生Bが、「おい見ろよあの子!めちゃスカートみじけぇ」と言うとAは走って歩道橋を降りていきました。勢いよく降りて行ったAは足を挫き地面へと落下していきます。そして意識を失い……

目が覚めると…なんとそこはドラゴンボールの世界でした。なぜか都合よく鏡があり、自身の姿を見てヤムチャになっていることに気付きます。こうなった理由を探すためにいろいろと回想しますが、歩道橋から落ちてからを思い出せません。

そこでAは“ヤムチャに転生した……!?”と考え始め、“信じられないそもそも…「なんでヤムチャ?」と我に返り「どうせなら悟空とかベジータがよかったああーっ!!!」とこの状況で本音が漏れてしまいます。するとそこへウーロンがやってきました。ブルマや悟空の姿を見て、ヤムチャとなったAは感激します。

皆と会話し”オレヤムチャしてるなあ“と思っていると、「一年たったらまたドラゴンボール集めような!!」と悟空は亀仙人のところへ行くと言いました。転生ヤムチャはカプセルを投げ飛行機を出します。そして「じゃあな悟空!天下一武道会でまた会おう!」と言い、悟空は「てんか…ってなんだ?」と答えましました。

この時、一番最初の神龍をピラフが呼んだ後なので、誰も天下一武道会の事は知らないのです。知っているのはドラゴンボールを読破している、ヤムチャとなったAだけなのでした。

転生ヤムチャはウキウキしながら飛行機に乗ろうとしますが、ピタッと動きを止めまました。

それはベジータがやってきた時に栽培マンにやられ死んでしまうヤムチャの姿が脳裏に浮かんだからです。  忘れてた…!!!

そこで転生ヤムチャは考えました。ここがヤムチャのターニングポイントなんじゃないか、ヘタレキャラを返上し、地球人ナンバーワンならなれるかもしれない!!!と。

本来ブルマと都へ行くつもりでしたが、悟空と亀仙人のところへ修行に行く道を選びます。

そして月日は流れ…新生ヤムチャは運命の時をむかえました。

地球の戦士たちはベジータとナッパを待ち構えます。ベジータたちはお手並み拝見と栽培マンを仕向けてきました。転生ヤムチャは“オレ一人でやってやる、6匹まとめてかかってこい!!”と言い一人で相手をします。

そして転生ヤムチャにくっついて自爆を図る栽培マンに対しクリリンが心配しますが、転生ヤムチャは「このとおりなんともないぜ!!」と余裕の笑顔で答えました。

ピッコロも「あのヤロウ…いったいどんな修行をしやがったんだ……!!」と不思議がりますが、“よし…!ひとまず鬼門の栽培マン戦は乗り切ったぞ!!いろいろ苦労もあったけど”と、心の中で言う転生ヤムチャにとって、あらすじを知っていたのは大きな武器だったのです。

転生物語はよくありますが、この漫画の何がツボなのかと言うと、『ヤムチャ』に転生したということなのです。近年ヤムチャはヘタレキャラが定着しつつあります。(泣)ド

ラゴンボール超のアニメで野球をするのですが、まるで栽培マンにやられた時を彷彿とさせるような場面があったり、またいつの日からか戦いにもお呼ばれすることもなくなり、少し残念な立ち位置にいました。そんなヤムチャを、転生した少年が危機を避け進めていくお話です。

さすがにドラゴンボールを読破しているのは強すぎます!しかもヤムチャというキャラに転生と言うのが超絶微妙だと思いませんか?(笑)だから面白いのだと思いますが。もしこれが天津飯やピッコロだったとしたら…ヤバい、これはこれで面白いかもしれません。(笑)

中編|何とか乗り切る転生ヤムチャ、そしてもう一人の転生者!?

ベジータたちを目の前にして、転生ヤムチャは回想します。

“転生モノは元の世界に戻れるかわからない…そんなオレが幸せに暮らすために(ブルマを嫁にするために!)絶対にベジータには死んでもらう!!!すべてはこの時のために修行してきたんだ…!!”と…。

亀仙流やカリン様、神様のところで修行しましたが、サイヤ人に勝つためには何かが足りないと、ポポに頼み昔ピッコロが乗ってきた宇宙船をカプセルコーポレーションで整備してもらいナメック星へ。(これは本編ではブルマたちが乗った宇宙船ですね)

そして最長老様に事情を話し、転生してきたことがわかると眠っている力を引きだしてもらいました。しまいには最長老様の横にいるネイルに修行をつけてもらうという徹底ぶりで…。それもこれも先がどうなるか分かっている転生ヤムチャならではの行動です。

さらに自信がついてサイヤ人襲来までひと月あまりに迫ったころ、日にちを間違えていたことに気付きました。あろうことか今度はポルンガにお願いまでさせてもらい、地球に帰って来ます。そしてベジータたちと向かい合い、転生ヤムチャはナッパを難なく撃破しました。

ですが、ベジータとの闘いはし烈を極め悟空と二人でベジータと闘います。転生ヤムチャは悟空に「なんとかしてオレがあいつのスキを作るから……その瞬間に最後のとどめの一発を撃ちこんでくれ…!!」と言いベジータを食い止めます。

「いまボロクズにしてやる!!」というベジータに、転生ヤムチャはどさくさに紛れて「ボ…ボロクズになってたまるか……ブ、ブルマも……とられてたまるかっ!!!」とベジータに殴りかかるも避けられ、「ブルマ…!?なにをいってやがる……!!」と殴られてしまいます。転生ヤムチャは“ここでベジータのビンゴダンスの動画をみせつけるのが一番効くんだろうけどな……”と心の中で思うも、「あっ!!!破壊神ビルス!!!」とベジータの後ろに指をさしベジータが「なにっ!?」と振り向いたところを蹴り飛ばし、悟空の気功波でベジータを倒しました。

そして転生ヤムチャが悟空に手を貸しているときに、ベジータはアタックボールに乗って逃げていきます。そのまま逃がしたい悟空と、ここで確実にしとめたい転生ヤムチャでしたが、この先の展開を知っているため、ベジータとトランクスの絆などが頭をよぎり、“やっぱり殺せない……”と躊躇します。

それでもこれから現れる敵フリーザやセル、ブウなどを思うと、とてもついていけるレベルではないと気分は重くのしかかり、当然そんなことは知らずに悟空は「強えやつがいるとワクワクしねえか…?」と無邪気に転生ヤムチャに聞きますが、転生ヤムチャは“ぜんぜんしない…”と心の中でつぶやくのでした。

その状況を見ていた神様は神殿から言いました。「ところでヤムチャはきづいておるのか…?このわたしにもまだ不可解なことではあるが…仲間のなかに自分と同じ気をまとった者がいるのを……」

そして転生ヤムチャを見ながら「ヤムチャのあの異常な強さ……まちがいないな、あいつもだ!!いったい何周目だ……!?」という者がいることを転生ヤムチャは気付いていたのでしょうか……!?

転生ヤムチャ、徹底的に知識利用して鍛え上げました!(笑)

この時のドラゴンボールの世界ではあり得ないベジータのビンゴダンスや、破壊神ビルスのワードが、読んでいる側としては共感出来ました。ベジータにビンゴダンスの動画を見せることはどんな技よりも強力だと思います。(笑)

そして、さらっと“転生”ヤムチャを受け入れた最長老様もさすがです。そこに疑問は思わなかったのでしょうか(笑)

またドラゴンボールを知っている者ならば、ベジータとトランクス絆を思うと、転生ヤムチャでなくてもストーリーを変えることを躊躇してしまいますよね。でも先の展開を知っていると、ストーリーを変えたくなる。

もしあなたならどうしますか?私だったら……やはりベジータを亡き者には出来ません(苦笑)

後編|すべては卓上の夢!?まさかのビルスたちのゲーム遊び!?

(転生ヤムチャ)“ヤムチャに転生してもう十数年…オレが高校生で死ぬまでと同じぐらいの年月をこの世界で生きてきたことになるのかな…”と思いを馳せながら転生ヤムチャはこの日、大一番を迎えました。

プーアルに見送られながら転生ヤムチャは家を出ます。プーアルの後ろのテレビでは、地球の運命を左右するセルゲームが始まる前の様子が写し出されていて…。

そしてZ戦士たちはセルの前に揃います。

転生ヤムチャも「きてくれたか……」と声をかけました。

その目の前には、あの恐ろしいセル………ではなくチャオズの姿が。

「ヤムチャどうした、セルゲームいかなくていいのか?」と聞くチャオズに転生ヤムチャは「今日という日にオレもひとつ決着をつけたくてな…」「セルは悟飯が倒してくれる、おまえも知ってるだろう?」と言います。「おまえも転生した人間なのはわかってるんだ!!!」と言う転生ヤムチャにチャオズは「オレもおまえが転生者だってわかってたよ」と答えました。

転生ヤムチャが最初にチャオズが変だと思ったのは、天下一武道会の時です。本当のチャオズは天下一武道会でクリリンと闘った時、計算問題を出されると律義に計算しようとしますが計算出来ず、クリリンに突かれてしまいました。

ですがこの転生チャオズは計算問題に引っかかることなく答え、また、ピッコロ大魔王の時は天津飯に逆らったりと、原作とは程遠い行動を起こします。そして転生ヤムチャが一番ヤバかったというのは、ナメック星のドラゴンボールが全部集まったときに、転生チャオズがこっそりボールを持ち出して願いを叶えようとし、転生ヤムチャはみんなにバレちゃまずいのでごまかすのが大変だったと…。その事を転生チャオズは“ファンならポルンガを呼び出す合言葉を覚えてて当然だ”と言い、そして自分をネットじゃ「オーショウ」って名の知れたマニアだったと言いました。

転生チャオズも最初はまっとうにチャオズとして生きていこうとしたけれど、何周してもうまくいかないと転生ヤムチャに言います。何周もしていることに驚く転生ヤムチャでしたが、今回はワルになってこの世界を支配しようとしている転生チャオズに説得をしました。ですが転生チャオズは転生ヤムチャに攻撃を仕掛けます。転生チャオズは超能力を使い、転生ヤムチャと闘いを繰り広げました。

隙を見て転生ヤムチャの懐に入り、どどんぱを決めます。それは転生ヤムチャのお腹を貫通し、転生ヤムチャは地面へと倒れてしまいました。そこへとどめを刺そうとする転生チャオズの技をヤムチャは避けます。仙豆を食べたのです。転生ヤムチャは仙豆が、あとあと希少品になる事を知っていたから、こっそり持っていたのです。

転生チャオズはその仙豆を取り上げ、チャオズ得意の技“腹痛を起こさせる技”を転生ヤムチャにかけました。その技を解くために転生ヤムチャは転生チャオズに問題を出します。「問題!!!ヤムチャの誕生日は!!?」転生チャオズはとっさのことに、技を解いて考え、その隙をついて転生ヤムチャは攻撃を仕掛けました。そして、仲間は殺せないし、説得してもダメならと、魔封波を転生チャオズにかけます。が、先ほどの“ネットじゃ「オーショウ」って名の知れたマニアだった”という言葉を思い出し、技を解きました。

「もしかしてドッカンバトルでいつも1位とってたあのオーショウ?」「オーショウがいないときにオレ1回1位とったんだよね……」と言った後は転生者同士話が弾み、ドラゴンボールの世界で真面目に生きていこうと笑いあった転生ヤムチャの姿が……なんと!!!

ビルスたちのボードゲームの上の水晶玉に映っていたのでした。実はシャンパの持ってきたゲームだったのです。勝負の勝敗がつかず、苛立ったビルスはゲームを破壊してしまいました。すると、転生されていた二人の魂が解放され、ウイスはもとの体に返します。すべてはビルスたちの遊びの出来事でした。

そして男子高生Aはパチッと目を開け起き上がりました。一緒にいたBは、勢いよく階段を転げ落ちていったAを心配しますが、Aは何でもない様子です。前にはスカートの短い女の子がいました。Aはなぜか手で前を仰ぎます。すると、その手からは突風が吹き二人は不思議がりました。もう一度仰ぎますが何も起こりません。「一瞬お前があの突風を起こしたのかと思ったぜ」

「そんなドラゴンボールみたいなことできるわけねーじゃん!」

なんとっ!!転生ヤムチャ&チャオズは、ビルスたちのゲーム遊びの一コマだったのです!

そう言われるとな~んだ、と思いますが、転生したヤムチャの生き方に目がいっていたので、まさかオチがそう来ると思いませんでした。

それよりも“まさか!”はチャオズの方でしたね。(笑)しかも何周もしているとか。

ここで考えたのですが、もし全キャラが転生者でお互いに転生していることに気付かないで物語が進んでいったら、どんな展開が待ち受けているのでしょうか。みなナメック星の最長老様のところに行って眠っている力を引きだしてもらいそうですね。(笑)それともキャラを全うするのでしょうか。ぜひ見てみたい気がします。

番外編|ヤムチャはやっぱりヤムチャ。

未来からトランクスが初めて登場した時のこと……。

悟空がブルマに“じょうぶな赤んぼ産めよ!”と言い去っていきました。このことに一人悩む人物が。転生ヤムチャです。ヤムチャとブルマがくっつく世界があってもいいのでは!?と考える転生ヤムチャは、ブルマにアタックすることを決意し拳を握りしめます。“ヤムチャさん3年後にむけて気合いはいってるなあ、オレも負けてられないぞ…!!”と勘違いをしているクリリンを横にして…。

転生ヤムチャは、誰かに相談したいと思いました。

まずは悟空を思い浮かべ、恋愛すっとばしていきなり結婚しちゃったので…違う。

次は悟飯。しっかりしてるけどまだ子供…。

次にピッコロ。恋愛について「さっぱりわからない…」ダメだ…。

天津飯、ひたすらストイックだから恋愛とは無縁…。

武天老師さま、年の功なら武天老師さまなんだけど、話をエッチな方にもっていかれそう…。意外なところでウミガメか!?…カメに恋バナするのか…!?

う~ん…ひとり肝心なヤツわすれてるよ!!クリリンです。

クリリンは二人はお似合いだし、付き合っていないのが不思議なぐらいと言い、オシャレをしていけば印象もよくなるといいました。転生ヤムチャは早速、髪を切りスーツを買いブルマに会いに行きます。その途中に女の子を人質にした脱獄犯がいました。軽く懲らしめると西の都へと向かいます。“この世界かわいい子がたくさんいるけど…やっぱりブルマがナンバーワンだ!!!”と思いを馳せて…。

カプセルコーポレーションについた転生ヤムチャは、重力室の方にいるというブルマのところに行くと、ブルマがベジータに飲み物を渡していました。その様子に出ていくことが出来なかった転生ヤムチャは、ベジータに「オレと勝負してくれないか!!」とベジータに飛び掛かります、が、「きさまじゃトレーニングにもならん!」と一方的にボコボコにされてしまいます。顔を腫らし倒れた転生ヤムチャは、「ベ、ベジータ…ブルマを大切にしろよ……なんちゃって………」と嘆くのでした。

そしてスマホの画面をブルマにしているAは「なぜかブルマ見てるとドキドキするんだよな…」とため息を吐き、友人に「2次元キャラに恋とかお前イタいって……」と言われている姿がありましたとさ。

やはり運命の結末を変えることは出来ないのでしょうか。

転生したヤムチャがどんな行動を起こしても結局、ベジータとブルマは一緒になっていた気がします。

そして途中で気付いたのですが、最初は転生した少年のヤムチャとして見ていました。ですがこの番外編の途中から普通にヤムチャ目線で見ていました。(笑)それだけ主人公がヤムチャになりきっていたのか、はたまた元来ヤムチャの性格がそんな感じなのか、上手に描かれているなあと思いました。

おまけ漫画「転生組の秘策!?」|これぞ(爆笑)最強のフュージョン!! 

転生ヤムチャが、転生チャオズに1つ提案をします。「オレたちでフュージョンしたらよくないか!?」と。だけど、気も体のサイズもほぼ同じじゃなきゃできないから不可能だよと転生チャオズは言いました。「いや…まてよ…!」と転生チャオズは、フュージョンを題材にしたゲームにブルマが作った、誰とでもフュージョンできるという腕輪があったことを思い出します。そして二人はブルマに腕輪を作ってもらい、フュージョンをしました。

「成功だ!!!すごいぞ!!パワーがどんどんあふれてくる!!!」とフュージョンは大成功です!「おっと!ネーミングはどうしようか…ヤムズ?それともチャオチャか…?」と張り切っている様子を隠せません。「どれ、姿はどんな感じに…」と言って鏡を見た二人はこれから先、フュージョンをすることを止めることにしました。

ここで想像していただきたい。体格はヤムチャ。髪の毛は耳から上がチャオズで下はヤムチャ。眉、鼻ヤムチャで目、頬チャオズ。何とも言えない、何とも言ってはいけない姿を…。

今回おまけ漫画が一番笑えました。こんな発想はなかなか出てこないと思います(笑)

フュージョンといえば、気も体のサイズもほぼ同じ…と思いがちで、ここでまさかのヤムチャとチャオズ。初めてやってはいけないフュージョンもあるんだなと思いました。

これがこの漫画だけでしか見られないというのは、もったいない気がします。

このフュージョンを是非、ドラゴンボールアニメや単行本でもやっていただきたいと切に願います(笑)

このおまけ漫画の中でも“フュージョンを題材にしたゲーム”と書いてあったので、少し調べてみました。『ドラゴンボールフュージョンズ』というゲームがあるようですね。

ゲームをやったわけではないのでよく分からないですが、何だか面白そうな感じでした。ですが、キャラの容姿の面白さは転生ヤムチャ&チャオズのフュージョンには勝てないような気がします(笑)

ちなみにヤムチャの記事はこちらにもあります

【漫画】ドラゴンボール外伝『転生したらヤムチャだった件』の感想

今回『転生したらヤムチャだった件』についてみてきました。

ドラゴンボールの世界に転生、面白かったです!

誰もが一度は“自分だったら…”と考えたことがあるのではないでしょうか。

この単行本の帯に『ヤムチャ以上にヤムチャしてやるぜ!!!』と書かれており、想像以上にヤムチャしていました(笑)

またヤムチャに重点を置いているからなのか、主人公の少年には名前がありません。少し珍しいパターンなのではないでしょうか。

なのでこのご紹介の中では、男子高生A、Bとさせていただきました。

最近、本編でもヤムチャを見ることがなくなったので、ここにきて『転生したらヤムチャだった件』はヤムチャへの注目度を上げた一冊になったのではないでしょうか。

ご紹介だけではこの本の面白さが伝えきれないので、ぜひ機会がありましたらご覧になってみてはいかがでしょうか!!

今回紹介したドラゴンボール外伝「転生したらヤムチャだった件」はイーブックジャパンで電子書籍が購入可能なのですが、冒頭部分の試し読みが可能なんです。どんな雰囲気なのか是非チェックしてくださいね!


参考⇒ドラゴンボール外伝「転生したらヤムチャだった件」の冒頭部分をイーブックジャパンで試し読みする!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です