DBの総合情報サイト

ドラゴンボールGTキャラクターの一覧!主要33登場人物まとめ!最低限これだけは知れば完璧

WRITER
 
<2020年最新情報>
知らない人は損してる!実はある方法を使えば「漫画」が「実質無料」で読めちゃいます。


それはVODサービスの初回無料登録でポイントを貰う方法です。例えば以下3サービスだと

⇒Unext 初回登録で600ポイント

⇒Music 無料期間600ポイント

⇒FOD 最大1300ポイント(条件あり)

無料期間内に止めればお金もかからず実質で最大2500ポイントなので 例えば鬼滅の刃なら5冊は無料で読めちゃうスグレモノ。

上記3サービスは初回登録無料で、全部使っても何も損をしないため、あなたが読みたかった漫画の最新刊のためにいつ終わるか分からないから今すぐ活用しましょう

<2020年最新情報>
知らない人は損してる!実はある方法を使えば「漫画」が「実質無料」で読めちゃいます。


それはVODサービスの初回無料登録でポイントを貰う方法です。例えば以下3サービスだと

⇒Unext 初回登録で600ポイント

⇒Music 無料期間600ポイント

⇒FOD 最大1300ポイント(条件あり)

無料期間内に止めればお金もかからず実質で最大2500ポイントなので 例えば鬼滅の刃なら5冊は無料で読めちゃうスグレモノ。

上記3サービスは初回登録無料で、全部使っても何も損をしないため、あなたが読みたかった漫画の最新刊のためにいつ終わるか分からないから今すぐ活用しましょう

この記事を書いている人 - WRITER -

ドラゴンボールシリーズの中でも、独特なストーリーの印象がある『ドラゴンボールGT』。

そんなGTには、Zから続く従来のキャラも登場しますが、新たにたくさんの新キャラが登場します。また、お馴染みの悟空たちも“サイヤ人3”に続く変身、“サイヤ人 4”になるなど、キャラにまつわる話題もとても豊富。

今回は、 その『ドラゴンボールGTの登場人物』についてみていきたいと思います!敵にしても、味方にしてもとても個性的なドラゴンボールのキャラたち。

そんなキャラたちはどの場面で登場して、どんな人物だったのかもみていきましょう!!

ドラゴンボールgtキャラクター登場人物一覧表

ここではドラゴンボールGTに登場するキャラを表にしてみました。

新しく登場したキャラなどはどの場面で登場したのでしょうか。それではみていきましょう!

*初登場=〇   変身=△   従来=―

名前 初登場シーン 補足
孫悟空 第1話 子供の姿になってしまう
超サイヤ人4悟空 第35話ツフル星 大猿からの変身
パン 第1話 悟空の孫
トランクス 第2話 カプセルコーポレーションの若社長
ベジータ 第2話 髭が生えている
超サイヤ人4ベジータ 第59話 ブルーツ波を浴びる
ギル 第3話・惑星イメッガ 正体はスパイ
ブラ 第2話 ベジータとブルマの娘
ウーブ 第1話 ブウと合体
ボベル 第1話に登場 パンのボーイフレンド
巨人 第6話・惑星マンモース 悟空が虫歯を吹き飛ばす
ドン・キアー 第3話・惑星イメッガ お金が大好き
レジック 第5話・惑星イメッガ ドン・キアーの用心棒
シーラ&ゲール 第4話・惑星イメッガ ドン・キアーの配下
ズーナマ 第7話・惑星ケルボ 巨大ナマズ
ムッチー・モッチー 第9話・惑星ルード 惑星ルードの教神官
ムッチー(ムチ状態) 第11話・惑星ルード 意思がある
ムッチー(戦闘形態) 第11話・惑星ルード エネルギー吸収能力
パラパラブラザーズ 第9話・惑星ビー

(ボンパラは惑星ケルボ)

ムッチー・モッチーの部下
ドクター・ミュー 第13話 天才科学者
ドルタッキー 第12話・惑星ルード ドクター・ミューの部下
ルード 第9話・惑星ルード マシンミュータント
リルド将軍 第15話・惑星M2 ドクター・ミューの部下
(ハイパーメガリルド) 第19話 メガキャノンシグマを吸収
(メタルリルド) 第20話 惑星M2と合体
ベビー(幼年体) 第22話 寄生型生物
ベビー(少年体) 第25話 地球に現れた時の形態
ベジータベビー 第27話 ベジータに寄生
ベジータベビー(変身後) 第29話 サイヤパワーにより変身
ベジータベビー(最終形態) 第29話 地球人のパワーも取り込む
大猿ベビー 第35話ツフル星 ブルマの開発したブルーツ波を浴びる
超17号 第44話 17号と新17号が合体
邪悪龍 第47話 ドラゴンボールのマイナスエネルギーによって生まれた
二星龍 第48話 額に二星球
五星龍 第50話 腹部に五星球
六星龍 第51話 龍の姿は顎・乙姫は額
七星龍 第52話 額に七星球
四星龍 第54話 右手に四星球
三星龍 第56話 右手に四星球
一星龍 第57話 額に一星球
超一星龍 第58話 6個のドラゴンボールを取り込む
超サイヤ人ゴジータ 第60話 悟空とベジータがフュージョン

それでは、次にドラゴンボールGTに登場するキャラたちについてもう少し詳しくご紹介いたいと思います!

現在UNEXTでは全てのドラゴンボールが見れちゃいます。

映画だけじゃなくアニメシリーズも観れるのでお得ですよ〜

参考⇒アニメならUNEXT!悟空が少年時代のドラゴンボール、ドラゴンボールZと改、超も全て見放題(2020年6月現在)

【孫悟空】

地球育ちのサイヤ人。

『ドラゴンボール』ではお馴染みの孫悟空。ドラゴンボールZで悟空はウーブを連れて修行に行ってしまいました。そして修行を終えた5年後が今回の舞台になります。

このGTでは、ピラフたちが究極のドラゴンボールで神龍を呼び出し、ピラフが口走ったことを神龍は願いと受け取り悟空は子供の姿になってしまいました。

このGTでは悟空はもうおじいちゃんです。(笑)だけど、体は子供に戻ってしまいチチは泣いて激怒しました。最初はパンにも“小さい悟空おじいちゃんなんて”と嫌がられ…。

そんな悟空ですが、孫のパンと共に宇宙にドラゴンボールを探しに行くことに!そこから悟空の冒険&闘いが始まります!

【超サイヤ人4孫悟空】

悟空がベビーと闘っている時に、地球を月の代わりにして金色の大猿に変身してしまった悟空。

理性を失い大暴れをします。

必死に止めるパンですが、悟空は暴れ続けました。その時ふと一枚の写真が。そこには孫家、ベジータ、クリリン一家やお馴染みの仲間達で海水浴に行った時に撮った写真でした。

そして悟空は徐々に思い出していきます。そして大猿の力を、理性を保ったまま完全に制御した際に到達した形態が超サイヤ人4の姿となりました。

この変身はGTならではの変身となり、十倍かめはめ波を使います。そして尻尾がないと変身出来ません。

超サイヤ人3までのような金髪ではなく、黒の長髪に赤みがかかった体毛など大猿の面影が特徴的。また、体毛の生え方も独特です。

ちなみに、今までの超サイヤ人を嫌うチチも、この超サイヤ人4の悟空だけは好評だったとか。(笑)

【パン】

悟飯とビーデルの娘、パン。悟空とチチの孫で、サイヤ人と地球人のクオーターです。

性格はやや自己中心的で気が強く、14歳年上のトランクスを呼び捨てにしたりしますが、正義感が強く行動力も人並み以上で、デート中に遭遇した銀行強盗を叩きのめしたりする場面もありました。

こうした行動力が逆にトラブルに巻き込まれることも多く、その都度悟空たちに助けられたりしています。

ドラゴンボールZで登場した時はまだ4歳だったパンですが、武術の実力はすでに常人の域を超えていました。GTでも武術を嗜んでいますが、武術より男の子と仲良くなりたいと考えている一面も。

このGTの“原点回帰”という作品の方向性が決まった際、悟空と共に宇宙へ旅立つメンバーとして、初期のブルマを思わせるキャラとしてパンが選ばれたそうです。

性格もブルマを意識したところがあったようですよ。(笑)

【トランクス】

ベジータとブルマの息子。サイヤ人と地球人のハーフ。

Zではまだ子供でヤンチャだったトランクスもGTでは大人になり、ブルマの家カプセルコーポレーションの社長に就任しています。

性格は、未来トランクスのように真面目な性格と言えるのではないでしょうか。

GTでは悟空とパンと共にドラゴンボールを探す旅へ出ます。

このメンバーに入った理由に、

“ベジータ譲りの強さや責任感の強さに加え、カプセルコーポレーションに近い人間がいたほうが、どんな局面にも対応できるといったオールマイティな側面を持ち合わせているという理由から物語上での役割分担のバランスがとれるということで決定した”ようです。

確かに、言われてみればそうですね。トランクスの存在は“バランスが良い”かもしれません。

【ベジータ】

サイヤ人。惑星ベジータの王子。性格は自尊心やエリート意識が非常に強く、他人の指示を受けるのを極端に嫌う。

家族構成は妻ブルマ、息子トランクス、娘ブラがいます。

最初は、悟空たちにとって脅威で敵だったベジータも、今では家族思いで優しい一面が見られるようになりました。

今回GTでも、娘ブラに髭をダサいと言われショックを受けたり、娘をナンパしてきた男たちの車を破壊したりしてなかなかの親バカぶりを発揮しています。(笑)

過去の天下一武道会でも、息子トランクスと悟天の試合でトランクスが勝った時には悟空に対して勝ち誇っていました。

一匹狼のイメージがあるベジータですが、以外にもユニークな性格なのかもしれませんね。

【超サイヤ人4ベジータ】

悟空同様、超サイヤ人が変身できる最強の形態です。

超サイヤ人4になるには尻尾が必要とされますがベジータには尻尾がなく、ブルマの作った人工ブルーツ波発生装置を浴びて強制的に大猿に変身して、そのまま超サイヤ人4へと変身しました。

なお、ベジータはベビーに乗っ取られていた時にも大猿になったのですが、超サイヤ人4になることはなく、これに対してブルマは

「『ベビー自身の細胞』が邪魔して超サイヤ人4になれなかった」、「悟空流に言うと修行不足だったのではないか」と回答しています。

超サイヤ人4になったベジータは、やや茶色い長髪になり赤い体毛に覆われるのですが、手にはグローブをはめ、ベジータらしさが出ていてとてもカッコいいですよ。

【ギル】

惑星イメッガで遭遇したマシンミュータント。正式には「DB4649T2006RS」という形式番号を有しています。

特徴としては、小型ロボットのような形をしていて、「ギルルルル」が口癖の甲高い機会音声でしゃべるので、『ギル』と命名されたのが名前の由来。

悟空たちがイメッガに降り立った際、出会い頭にドラゴンレーダーを飲み込んだことでギルを冒険に同行させるはめになりました。

ギルには危険察知能力が備わっていて危険を察知すると「キケン!キケン!」と騒ぎだします。

ギル実は、ドクター・ミューが製造し放ったスパイで、惑星M2で本性を現し悟空たちの前から立ち去りました。

ですが、非道なドクター・ミューの計画より悟空達との絆を大切に思うようになり、裏切る前から既に心変わりを起こして悟空たちに寝返ります。

その後は正式に悟空たちの仲間として共に闘いました。

形式番号には「ドラゴンボールよろしく」という意味もあるようですよ。

【ブラ】

ベジータとブルマの娘、トランクスの14歳下の妹。サイヤ人のハーフ。

実はドラゴンボールZの最終回にも少しだけ登場します。まだ小さかった彼女ですが、GTでは年上のパンよりも遥かに大人びた雰囲気の現代っ子に成長していました。

外見は若い頃のブルマにそっくりで、性格も母親譲りの物事をはっきり言う性格。GTの25話にも登場。

サイヤ人の血を引く数少ない女性キャラの一人ですが、武術を嗜んでいるかは不明です。

ですが、“サイヤ人の血”、“ベジータの娘”という最強の環境が揃っているので、鍛えていても何ら不思議はありません。

ちなみにブラはパンより歳下で、8歳のはずですが、ベジータがベビーに寄生された悟飯と闘う時、車を運転して先に帰ります。(笑)

【ウーブ】

南の島の貧しい村出身の少年。礼儀正しく真面目で大人しい性格です。

悟空と天下一武道会を抜け出し、5年の修行を終えて見違えるほど逞しく成長しました。

今回、ベビー編では完全体のベビーに善戦するもあと一歩のところで敗北してしまいます。

その後、ブウと合体もしました。

超17号編ではあの世から悪人が次々と蘇ってきて、超17号に立ち向かいましたが全く歯が立ちません。

とても強くなったウーブですが、やはり悟空ほどまでとなると難しいのでしょうか。

【ボベル】

第1話で登場。

パンのことを「かわいいし、優しいし、お淑やかだし」と評して、とても良い感じで仲良くデートしていました。

映画を観ようとした二人でしたが、銀行強盗が現れ町中大騒ぎになっています。デートを邪魔されたパンは怒り、銀行強盗を退治し始めました。

すると、パンが銀行強盗を退治する姿を見てボベルは逃げ出してしまいます。

パンは「またフラれちゃった」と嘆きました。ドラゴンボールでは珍しい、デートシーンです。

【巨人】

惑星マンモースに住んでいる巨人です。

何もかもが巨大な星で、住んでいるのも巨人たち。その巨人がドラゴンボールの埋まったリンゴを食べてしまいました。

すると突然巨人が暴れ出します。なんと、虫歯にドラゴンボールが挟まっていて痛がっていたのでした。

悟空は口の中に入ってかめはめ波で虫歯を抜き、悟空たちはドラゴンボールが手に入って巨人も虫歯がなくなりニッコリとします。

【ドン・キアー】

惑星イメッガの王。お金に目がなく非常にケチな性格で女性口調が特徴です。

悪政で人々を苦しめていました。ドン・キアーの用心棒レジックが悟空に負けた後も、レジックにパンとトランクスを倒すよう悲願しますが「この下衆野郎」と蹴り飛ばされます。

その後悟空たちに許しを乞い契約書を返しました。

超一星龍との対決の時の元気玉では牢屋の中から元気玉に協力します。徹底してお金にがめついキャラでした。

【レジック】

ドン・キアーの用心棒。悟空がサイヤ人であることを見抜きました。

かなりの実力を持っています。攻撃をしてきたトランクスを一撃で吹き飛ばし、通常時の悟空と互角以上に闘いました。

ですが、超サイヤ人化した悟空に負け、ドン・キアーを見限り修行をし直すことを決意して去っていきます。

肩の突起物は引き抜いて剣や槍に変わる。

潔いキャラなのではないでしょうか。

【シーラ&ゲール】

シーラ:ドン・キアー配下の女性。ゲールとコンビを組み、ドン・キアーの命令で悟空たちを捕えようとします。

ゲール:ドン・キアーの配下。髭面で体格は小さく筋骨隆々。

【ズーナマ】

惑星ケルボで村人たちを苦しめていた巨大ナマズ。

髭を震わせることで地震を起こせると村人たちを脅していました。

でも実際は地震を予知して、そのタイミングで髭を震わせて、自分が地震を起こしているように見せかけていただけだったのです。

悟空たちに懲らしめられた後は、地震を予知したら村人に知らせ、一緒に住ませてもらえることになりました。

【ムッチー・モッチー】

惑星ルードのルード教神官。鞭を武器にする人間に見えますが、実際は鞭(ムッチー)が人間(モッチー)を従えています。

双方ともに勝つためには手段を選ばない卑劣な性格。

(ムッチー)鞭

鞭状態から戦闘形態に変化し、両腕の鞭で無生物を操ることが出来ます。

相手を動けなくして痛めつける。

(モッチー)人間

単純な騙し討ちと光線銃を使った不意打ちを得意とします。

【パラパラブラザーズ】

ボンパラ:大柄  ダンパラ:細身  ソンパラ:小柄

ムッチー・モッチーの部下。3人でダンスをし、相手を強制的に躍らせ疲れさせてダメージを与える戦法を得意としています。3人共通の口癖は「~パラ」。

ルードに人形にされ取り込まれるも、パンが人形にされてルードの中に入ってきた時は、悟空とパンに協力して一緒にルードを倒します。

超一星龍を倒す時の元気玉にも協力しました。

テレパシーが出来るのですが、テレパシーの送り方がいちいち面白く、またダンスも少し癖になりそうな独特感があります。

【ドクター・ミュー】

マシンミュータントの生みの親で宇宙の天才科学者。最強のマシンミュータント・ベビーを完成させるために宇宙の各地にマシンミュータントを放ちエネルギーを集めます。

ドクター・ミュー自体実は幼生体のベビーが、自らを成長させるためのエネルギーを集めさせるために造ったマシンミュータントでした。

悟空に倒され宇宙船で逃亡しますがベビーに寄生され、体内から破壊されて死亡します。

地獄ではドクター・ゲロと手を組み、新17号を作りあげ全ギャラクシー征服の野望達成をもくろみました。

最後は超17号の逆鱗に触れ、電撃地獄玉によって消滅させられます。

【ドルタッキー】

元詐欺師で、ドクター・ミューに拾われてからルード教の教祖に抜擢されました。

普段は知的で尊大な口調ですが、人形を偏愛する本性を持っていて人形になったパンを気に入っています。

人形にしたパンをルードのエネルギーにするようにとのミューの命令に逆らったため自らも人形に変えられ、ルードの体内に送り込まれてしまいました。

ドクター・ミューの命令を受けたリルド将軍によって処刑されてしまいます。

パンじゃないですが、少し気持ち悪さを感じるキャラでした。(笑)

【ルード】

ルード教の守護神として崇められていて、最初は頭部に2本の角があり、腕が4本ある巨大な像でした。

起動後は赤ん坊のような姿をしていますが、実は巨大なミュータント。

赤く光った目からの光線で人間を人形に変えてしまい、吸収した人形から魂を体内に取り込んでいました。

意思はほとんど持たず、ドルタッキーがリモコンで操作しています。

あらゆる人間のエネルギーが動力源で、人形になったルード教信者を吸収し起動していて、パンも吸収されました。

【リルド将軍】

宇宙人リルドがドクター・ミューによって肉体改造を加えられて誕生した最強のマシンミュータント。

惑星M2の総司令でミューの信頼も厚く、超サイヤ人3の悟空を追い詰め、悟空はその戦闘力を「魔人ブウ以上」と評価していました。

口から相手を金属板にする光線を発射でき、金属板はビームで溶かすことにより戻ります。

(ハイパーメガリルド)

リルド将軍がメガキャノンシグマを吸収した姿。右手のドリルが特徴です。

(メタルリルド)

惑星M2と合体した姿。あらゆる金属を操ります。

【ベビー】

ドクター・ミューが製造したとされるネオ・マシンミュータントと呼ばれる機械生命体。

あらゆる知的生物に寄生し、宿主の力や意識を奪い支配する能力を持ちます。

その正体は、かつてサイヤ人に滅ぼされたツフル人が残された科学力を結集させて開発し、ツフル王の細胞(遺伝子)を組み込み誕生させた寄生型生命体です。

宇宙を漂流しながら徐々に成長を遂げたベビーは、エイジ735にサイヤ人への復讐を決意するのと同時に全宇宙の生物に卵を産み付け洗脳して部下とする「全宇宙ツフル人化計画」を発案しました。

ツフル人由来の高度な知能の持ち主だが、性格は非常に利己的かつ卑劣。目的のためなら他者を散々利用し平然と切り捨てたりします。

(ベビー幼年体)

培養装置から抜け出した際の形態で薄紫色の皮膚を持ち眼部は赤黒い。

体躯は子供の姿の悟空とほぼ同じで、これは元々地球の10倍の重力のせいでツフル人の平均身長が地球人の約半分程度であったことに由来しています。

(ベビー少年体)

地球に来襲した際の形態で、惑星ピタルを脱出後地球に辿り着くまでに多くの生物から生命エネルギーを吸収し更なるパワーアップを果たした姿。体色も薄紫から水色に変化します。

サイヤパワーを完全に制御する事が可能になり最初は悟天に寄生し、その後は悟飯を経て目的であった純血サイヤ人であるベジータへ寄生、肉体を完全に支配しました。

【ベジータベビー】

ベジータに寄生して肉体を乗っ取った姿。外見はベジータとほぼ同じですが、髪の色が銀髪に変化し、額と顎、眼球に胎児形態の時に似たラインが入っているのが特徴です。

戦闘に秀でたサイヤ人と高度な知能を持つツフル人の両種族の王が融合した存在で、超サイヤ人3の悟空を軽く上回る戦闘力を持っています。

地球で悟空と対峙した際には、子供の身体になったことで悟空の超サイヤ人3が長続きしないこともあり、圧倒しました。

(ベジータベビー変身後)

ベジータベビーが洗脳したトランクス、悟飯、悟天、ブラのサイヤパワーを吸収して変化した姿。

特徴として、髪が大きく伸び、上半身の筋肉が発達し、顔のラインが協調されました。

両肩の部分にはジャケットのような器官が翼のように迫り出し、眼部が青くなるなど、よりベビーの風貌が色濃く出ています。

(ベジータベビー最終形態)

「リベンジデスボール」を生成する際、新生ツフル人として配下にした地球人たちのサイヤ人への恨みの気を吸収することで進化した形態。

体格はより大柄になります。肌の色は浅黒くなり、髪形も変化しました。

これまでの形態以上にパワーアップしており、悟空だけでなくブウと融合したウーブをも圧倒する実力を持っています。

(大猿ベビー)

洗脳したブルマが開発した「ブルーツ波増幅装置」によって大量のブルーツ波を照射され、黄金の大猿へと変身した姿。

特徴として、眼部が赤く頭髪や服装などにベビーの面影を色濃く残しています。

実際に大猿化したのは宿主であるベジータの肉体であり、寄生しているベビー自身の理性は健在でした。しばらくは凶暴化のふりをして悟空に不意打ちを仕掛けます。

【超17号】

新17号はあの世でドクター・ゲロとドクター・ミューにより、この世にいる17号の潜在能力を引き出す存在として造られた人造人間。

この世にいる17号と姿形はまったく同じだが、機会ベースなので人間の心はありません。

陰で17号を洗脳し破壊活動を始め、この世の17号とあの世で作られた新17号が合体して超17号となります。

【邪悪龍】

長年のドラゴンボールの使用によってマイナスエネルギーが発生しました。

その溜まったマイナスエネルギーによってドラゴンボールにヒビが入り、神龍が邪悪龍へと変貌してしまいます。

元々ドラゴンボールは大自然の流れを変え、不可能を可能にするアイテムであるため、ドラゴンボールから生まれた邪悪龍も電気、空気、熱といった自然の力を操れます。

【一星龍】

フリーザ一味に殺された者を生き返らせた時のマイナスエネルギーから生まれた邪悪龍です。

邪悪龍の頂点に君臨する存在で、最強の敵。完全に消滅しない限り何度でも復活できます。

冷酷無慈悲で自分以外の全ての者を見下していて傲慢・尊大と言った言葉がピッタリな性格。

(超一星龍)

他の6個のドラゴンボールを取り込んで自身の力にすることで、全ての邪悪龍の力を得た真の姿。

その戦闘力は10倍ほどに強化されさらなる絶対的な力を得ます。

最後は悟空の超ウルトラ元気玉で跡形もなく粉砕されました。

【二星龍】

ウパの父のボラを生き返らせた時のマイナスエネルギーによって生まれた邪悪龍。特徴は額に二星球を付けています。

倒れてきた石で痛がるなどマヌケな性格。本人は「邪悪龍最強」と称していますが、五星龍などが言うには「最弱」ということでした。

【三星龍】

地球人の記憶からブウを消した時のマイナスエネルギーによって生まれた邪悪龍。

三星球は右手に隠れています。本体とドラゴンボールが分離していても生存していられるのが特徴。四星龍とは兄弟で「兄貴」と呼ばれています。

慇懃無礼な口調で話し、反面笑い方は非常に下品で、勝つためには手段を選ばない卑怯で残忍な性格をしています。

【四星龍】

初代ピッコロ大魔王が永遠の若さを手に入れた時のマイナスエネルギーによって生まれた邪悪龍。

邪悪龍ですが、卑怯なことを嫌い、正々堂々と悟空と闘いました。兄、三星龍とは正反対の性格です。

悟空とは戦いを通じて一種の信頼関係を育んだ好敵手でした。最後は一星龍に「手負いの山猿一匹(悟空)倒せない情けない奴」として、悟空を庇って殺されてしまいます。

【五星龍】

ラディッツ来襲時に死んだ悟空を生き返らせた時のマイナスエネルギーによって生まれた邪悪龍。五星球は腹部に付いています。

電気を操る力を持っていますが、通常状態の攻撃は悟空たちには少々ひるませる程度の効果しかありません。

しかし電気スライムをまとうことで、街全体を飲み込むほど巨大化する「合体スライムビルドアップ」という技を持っていて、体は10倍かめはめ波を跳ね返すほどの弾力となります。

【六星龍】

ウーロンのギャルのパンティーを出してもらう願いを叶えた時のマイナスエネルギーによって生まれた邪悪龍。

普段は美しい乙姫の姿をしていますが、本来は悪魔を彷彿させる青黒い翼を生やした龍のような姿なのです。

六星球は龍の姿では顎に、乙姫の姿では額についています。

特徴は風と空気を操る力を持っていて、相手の話や言葉を素直に聞き入れるなど、人の良い性格の持ち主で、消滅する間際には自分の詰めの甘さを口惜しんでいました。

【七星龍】

魔術師バビディにベジータが操られた際、ベジータに殺された天下一武道会の観客たちを生き返らせた時のマイナスエネルギーから生まれた邪悪龍。

七星球は額に付いています。

他の邪悪龍とは異なりこちらが本体で他の生物に寄生して体を乗っ取ったり、その能力をコピーすることができます。

初登場時はモグラに寄生して地震で街を破壊していました。

(超七星龍)

七星球を回収しに来たパンの隙をついて寄生した姿。外見は巨大な二つの尾を持ったドラゴンで、右の角にパンのバンダナが巻かれています。

【超サイヤ人ゴジータ】

超一星龍との闘いで、悟空とベジータがフュージョンした姿。超一星龍を圧倒しました。

ただ、超サイヤ人4でフュージョンしたため、エネルギーを余計に使ってしまい、本来フュージョンは30分持つはずでしたが、10分程で解けてしまいます。

この超サイヤ人4のゴジータはコミカルなところも見られ、緊迫した雰囲気の中笑いどころもありますよ。

ゴテンクスもそうですが、フュージョンをすると挑発的な性格とふざけた態度が協調されるのでしょうか(笑)

それにより、超一星龍を倒しそびれます。

超サイヤ人4一人の時の数十倍の力があるので、最強の戦士には間違いないでしょう。

【その他】

ここには書ききれませんでしたが他にも、チチや、悟飯、ブルマに亀仙人・・・とお馴染みのドラゴンボールの仲間も、もちろん登場しますよ!!

まとめ

今回は『ドラゴンボールGT』の登場人物についてみてきましたが従来のキャラに加え、新しいキャラがたくさん登場することが分かりました!

何だかとてもユニークなキャラもいれば、見た目から怖そう(強そう)なキャラもいて

それぞれ特徴があって、さすがドラゴンボール!と思わず言いたくなるほどですね。

また、従来のキャラの成長した姿や、歳をとった姿を見られたのも『ドラゴンボールGT』ならではだと思います。

ベジータなんて髭を生やしていました。(笑)そして悟空は子供の姿に・・・。

ドラゴンボールが続いている今、少しパラレルワールド感は否めませんが、これはこれでとても素敵な作品です。

機会がありましたら是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか!!

現在UNEXTでは全てのドラゴンボールが見れちゃいます。

映画だけじゃなくアニメシリーズも観れるのでお得ですよ〜

参考⇒ドラゴンボールGTのアニメならUNEXT!がおすすめ!GT以外もほぼ全て見れちゃいます(2020年6月現在)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です