DBの総合情報サイト

ドラゴンボールのトランクス名言セリフ!マイやベジータとの関係や剣の謎と戦闘力の推移

WRITER
 
<2020年12月最新情報>

「スーパーサイヤ人ブルー孫悟空のフィギュアが欲しいけど、今はゲーセンに行けない…。」と、今年はゲームセンターに行くのが難しい環境ですよね。しかし、今ならスマホでクレーンゲームができるアプリ「クレーンゲームマスター」があるんです。

インストールが初めてなら無料で3回クレーンゲームが遊べちゃうので、試しに3回だけやってみてください。また、外出せずにドラゴンボール超のフィギュアのレア商品を自宅でゲットできる可能性もあり、今ならスーパーサイヤ人ブルー孫悟空が当たります。

個人情報の入力もほぼなく、気軽に無料で3回=300円分をプレイして、ドラゴンボール超のフィギュアをゲットしましょう♩

<2020年12月最新情報>

「スーパーサイヤ人ブルー孫悟空のフィギュアが欲しいけど、今はゲーセンに行けない…。」と、今年はゲームセンターに行くのが難しい環境ですよね。しかし、今ならスマホでクレーンゲームができるアプリ「クレーンゲームマスター」があるんです。

インストールが初めてなら無料で3回クレーンゲームが遊べちゃうので、試しに3回だけやってみてください。また、外出せずにドラゴンボール超のフィギュアのレア商品を自宅でゲットできる可能性もあり、今ならスーパーサイヤ人ブルー孫悟空が当たります。

個人情報の入力もほぼなく、気軽に無料で3回=300円分をプレイして、ドラゴンボール超のフィギュアをゲットしましょう♩

この記事を書いている人 - WRITER -

さて今回はドラゴンボール本編で悟空の次にスーパーサイヤ人になったトランクスの紹介です。

トランクスと言えば謎の戦士として登場したハンサムで礼儀正しい好青年で有名ですが、現代の少年トランクスと未来から来た青年トランクスの2人いて、同一人物が同じ世界に存在する珍しいキャラクターとなっています。

未来のトランクスはとても正義感の強い頼れる存在ですが、その境遇はあまりにも過酷。

この未来のトランクスが出てくるエピソードは現在と未来が交錯して、物語としては最高に面白いのですが、そのトランクスの置かれた状況は悲劇としか思えません。

しかしその中で逞しく前を向いて歩くトランクスにはカッコイイ…いや、カッコ良過ぎる名言が数々存在します。

また現代の少年トランクスは子供らしい無邪気で可愛らしい名言も多数あり、スーパーサイヤ人のバーゲンセールならぬ名言のバーゲンセール!

振り返れば心の中が熱くなる事間違いなし!のトランクスの名言から早速見ていきましょう!

トランクスはフリーザ再来の時に初登場して活躍します。子供トランクスでも悟天と活躍します。さらにドラゴンボール超でも未来トランクス編として登場し楽しませてくれる存在です。

見所満載なドラゴンボール超は今すぐ見たいならイーブックジャパンの電子書籍がおすすめ!ポイント還元満載ですよ!


参考⇒ドラゴンボール超2巻の冒頭部分を試し読みもできる!今すぐイーブックジャパンでチェック

トランクスの名言セリフまとめ!<セル編の未来から来た青年トランクス>

まずはセル編の未来から来た大人の青年トランクスからです。

「お前達を殺しに来た…」

トランクスが初登場した時のセリフです。

あの恐怖の悪の帝王フリーザが地球に接近している事を察知していたZ戦士達は、まだ地球に到着していないのにも関わらず、その強大な気を感じ既に絶望していました。

悟空も地球に戻ってきていないこの絶望的な状況の中、フリーザの前に現れた謎の青年!とてもハンサムな好青年でしたが、そのセリフはかなり物騒。

背中には剣、カプセルコーポレーションのジャケットを羽織り、あっという間にフリーザ軍を倒しました。この謎の好青年は敵か味方か!?果たして!?(ドラゴンボール28巻331話)

「次はお前達の番だ……」「お前たちは一瞬でボクに殺される」「分かっているんだ」

謎の戦士はフリーザ達に静かにこう言い放ちました。

自分の方がいくら上だと思っていたとしても、この言い方はどこか違和感がありました。まるでこれから起こる事を分かっている様なこのセリフにはとても興味を惹かれました。

なになに!?どういうこと!?(ドラゴンボール28巻331話)

「超サイヤ人は孫悟空さん1人じゃない…ここにもいたという事だ……!!」「はああっ!!!!くたばれ!!!!!!」

なんと謎の戦士は孫悟空の事、フリーザの事も知っていて、あの悟空が窮地に追い込まれ苦労して辿り着いたスーパーサイヤ人にいとも簡単になりました!

悟空以外でのスーパーサイヤ人は初登場でびっくり仰天!

確か原作ではサイヤ人の生き残りはベジータ、ナッパ、ラディッツ、そして悟空の4人のみ!そして悟空の血を引いている悟飯くらいしかサイヤ人に関りが無いのにスーパーサイヤ人なれるとは!!!

フリーザ編、魔人ブウ編と同様に、ドラゴンボールの新章の始まりは最っ高にワクワクしますね!!スーパーサイヤ人になれるってどういうことなんだよぉぉぉ!!と見ていた人は絶叫したことでしょう!(笑)(ドラゴンボール28巻331話)

「20年後に戦士はオレ1人しか残っていないんです…」

悟空も地球に到着し、他のZ戦士達には名前も明かせないという中、悟空にだけは自分の名前、出生、そしてここに来た理由を伝えました。

自分は20年後から来たベジータとブルマの子供であること、今から3年後に人造人間という恐ろしく強い敵が現れる事、そして悟空が心臓病で死んでしまう事。

時を遡り歴史を変えてしまうという大きな出来事ですが、そんな事を言っていられないくらい未来は絶望的な状況で助けを求めに来たと言います。(ドラゴンボール28巻335話)

【人造人間セルの名言集まとめ】にも書かれてますが、悟空以外のスーパーサイヤ人の登場でも盛り上がるのに、このセル編はこの過去と未来が交錯する物語が秀逸で何度読んでも目が離せません!

他の強敵達との物語とは毛色の違ったこのシリアスで複雑なセル編は必見です!

「強すぎる……!!強すぎるんですよヤツらは…!!」

悟空に人造人間の事を説明している時のセリフです。

人造人間がどういうものか冷静に説明をしていたトランクスでしたが、話をしている内に人造人間の事を思い出し、このセリフはかなり力がこもった言い方になっていました。

ナメック星での悟空とフリーザの死闘もかなりスーパーサイヤ人の登場でかなりのインパクトだったのに…!?そのフリーザを一瞬で葬り去ったこのトランクスでも敵わない人造人間とは一体!?(ドラゴンボール28巻335話)

「ヤムチャさんは…その…浮気性だったらしくてアタマに来て別れたとか……」

ベジータとブルマの子供だということを説明した時のセリフです。

17歳のトランクスでしたがこういう話はまだまだ照れてしまうようで可愛いですねなので名言っぽくありませんが選出させて頂きました(笑)

それにしてもベジータか悟空の血を引いていないとスーパーサイヤ人にはもちろんなれないわけですが、悟空と一緒にトランクスの両親の名前を聞いた時は驚きましたね(ドラゴンボール28巻335話)

「とうさーーーーーーーーん!!!!」

3年の月日が流れ再び現代に来たトランクスでしたが、トランクスのいた未来世界に現れた人造人間とは別の人造人間だった模様。

未来世界には人造人間17号と18号しか現れていませんでしたが、現代では19号、20号、そして16号も登場しました。

トランクスはその事にも驚きつつも、未来世界にも現れた17号と18号を1番に恐れていて、人造人間の強さをよく知っているトランクスは、スーパーサイヤ人となり自信を取り戻したベジータでさえも敵わないと必死で戦うのを止めようとしました。

しかしイケイケムードのベジータを止める事が出来ず、18号との戦いが始まってしまいました。最初は互角でしたが次第にベジータが押され始め、ベジータの腕が折られた瞬間!「ベジータさん」とずっと気を使って呼んでいたトランクスでしたが、この父親のピンチに気を遣うのも忘れ「とうさーーーーーん!!!!」と助けに入りました。

これは父親であるベジータを2度も失いたくないというトランクスの想いが分かるセリフですよね。

ちなみに原作ではフリーザが地球に襲来した時はずっと悟空の事を「孫さん」と言っていたのですが、悟空への説明が終わり帰る頃には「悟空さん」と呼ぶようになっていました。

これは鳥山先生によるものなのか、それとも初対面だったので悟空の呼び方が定まっていなかっただけなのか。

どちらにしても個人的にこういう適当っぽい所もドラゴンボールっぽくて好きなんですね(ドラゴンボール30巻353話)

「エイジ788……!!オ…オレがやって来た未来より3年…さ…さらに未来から……」

トランクスの乗って来たタイムマシンが存在し、そのタイムマシンをよく見るとトランクスがやって来た未来からさらに3年後の未来からやって来ていて、しかも現在から4年も前に到着していたようで、コケのようなものがびっしりこびり付いていました。

謎のタイムマシン、そしてこの後見つかる卵に巨大なセミの抜け殻、謎は深まるばかり。

未来から来たトランクスが知らない事ばかりが起こっているようで、トランクスも何が何だか分かりません!

つまり見てるこっちも何が何だか分かりません!!(ドラゴンボール30巻358話)

「オ…オレだってあんな父さんとやりたくはありませんよ……」

シリアスな展開の中でこのトランクスのセリフには笑ってしまいました

これは失敬失敬!笑

これはトランクスがスーパーサイヤ人を超えたスーパーサイヤ人になる為に修行するというベジータの所に行って一緒に合流すると言った時にクリリンが、「ベジータが一緒にやってくれるとは思えねえぞ」と言った時に返したセリフです。

父親を2度も失えないと言っていたトランクスでしたが、流石に今のベジータと修行するのは気が重いようですね笑

「プライドが高い」と言ってしまえばそれまでなのですが、冷静に考えるとこの時のベジータは「周りに気を使えない自信過剰の我がまま野郎」ですからね笑

そう考えるとまぁいくら父親と言っても流石にずっといるのは厳しいでしょう。(ドラゴンボール31巻365話)

「大丈夫です。オレの分の仙豆はいりません。」「絶対に勝ちますから」

ベジータが気を失い、ベジータに気を使う事がなくなったトランクスは、ベジータを超えてしまったというスーパーサイヤ人を超えたスーパーサイヤ人になりました。

普段は控えめなセリフが多いトランクスでしたが、この時ばかりは少し怒ったような、気合の入った雰囲気を漂わせたこのセリフ。

ベジータとの修行の中でベジータを超えた事に気づいたトランクスは、プライドの高いベジータにそれを気づかれぬように自身の力を隠していました。

後ろで結った髪がボッと広がり、長髪が逆立ったこの状態のトランクスは最高にカッコイイ!しかも白眼!これはまるでブロリー!

普段大人しい人が起こると恐いなんて言いますが、このトランクスがまさにそれですね(笑)

しっかし、こういう変身が堪らなくカッコイイんだよな~~!!(ドラゴンボール33巻386話)

「………勝機は完全に無くなった…殺せ…」

ベジータを超えたと思っていたトランクスでしたが、パワータイプに偏った変身だった為にスピードが殺されてしまいセルに一撃も食らわせる事が出来ません。

パワーだけに気を取られていたトランクスは自身の未熟さ、そしてベジータはそれを分かっていたからこそ、このトランクスの様な変身をしなかったのだと気づき完全に戦意を喪失してしまいました。

この未来から来たトランクスも悟飯同様に地球人とサイヤ人の混血の為に高い潜在能力を誇りましたが、未来世界ではトランクスしか生き残っていなかったので、なかなかこういう事に気づける環境ではなかったのは仕方のない事でした。

しかしこのトランクスの急成長に驚いたセルは、セルゲームを10日後に開催する事にしたのでZ戦士達が精神と時の部屋で修行する時間を作る事が出来たので、トランクスのこの変身は無駄ではありませんでした。

この後セルゲームに向けてトランクスは1度髪の毛を切って最初に登場した髪型に戻りますが、またすぐに精神と時の部屋に入ったのでセルゲーム開催時にはまたまたこのロン毛に戻っています。

ほんの数話程度の何コマかしか出ていませんが気づいた人はいましたか?

興味がある人は是非読み返して見てみて下さい!(ドラゴンボール33巻388話)

「大丈夫です!その為に過去で悟空さん達にあって来たんですよ!」「この時代も平和にしなくちゃ」

セルを倒し、自身の未来世界に戻って行ったトランクスは、未来世界を平和にするために人造人間達と戦いに行きます。

「ほんとに大丈夫なの?」というブルマの心配にこう答えたトランクスの頼もしい顔!

いくら未来の17号と18号が強いからと言っても、セル第二形態よりも強くなったトランクスの敵ではありません!(ドラゴンボール35巻419話)

「その計画は失敗だ。そしてこれで全てが終わる!」「完全に消え去ってしまえ!!!セル!!!!」

未来世界の17号と18号を倒したトランクスは、その後現れるセルを待っていました。

「これで全てが終わる」このセリフの通り、未来のトランクスの長い長い戦いはやっと終わりました。

トランクスの攻撃で跡形もなくセルを消滅させて世界に平和が戻ります。他のZ戦士達が皆死んでしまっているツライ未来世界ですがやっと一件落着。

失ったものは計り知れませんが一安心です。ちなみにこの時ベジータと同じ戦闘服を着ていましたが、一段と逞しくなったトランクスはさらに男らしくキリッとした表情でめちゃくちゃカッコイイので必見です!(ドラゴンボール35巻419話)

トランクスの名言セリフまとめ!<魔人ブウ編の少年トランクス>

ここからは魔人ブウ編の少年トランクスです

「や…やっぱりこのままじゃツライや…超サイヤ人になろっと…(ボウッ!)」

いやいやいや!まだまだ遊び盛りの普通の子供でしょ!?

さすがにスーパーサイヤ人になれるの早くない!?と思ったのは自分だじゃないはず笑

悟飯の時はラディッツ襲来からナメック星に行ったりして常に戦闘の最前線にいたからですが、トランクスはセル編からこの魔人ブウ編までの間、ずっと平和だったんでしょ!?笑

と一瞬思いましたが、そもそも150倍の重力部屋に入ってましたね(ドラゴンボール36巻429話)

「ちぇ…ちょっとだけムキになっちゃったかな…ガキだなオレも…」

天下一武道会に出場したトランクスでしたが、昔と違い今は15歳以下は子供の部にしか出場できません。

トランクスの相手は「イダーサ」。

並び替えると「ダサイ」。このネーミング酷すぎる…笑

かなり手加減しつつも一瞬で倒したトランクスでしたが、戦いの前にかなり煽ってきた相手に少しムキになってしまったようです(ドラゴンボール36巻432話)

「オレは子供だ」

天下一武道会の子供の部で優勝したトランクスは、現チャンピオンであるミスター・サタンと戦う事になりました。

しかし普通の人間のミスター・サタンはトランクスに敵うわけがないと気づいているので涙目になりながら「気楽にやろう!」「おとなげないぞ!」とトランクスに八百長を持ち掛けます。

トランクスはチャンピオンだからさぞ強いのだろうと気合満々なんですが(笑)

「オレもガキだな…」と言っていたのに「オレは子供だ」と言う辺り、いくら強くてもやっぱり可愛げのある子供ですね(ドラゴンボール37巻436話)

「あっちで綺麗なお姉さんがお話ししたいって言ってますけど、恥ずかしいからボクに呼んできて欲しいって」

子供の部では満足出来ないトランクスは、マイティマスクから覆面と衣装を奪って悟天と一緒に大人の部に出る作戦を立てます。

悟天よりも1歳上という事もあり主導権はトランクスにあるようで、これまた随分と悪知恵が働きますね。しかも自分は悟天に肩車させているし(笑)

このトランクスは一体いつから未来から来た青年トランクスのように礼儀正しい好青年になっていったのか興味がありますね(ドラゴンボール37巻437話)

「み……み……見ない方が良い……た…頼む…みんなには内緒な…」

ダーブラに石にされたピッコロを倒して粉々にしてしまったトランクスは、ダーブラが倒されクリリンが元に戻ったのを見て粉々になったピッコロの様子を見に行きました。

ただの石像くらいにしか思っていなかったので悪気は無かったのですが、石化の解かれたバラバラのピッコロの姿はかなりショッキングだった模様。

幸いな事にピッコロは頭が無事なら再生出来るので何事も無かったように再生しますが、この時のトランクスの表情からかなり動揺したのが伺えます。

目を丸くしてうなだれてましたからね(ドラゴンボール39巻464話)

「イヤだーーっ!!!!」

魔人ブウにベジータがやられそうになり、飛び込んでいった時のセリフです。

いくら相手が強いからと言って、黙って自分の父親がやられているのをジッと見ている事なんて出来ません!そりゃ焦るってもんですよ。

この少年トランクスは大人のトランクスとは少し髪型が違っていて、七三分けっぽくなっているんですが、それがスーパーサイヤ人になるとかなりカッコイイ髪型になるんですよね!

個人的にはトランクスの髪型の中で1番好きかもしれません!(ドラゴンボール39巻466話)

トランクス「オレ達の超ゴテンクスくらい強かったよな!」悟天「もっと強かったよ」トランクス「そうか?……うん……ちょっとだけな」

アルティメット悟飯の強さを目の当たりにしたトランクスと悟天の会話です。

ゴテンクスもスーパーサイヤ人3になれるので相当な強さですが、それ以上の強さを持った悟飯の登場で興奮する2人。トランクスは悟飯の強さを喜びながらも、自分たちも認めて欲しいといった感じです(笑)

悟天の冷静な返しがなんとも言えない面白さですね!(ドラゴンボール41巻498話)

トランクスの名言セリフまとめ!<ドラゴンボール超の未来トランクス>

ここからはドラゴンボール超での未来のトランクスの名言です。

「ブラックさえ現れなければ……オレたちの未来だって……」

未来から再び助けを求めてやってきたトランクスは、未来世界で自分の師匠だった悟飯に会いに行きました。

そこで目の当たりにする現代の悟飯の姿。現代の悟飯は夢だった学者になり、ビーデルと結婚してパンちゃんという可愛い娘もいる戦いとは無縁な幸せな家庭を築いていました。

未来の悟飯とはまるで別人のように優しく穏やかに笑う姿を見て、トランクスも自分が平和な世界に生きていたら…と、マイとそしてブルマと食卓を囲む姿を想像します。

どうしてこうも未来世界だけがこんなにも過酷な状況になってしまうのか。悟空達がいないから?自分が不甲斐ないから?悔しい…悔しい……。そんな思いが湧き上がるのを抑えられずに涙ぐむトランクスの姿に、見ているこっちも胸が苦しくなりました。

しかしトランクスはネガティブになる事なく、この悟飯の姿を見てブラックを倒す決意を新たにしました。トランクス!この世界にやってきたのは正解だ!ここには沢山の仲間がいるんだから!(アニメドラゴンボール超52話)

「人造人間18号ッ!!!」

クリリンとの会話の中で、クリリンも家庭を持っていることを知ったトランクスでしたが、クリリンはトランクスに奥さんを紹介したがりません。

それもそのはず、クリリンの奥さんは人造人間18号。

すっかり18号はクリリンのお嫁さんとして定着していますが、クリリンが結婚したのはトランクスが未来の世界に帰った後の事なので、それを知らないトランクスは18号を見るや否やキッと気を引き締めます。

「あっちの世界で私を殺してくれたんだって…?キッチリ慰謝料…払ってもらうよ」という18号に一瞬たじろいだトランクスでしたが、悟飯一家同様、クリリン一家の幸せな姿を見て和んだ様子。

それにしてもこの後の「なぁんてな」とにっこり笑う18号さんがめちゃくちゃ美人!!うぉぉぉぉーー惚れてまうやろーーーーー!!!!(笑)(アニメドラゴンボール超53話)

「君が守った笑顔だ」

悟空とベジータと一緒に再び未来世界へと来たトランクスが、トランクスが過去に行っている間、必死で人々を守ったマイを励まします。

マイは自分にもっと力があれば…と多くの犠牲を出してしまった事を悔い、自分を責めて落ち込んでいます。多くの犠牲が出たのはマイのせいじゃない。悪いのはゴクウブラックだ。そう励ますトランクスのこのセリフは心にジーンときますね。

めちゃくちゃカッコイイな!トランクス!!と思って見ていたら、おばあさんが、「あんた…顔だけじゃなく言う事も男前だねぇ!」と言っていて、やっぱ同じこと思ってるんだなぁと笑ってしまいました。(アニメドラゴンボール超56話)

「お前たちの勝手な価値観で!!人間を侮辱するなーっ!!!」

ゴクウブラックとザマスが合流し、ゴクウブラック編もいよいよ佳境。その時のザマスとの戦いの中でのセリフです。

「神の偉大な贈り物である知恵を…私利私欲の為に利用する…愚かで野蛮な生命体が…!」というザマスの暴言とも言うべきセリフに反論するトランクス。

ザマスの潔癖症ともいえる正義感故のこの歪んだ思想。トランクスはこのザマスの言葉を到底容認出来ません!苦しみや絶望の中でも助け合って生きていける人間をトランクスは知っています。(アニメドラゴンボール超57話)

「ファイナル!フラーーーーッシュッ!!!」

トランクスがザマス相手に父親であるベジータの技を放ちます。

ドラゴンボール超で登場した未来のトランクスは、これまで見せた事のない必殺技を次々と繰り出します。

未来世界で師匠だった悟飯の技の魔閃光。

そして父親のベジータの必殺技のこのファイナルフラッシュやギャリック砲など、これまでの人生の中で一緒に修行した人物のの必殺技を自分の技として習得していました。

オリジナルの技ではありませんが、仲間の技を自分の技として使うという事は、これまで沢山の人々を助け、そして助けられた未来のトランクスならではでしょう。

仲間を想う言動の数々もさることながら、その想いをこうして戦いの中にも取り入れるというのは良い戦士の証拠です。(アニメドラゴンボール超57話)

「神も…人間も無いっ!自分以外を信じないお前にっ!オレは負けないっっ!!」「自分1人の正義に浸るお前に!オレ達の生きる思いを潰させるものかっっ!!!」

合体ザマスを真っ二つにした時のセリフです!

このシーンとセリフは、絶対に外せない名シーンに選出してもおかしくないないくらいカッコ良く、そして印象に残るシーンとなっています。

ゴクウブラック編もいよいよ終盤。

魔人ブウ編以来のベジットの登場、そしてトランクスのさらなる進化で目が離せませんでした!(アニメドラゴンボール超66話)

トランクスの個人的に絶対に外せない名シーン名言・名セリフ!

「オレは……!自分の弱さを…恥も悔いもしないっ…!オレは…みんなを助ける為に戦い…みんなに助けられて生き延びてきた…。それがオレだっ!!」「助け合って生きる…それがっ!!オレ達人間だぁっっっっっ!!!!!」

トランクスの数々の名言を紹介してきましたが、この名言以上の名言はないでしょう!

上述した「神も人間もないっ!!」とセットな感じがしますが個人的にこのトランクスのセリフにグッと来たのでこれを選びました。

ベジットが登場し合体ザマスを追い込みましたが、ベジットは合体を維持するエネルギーを消費してしまい悟空とベジータに戻ってしまいました。

もはやザマスに敵う相手がいないと思いきや、トランクスはレジスタンスの仲間の想い、そして応援してくれる人々の思いを胸に刻み、折れた剣の柄に気を込めました。

そして気合いを入れ直したトランクスは悟空とベジータのピンチに駆けつけ、合体ザマスから2人を守ります。

気を込めた剣はそれだけでも合体ザマスに効果はありましたが、遠くで見守る仲間たちの思う気持ちがトランクスの元へと集まっていきます。これはもはや元気玉(正確には元気玉ではありませんが)

未来世界に住む人々の想いがトランクスの頭上に集まり、地球を覆う黒い雲を晴れさせ、さらにはその元気玉をトランクスが体内に取り込むことでトランクスの剣は一層力強く、そして太くなり、トランクス自身も青い気纏った姿になりました。

この未来世界では間違いなくトランクスはヒーロー。人々から少しずつ気を分けて貰うこの元気玉は、本来界王様の所で修行した邪念を一切持たない悟空にしか習得出来ていない技でした。

これはこの未来世界のヒーローであるトランクスの純粋な想い、世界を、そして人々を守りたいというその気持ちに呼応したみんなの想いが自然と集まった奇跡の現象。

ファンの間では「元気玉ソード」なんて呼ばれているこの技ですが、まさしくトランクスの人間性、そして剣を扱う戦闘スタイルにぴったりな超絶スーパーな必殺技でしょう!(アニメドラゴンボール超66話)

トランクスの初登場はナメック星から帰還した後のメカフリーザが地球に来るあたりです。

そんな始まりではありますが、人造人間セル編になります。

トラックスの全てを知るにはやはり未来トランクスの初登場から見るべき!その後もセル編では赤ちゃんだったトランクスがブウ編では少年のトランクスに成長し悟天とフュージョンもしますよ〜。

まずはカラー版の電子ブックで見れるので冒頭部分をチェックしてみては!?

参考⇒トランクスの初登場がめちゃくちゃかっこいい!フリーザもコルド大王も瞬殺!イーブックジャパンで今すぐチェック

トランクスとマイは子供時代に出会って未来では結婚しないの?その後はどうなったのか?年齢差もチェック

ここからはトランクスの恋人関係、結婚やマイとの年齢差などをみていきます。

トランクスとマイの未来での関係は恋人?

トランクスとピラフ一味のマイは未来ではゴクウブラックに対抗する同じレジスタンスの一員として一緒に活動する仲間として登場しました。

ドラゴンボール超で放送されたゴクウブラック編で、待望の再登場となった未来のトランクスでしたが、人造人間編の時以上に未来世界は過酷な状況下に置かれていていました。

ゴクウブラック編開始1話目からマイがトランクスを気遣うセリフが多々あり、その時からマイはトランクスに対して仲間以上の気持ちを持っている事を見る側に匂わせられていましたが、世界の状況が状況だけに2人はまだまだ恋愛を楽しむ余裕はありませんでした。

しかしトランクスもマイを特別な存在と思ってはいるようで、平和な未来を想像するシーンでは、ブルマとマイと一緒に家で食事する所が描かれていて両想いなのは明らかでした。

ドラゴンボールは恋愛シーンが控えめなのと、トランクスもサイヤ人特有の超鈍感も発動していて「好きな人」というよりは「大切な人」という言い回しでした。

ミュージシャン的にトランクスに教えてあげるとすると「それが恋ってだよ」と言ってあげたい気持ちになります笑

トランクスとマイ!超では子供時代の出会いエピソードも

トランクスとマイが未来世界のどの時点で出会っていたのか等の詳細は明かされていませんが、ドラゴンボール超では少年トランクスと、子供の姿に戻ったマイが出会っていました。

きっかけは船でブルマの誕生パーティをしている時に遭難していたピラフ一味を助けた時で、その後居候として一緒に住むようになりました。

一緒に住む中で次第に意識しだした少年トランクスとマイは、手を繋ぐだけで顔を赤くしたり、少年トランクスはカッコつけてなんとか気を引こうとしたりとホッコリします笑

ゴクウブラック編というシリアスな展開はハラハラドキドキでとても面白いのですが、この2人のエピソードはその合間に盛り込まれていて、それがほどよく緊張をほぐしてくれてイイんですよね。

トランクスとマイのその後!結婚はしていない?年齢差は何歳なのか?

合体ザマスを未来世界の全王様に消滅させてもらう時に、未来世界ごと消滅してしまった為に、未来のトランクスとマイは帰る場所どころか帰る世界ごと失ってしまいました。

その為、悟空達の存在する世界で過ごしていくのかとも思いましたが、ウィスの「消滅する前の時代に戻る事が出来る」という話から元の世界に戻れる事が判明しました。

しかしこれはザマスが消滅する前の世界である事、そしてその世界には既に未来のトランクスとマイがいる事等の複雑な事情が沢山あるんですよね。

ウィスはその行く未来のビルスを説得してザマスを未然に消滅させて平和な世界にする事を提案し問題解決!という形にはなりますが、見ていてこれはサラっと言っていますがかなり凄い事だと思いましたね。

ただでさえ時間をいじる事が禁止されているのにそれを知っていて介入するわけですから。

ザマスのイカれっぷりを散々見せられた後なので受け入れられますけど。

何はともあれ、平和な未来世界(未来トランクスが来た世界とは違う)に行くことになったトランクスとマイはタイムマシンに乗り込みます。

2人を見送るブルマは、最後に「こっちの世界より早く孫が出来ちゃうかも」と2人を応援する発言をして2人は照れさせていて、見ているこっちも幸せになって欲しいと応援する気持ちになりました。

未来世界へと旅立った2人のその後はこの回を最後に描かれていませんが、平和な世界でお互いを支え合い、幸せな家庭を築いている事でしょう!

優しく礼儀正しいトランクスと、芯の通ったマイならこれは間違いありませんね!

トランクスとマイの歳の差は?

このお似合いの2人ですが、結婚するとなると歳の差がなかなか凄い事になるんですよね。

「劇場版ドラゴンボールZ神と神」でマイが41歳という事が分かり、トランクスのいる未来世界は悟空達のいる世界の17年後の世界なので、未来世界のマイの年齢はなんと58歳!!

未来のトランクスは計算上は30歳なので既に親子の歳の差!

※トランクスはセル編の時に精神と時の部屋に2日(2年間)入っていたので肉体的には32歳

と、28歳(26歳?)の年の差カップルですがマイは年齢に見合わないくらいの超ピュアな上、神龍に身体を若返らせてもらっているのでトランクスとは実にお似合いのカップルなので実年齢は関係ありません!

ただマイの年齢に関しては辻褄の合わない部分も多いのでこの年の差はドラゴンボール超で判明している部分から計算した数字になっていますのでご注意ください。

この部分については「ピラフ大王・シュウ・マイの名言集まとめ」の方に詳しく書いていますので、気になる方は是非そちらをチェックして下さい!

トランクスの剣の名前はタピオン!なぜ使っている?人造人間との戦いで折れた剣はその後どうなった?

トランクスを語る上で外せないのがトランクスの身に付けている剣ですよね。

このトランクスの剣は原作では、あの当時悟空が苦労して倒したフリーザを一瞬にして切り刻んだ剣で、その切れ味は申し分なしの業物。

この剣の名前や詳細については本編では一切語られる事が無いので疑問に思う人も多いのでは多いようですので説明しますね。

◇トランクスのタピオンの剣とは?どこで名前が分かったの?

このトランクスの持っている剣の名前は「ドラゴンボール大全集」に公式の説明として掲載されています。それによると「トランクスの剣」「タピオンの剣」という名前が付いているようです。

公式もそのまんま過ぎる笑

先ほど言ったように原作では剣についてはほぼゼロと言っていいくらい説明が無く、剣について触れたセリフと言えば、フリーザを倒した後にコルド大王が言った「よく研いである」と、トランクスが悟空の実力を試した時の「フリーザをも切り裂いた剣だった」と言ったところくらいなものでしたので、トランクスが持っている剣ということで「トランクスの剣」というのは致し方ないのですが笑

この「トランクスの剣」ですが最初は【劇場版ドラゴンボールZ「龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる」】に登場するタピオンというキャラクターが持っていた剣で、その作中では「神様から与えられた魔人様をコントロールする伝説の剣と笛」として出てきました。

また、タピオンはその魔人がいる星の勇者であることから、この剣は「伝説の勇者の剣」とも言われていました。

◇トランクスは何故剣を使っている?

その「伝説の勇者タピオンの剣」を何故トランクスが持っていたかと言うと、その作中で勇者であるタピオンに譲り受けたからです。

その作中でトランクスは勇者というタピオンに興味を持ち距離を縮めようとしていましたが、タピオンは最初は自身にヒルデガーンの上半身が封印されていたことを隠し、危険な目に合わせない様にとトランクスを遠ざけ、わざと邪険に扱っていました。

勇者だというタピオンを憧れの眼差しで見ていたトランクスは、食事を運ぶなどをして積極的にコミュニケーションを取ろうとしていました。

何度も邪険に扱われつつも、次第に時間と共にトランクスとタピオンとの間に信頼関係が生まれていき、ヒルデガーンとの激闘を経てより一層仲が深まっていきました。

ヒルデガーンを激闘の末倒し、いざタピオンとの別れの時。

タピオンから「信頼の証」と言った感じでこの剣を譲り受けたというのがトランクスがこの「伝説の勇者タピオンの剣」を持つことになったエピソードです。

この映画では貴重なタイムマシンでタピオンを送りだしたりと色々と現在の設定とはズレが生じるパラレルワールドになっていますが、この「タピオンの剣」にまつわるエピソードは個人的には結構好きですね!

ほんわかするこのエピソードですが、このタイムマシンをタピオンにあげちゃうなるとドラゴンボール超のゴクウブラック編での話と合わなくなってしまいますので、このタイムマシンの部分だけは心の扉をそっと閉じて見なかったことにしています笑

◇折れた剣はその後どうなった?

トランクスの剣は先ほど説明したように「伝説の勇者の剣」であり「フリーザを切り裂いたとても切れ味が良い」とされているのですが、これまたどうしてよく折れます。

折れるまではいかなかったものの、本編では人造人間18号に切りかかり、18号のガードした腕の強度に負けて剣の先端が損傷。

実際に剣が折れた1度目は【劇場版ドラゴンボールZ「極限バトル!!三大超サイヤ人」】で人造人間14号と15号のパーツを取り込み合体した人造人間13号に切りかかり、その時にガードされた腕が18号の時と同様に硬すぎて結構バラバラに、そして2度目は久しぶりに登場したドラゴンボール超でのゴクウブラック編【ドラゴンボール超第65話「最後の審判か!?絶対神の究極の力」】で合体ザマスにバキッと折られてしまいます。

劇場版の方では激しくトランクスが切りかかり、それを人造人間13号がこれまた腕でガードした際に剣が折れました。

そして不思議な事に13号を倒した後は何事も無かったかのようにトランクスの背中に収まっていました笑

剣の柄だけを鞘の中に入れていて後で直すのかも…そうすると先端の方はどこに保管してあるんだ…と考えてしまいますが、これは劇場版特有のパラレルワールドということで気にしてはいけません。

きっとササッと直したのでしょう笑

2度目の時は合体ザマスに切りかかった際に片手で真剣白刃取りの様な感じでガードされ、そのままキレイにバキッと折られてその後反撃を食らい、折られた剣は投げ出されてしまいました。

激しい戦いだったのでそのまま剣が失われたと思いましたが、次の回でマキという可愛らしい女の子が折れたトランクスの剣(柄の方)を大事そうに抱えて登場しました。

それをマイがトランクスに渡しに行き、御守りの代わりするのかと思いきや、トランクスがその折れた剣に気を込めるとなんと光り輝く剣の形に!

これを見て思ったのがこれがトランクスの剣の最終形態なのではという事。

  • トランクスの皆を、世界を守るという強い決意
  • そしてそのトランクスを支える仲間の達の強い想い

それが折れた剣に宿り神々しく光る剣の形を形成しました!

まさしく「伝説の勇者タピオンの剣」が「伝説の勇者トランクスの剣」になった瞬間!

これは紛れもなく、トランクスがこの剣をさらに昇華させた事の現れでしょう。

伝説の剣なのによく折れると話題に上がって来たこの剣ですが、これこそが「伝説の勇者の剣の真の姿」だったに違いありません!

トランクスの戦闘力推移!初登場の人造人間編フリーザ戦から超での未来編ザマス戦までを考察!

次はトランクスの強さや戦闘力についてみてみましょう!

◇トランクスの戦闘力!初登場時のフリーザ戦

トランクスが初登場したのは悟空とフリーザのナメック星での死闘から約1年後、フリーザが悟空に復讐する為に地球にやって来た時です。

謎の戦士として登場したトランクスは、あのフリーザを一瞬で切り刻み気功波で跡形も無く消滅させ、その父親のコルド大王も一瞬で葬り去った衝撃的な登場でしたよね。

その時のトランクスの戦闘力がどれくらいだったのか?ですが、これは個人的な見解も踏まえて言うと大体1億5000万~から1億8000万程度かな?と言ったところ。

ナメック星でのスーパーサイヤ人になった悟空の戦闘力が1億5000万、対するフリーザが1億2000万と言われているのですが、そこから1年経った悟空がスーパーサイヤ人を自分のモノにしていた所から見ると2億くらいはいっていたのではという推測が出来、このトランクスはその悟空よりも同等かちょっとした位と想定した数値となっています。

戦闘力に関してはこの辺りから数値化不可能ですが、このトランクス初登場時点ではベジータがまだスーパーサイヤ人になれていないところを見ると、1年という月日は結構時間的に空いていますが、そこまで大きな戦闘力の上昇は無かったと思われます。

◇トランクスの戦闘力!人造人間セル戦

人造人間セル編の話がいよいよ本格的に動き出した時のトランクスの戦闘力を見ていきましょう。

トランクスがフリーザを倒してから3年後となる人造人間セル編は各々がその時間を有効活用し戦闘力が格段に上がって行きました。

再び悟空達のいる世界へ来たトランクスでしたが人造人間17号、18号に手も足も出ない状況で、ほぼほぼ戦力外でした。

しかし、精神と時の部屋に2日間入ることで2年間の修行を経たトランクスはスーパーサイヤ人を超えた戦闘力を手に入れ、手も足も出なかった人造人間17号、18号よりも格段に強くなり、17号を吸収したセル第二形態よりも強い戦闘力となりました。

ところがセルを超えた力を手にしたのも束の間、その後すぐに完全体となったセルに成す術ナシ!しかもそれ以上の戦闘力向上は望めず完全に頭打ちになってしまいました。

(精神と時の部屋には一生で48時間、2年分しか入っていられない)

この人造人間セル編の最終的なトランクスの戦闘力は

  • 真の力に目覚めた悟飯(スーパーサイヤ人2)
  • 完全体(パーフェクト)セル

ここからは相当な差

  • 完全体セル
  • 孫悟空
  • セルジュニア
  • ベジータ・トランクス・孫悟空(体力消耗状態)  ←  ココ!!
  • 孫悟飯
  • 第二形態セル
  • 人造人間16号
  • 以下省略

となっていて、未来から助けを求めてやって来ただけのことはあるなと言った印象…。

トランクスファンには申し訳ないのですがこれが現実です…ツライ。

ただ個人的には精神と時の部屋にいた2年間でロン毛になったトランクスが、スーパーサイヤ人になるとめちゃくちゃカッコ良くて大好きなんですよね~!

気合を込めると結んでた髪が「ボンッ!」っと広がってイイんだよなー!!

この人造人間セル編の戦闘力は「セルの名言集まとめ」で詳しく書いてありますので、そちらも是非チェックして下さい!

◇子供トランクスの戦闘力!魔人ブウ戦

お次は魔人ブウ編でのトランクスの戦闘力ですが、この魔人ブウ編は未来から来た「青年のトランクス」ではなく、セル編で生まれたばかりだった現代のトランクスが成長した「少年トランクス」の戦闘力になります。

この少年トランクスはこの時8歳。

かつてラディッツが悟飯に大ダメージを食らった事をスカウターを通して聞いていたベジータは「サイヤ人と地球人との混血は強いらしい」と言っていた通り、このトランクスもベジータとブルマの子供なだけ合って8歳の時点で既にスーパーサイヤ人になれていました。

セル編で悟飯がスーパーサイヤ人になった時は10歳ですから、それよりも早く、そして簡単にスーパーサイヤ人になれているので、さすがサイヤ人の王子の息子ですね。

この時のトランクスの戦闘力はというと、悟天と一緒に変装して出た天下一武道会大人の部の決勝で18号と戦っているシーンがあるのですが、その時で大体18号と互角程度。

単体で戦えば18号が勝つと思いますが、それでもセル編でスーパーサイヤ人になった時のベジータ位は間違いなくあったでしょう。

天下一武道会の前にはベジータと一緒に重力部屋で150倍の重力でも動け、スーパーサイヤ人になると重力なんて感じない!って感じでピョンピョンと走り回っていましたから。

そこから精神と時の部屋で修行したトランクスでしたが、スーパーサイヤ人2になった描写もなく、この修行の後すぐにフュージョンでゴテンクスになったので最終的な個人の戦闘力は不明ですが、持って生まれた才能のおかげでスーパーサイヤ人2の一歩手前位までは行っていても不思議ではありません。

そして悟天と合体したゴテンクスでは、なんとスーパーサイヤ人3にまでなり、ベジット、悟飯、悟空に次ぐZ戦士原作ベスト4の戦闘力を誇りました。

◇トランクスの戦闘力!未来編ザマス戦

未来のトランクスの戦闘力はセル編での方で説明しましたが、ドラゴンボール超で再び登場したトランクスはさらに強い戦闘力を持っていました。

セル編でセル第二形態以上の強さを持って未来へと帰っていったトランクスは、礼儀正しく言葉遣いも丁寧な好青年で悟空やベジータみたいにあまり戦闘を好みません。

持ち前の正義感で悪と戦っている内に強くなっていったというのが正しいでしょう。

平和になった世界で穏やかに暮らしていたトランクスでしたが、界王神に師事仰ぎ、未来世界でしっかりと未然にバビディとダーブラを倒し魔人ブウの出現を阻止していました。

人造人間の強さは現代と未来とでは違っていたので未来世界のダーブラがどの程度の戦闘力かは不明ですが、現代に現れたダーブラの強さは完全体のセル程度とされていたので、未来世界のトランクスはセル以上の強さまで成長していたと考えられます。

最初はスーパーサイヤ人ブルーの存在に気圧されていたトランクスでしたが、スーパーサイヤ人からさらに怒りをきっかけに変身した新たな姿となりました。

スーパーサイヤ人の金色のオーラの内側に、青く輝く別のオーラを纏い、その目はブロリーの様に白眼となった他の誰とも違う姿。

怒りがきっかけになって目覚めたこの状態は我を忘れて戦うのかと思いきや、世界を守るという強い意識から正気を保ち、この力を完全に自分のモノとしました。

この姿の戦闘力はスーパーサイヤ人ブルーに引けを取らないくらい強く、ブルーになってはいないものの、悟空達と一緒にゴクウブラックやザマスと戦っている内にその神の気に触れ、その影響を受けたのではと言われてます。

◇スーパーサイヤ人トランクス!大人と子供それぞれの戦闘力

ドラゴンボールに登場したそれぞれのトランクスの戦闘力について紹介していきましたが、

未来のトランクスの方がやはり数々の修羅場を潜り抜けている事もあり、やはりドラゴンボール超でのトランクスが段違いに強いことがわかりましたね。

でも実は少年のトランクスと大人のトランクスを比べて見ると実は戦闘力(潜在能力)が違っていて、現代の少年トランクスの方が才能という点では恵まれています。

少年トランクスがスーパーサイヤ人に目覚めたのは8歳ですが、未来のトランクスが目覚めたのは13歳か14歳頃とされています。そこから考えると現代の少年トランクスの方がトレーニングをストイックに続けていたらきっともの凄い事になっていたでしょう。

しかし現代のトランクスは、悟空達が強敵達を倒した平和な世界で過ごしているので、原作最後に登場した大人になる頃にはすっかりと体が鈍っていました。

対する未来のトランクスは上で説明した様にセル編以降も気を抜かず世界を守り、ドラゴンボール超ではブルーに匹敵する力を持つようになりました。

これは昔話でいう所のウサギとカメみたいな感じですよね。

努力に勝る天才はいないと言われているように、強くなるには地道な努力をコツコツと積み上げていくことが大事という事を伝えるメッセージにも受け取れます。

ドラゴンボールの世界と違って私たちは格闘技の選手ではない限り誰かと戦う事はまずないですが、その代わりに社会という強大な敵と戦っている人は大勢いると思うので、それぞれがそれぞれの敵を倒せるようにトランクスを見習って日々精進していきましょう!!笑

トランクスとベジータの別れで初めて息子を抱きしめる!おんぶする場面や実は親子愛が強い?それぞれ何話?

https://twitter.com/kalc_kaeruchan_/status/853549440585523200

過去にベジータは「死んでいった親や仲間たちの事などどうでもいい」と言っていましたが、不器用ながら家族想いの良い父親で、厳しいながらトランクスとの心温まるシーンもあり思わずホッコリ。

トランクスとベジータの親子愛が分かるシーンを振り返っていきます!

◇名シーン!トランクスとベジータの別れが感動的!初めて抱きしめてもらうチビトランクス

トランクスがベジータに抱きしめてもらうシーンは魔人ブウ編で登場しました。

魔人ブウ編でベジータは悟空と戦う為にわざとバビディに支配され、その為多くの人々を巻き込み犠牲を沢山だしてしまったその償いとして、その身を犠牲にして魔人ブウに立ち向かいました。

その時にベジータが

「トランクス………お前は赤ん坊の頃から一度も抱いてやったことが無かったな……」

と言ってトランクスを抱き寄せる超有名で思わずジーンとしてしまう感動の、そして切ないシーンはとても有名ですよね。

「なっなんだよパパ…!やめてよ恥ずかしいよ………!!」

と言って照れるトランクスでしたが、このベジータの行動に少し変な気がしつつ、何が何だか分からないと言った感じ。

ピッコロを含め、見ているこちらにはこの時のベジータの心境が分かりなんとも言えない気持ちになりました。

自分にも他人にも厳しいベジータでしたが、このトランクスを想う確かな親としての気持ちにグッ来た人は大勢いたはず。

セル編で青年トランクスにはかなり厳しく冷たい態度を取っていたベジータでしたが、この頃からベジータの中で感情を表に出すのが自然と嫌ではなくなっていったような、重要なシーンとなっています。

やはり親にとって子供は偉大な存在です!

トランクス!お前は幸せ者だよ!

◇トランクスが父ベジータにおんぶしてもらう場面はどんな話で何話?

今では親子愛が深くて有名なベジータ一家ですが、トランクスが生まれた頃は地球に慣れてきていたとは言え、まだまだとんがっていた孤高の存在だったので、原作では先ほど紹介したトランクスを抱き寄せるシーン位しかありませんでした。

しかし魔人ブウ編の途中で公開された映画【劇場版ドラゴンボールZ「超戦士撃破!!勝つのはオレだ」】のエンディングで、赤ちゃんのトランクスをおんぶするベジータが登場します。エンディングテーマが流れているのでセリフはありませんが、笑顔のブルマが泣いている赤ちゃんトランクスをベジータにおんぶさせていて、幸せな家庭なのが見て取れるとても心温まるシーンとなっています。

ブルマはとても楽しそうですが、明らかにベジータは戸惑っている様子で、セリフはありませんが「な、泣くな!」とか「どうしていいか分からんぞ!」と言っている雰囲気がたまりません!笑

◇トランクスがベジータに遊園地へ連れて行ってもらった経緯!その場面は何話?

魔人ブウ編で少年トランクスが初めてベジータの前でスーパーサイヤ人になった時に、「オレの顔面に一撃だけでも食らわせられたら遊園地に連れてってやるぞ」とベジータに言われるシーンがあります。

トランクスは「ホント!?」と言って本気で挑みますが撃沈。

しかしベジータの想像以上にトランクスは強く、ベジータの頬をトランクスのパンチがカスってはいたので、しっかりとした一撃では無かったものの、ベジータは遊園地に連れて行くことをトランクスと約束しました。

その事をベジータはしっかりと覚えていたようで、魔人ブウを倒し平和となった【ドラゴンボール超の第2話「約束のリゾートへ!ベジータが家族旅行!?」】でついに約束を果たしました。

約束の遊園地ではなかったのですが、それ以上の豪華リゾート旅行!

観光をしたり、買い物をしたり、レストランで食事をしたりとかなり満喫していて、トランクスはもちろんブルマもそんな父親らしいベジータを見て喜んでいました。

途中でリゾート地の雰囲気に耐えられなくなりベジータは飛び去ってしまいましたが、さすがベジータをよく分かっている2人は、勝手に飛び去ったベジータを怒りもせず、むしろトランクスなんて「パパーーーー!楽しかったよーー!!ありがとーーーーー!!」と手を振ってました笑

普通なら1泊もせずに怒ってどこかに行ってしまうなんてありえませんが、この家族はこの形でもいいのでしょう笑

むしろお互いの性格を分かって尊重し合えている素晴らしい家族ですよね!

トランクスの声優は誰?変わった?幼少期の子供と青年期の大人の声優は同じなのか疑問を解消!

トランクスは少年のトランクスと大人のトランクスが登場しますが、声優は大人と子供両方同じ人なのかどうか気になりますよね。

悟空・悟飯・悟天は全て子供、大人時代問わず野沢雅子さんが演じているので、もしかしてトランクスも?という疑問を解消すべくトランクスの声優について調べていきましょう。

  • 名前:草尾 毅(くさお たけし)
  • 生年月日:1965年11月20日
  • 血液型:B型
  • 所属:青二プロダクション

代表作品

  • ドラゴンボール(トランクス・ピゲロ・ウパ他)
  • 新機動戦記ガンダムW(ミュラー)
  • NINKU(麒麟)
  • ONE PIECE(ゴール・D・ロジャー〈若い頃〉他)
  • SLAM DUNK(桜木花道)
  • ケロロ軍曹(ドロロ兵長他)
  • その他多数

トランクスの声優はスラムダンクの主人公の桜木花道でも有名な草尾毅さんです。

なんと驚いたことに、少年トランクスも大人のトランクスもこの草尾さんが演じています!

聞き比べてみると少年トランクスと大人のトランクスは「声変わりした子供の様にだいぶ印象が変わった」、「もはや別人レベル」と言うくらいの声の印象が違うので、実は同じ人が演じていると知っている人は意外と少ないはず。

最初に登場した大人のトランクスを演じていた草尾さんは、その後の魔人ブウ編で少年のトランクスを演じる事になった際に不安を抱いていたようでしたが、一緒に収録していた野沢雅子さんの悟空達3役の演じ分けを見てとても勉強になったそう。

その上ファンの間ではドラゴンボールZでの大人と子供のトランクスの演じ分けはもちろん、ドラゴンボールGTでのトランクスとも演じ分けていて凄いと大評判。

そりゃそうですよね、経歴から見ても分かる通りかなりの実力派の声優さんですからね!いや~同じ草尾さんが演じていると知っていても、やっぱり聞き返してみても全然同じ人が演じているなんて信じられません笑

可愛い無邪気な子供の印象のトランクス、礼儀正しい好青年のトランクス。ふむふむ。ほうほう。うん!何度聞き比べてもやっぱり別々の人が演じているようにしか思えません!この演技力、脱帽です!

UNEXTなら今現在、シリーズほぼ全て見れちゃいますよ〜詳しくはここ!

参考⇒アニメならUNEXT!悟空が少年時代のドラゴンボール、ドラゴンボールZと改、超も全て見放題(2020年2月現在)

トランクスというキャラの個人的感想

トランクスはその過酷な運命の中、何度も絶望にさらされながらもひたすらに前を向き、平和な世界をこの手で掴むために突き進んで行ったスーパーヒーローでしたね。

人造人間セル編での未来世界の状況だけでも地獄の様な光景でしたが、まさか再び未来世界がセル編よりも過酷な状況になっていたとは驚きです。

ゴクウブラックという強大な敵の前に生き残った人々もごくわずか…。

未来のトランクスは自分が強くなくても、世界に訪れる脅威から世界が守られればいいという考えからベジータに幾度となく不甲斐ないと怒られますが、トランクスの強さはこの自分の弱さを認める事、そして助けを求められる事です。

自分の弱さ、弱点をしっかりと認めることは意外と難しく、ドラゴンボールの世界に限らず、自分たちに置き換えて見るとトランクスの名言にはかなりハッとさせられる事は多い気がします。

勝手な解釈かもしれませんが「助け合って生きる!それがオレ達人間だ!」というのはトランクスから私たちへのメッセージかもしれません。

トランクスは自分が言う程実際弱いわけではなく、逆にZ戦士の中では強い部類に入るのですが、そのトランクスがこうして自部の弱さを認められるというのが非常に意味があるんですよね。会社員の話で「上司がよく自分の失敗を部下のせいにする」なんて話はよく聞きますからね。

この記事を読んだ人の中でこんな上司が会社にいたら迷わず【ドラゴンボール超ゴクウブラック編】を見せてあげて理想の上司、人間像がなんたるかを勉強して欲しいもんです笑

そんなカッコイイトランクスでしたが、現代の少年トランクスは青年トランクスとは反対にとても無邪気で可愛らしい言動が数多くありましたね。

青年トランクスからは想像できないような悪知恵が働く子供っぽいトランクスも見どころ満載です。個人的には名言で紹介した「み……み……見ない方が良い……た…頼む…みんなには内緒な…」という所が大好きですね笑

子供の「ふざけ過ぎてしまった…」感があってホッコリします。

最初はまだまだ子供だなと思っていた少年トランクスでしたが、魔人ブウでの戦いを経て次第に逞しくなっていく姿に感動しました。と言ってもまだまだ子供ですが笑

トランクスまとめ

これまでトランクスについて沢山紹介してきましたが、ここでは語りつくせないくらいまだまだトランクスの見どころはあります!

特に最近まで放送されていたドラゴンボール超のゴクウブラック編はセル編以上のハラハラドキドキなので是非とも見てもらいたい所!

他には…やはりセル編も見てもらいたい!いやいや、やっぱり魔人ブウ編も全部見てもらいたいので是非とも皆さんもう一度トランクスの活躍を見る為に最初から振り返っちゃって下さい!!

トランクスの初登場が人造人間セル編

その後のブウ編で少年トランクスの活躍

さらにその後に超でも少年トランクスはちょいちょい出現します。

そんなトランクスの活躍を見るならイーブックジャパンの電子書籍がおすすめ!その中でもカラー版が個人的にはめっちゃみやすくて最高ですよ〜

参考⇒イーブックジャパンでドラゴンボールカラー版の冒頭部分を今すぐチェックする

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です