DBの総合情報サイト

ドラゴンボール超|クランベリ名言セリフ!元フリーザ軍下っ端兵士の上級兵士がマニアック!

WRITER
 
2021年7月21日発売Vジャンプのドラゴンボール超74話最新話ネタバレ感想

最新話はこちらです


ネタバレ感想⇒ドラゴンボール超74話

注目
ドラゴンボールプレスはあなたのドラゴンボールライフを間違いなく充実させる自信があります。名言・疑問・映画・アニメ・道具など幅広くドラゴンボール愛53万以上あるスタッフが日々コンテンツ制作に全力を注いでます。 トップページのお気に入りブックマーク推奨です

ドラゴンボールプレストップページ

2021年7月21日発売Vジャンプのドラゴンボール超74話最新話ネタバレ感想

最新話はこちらです


ネタバレ感想⇒ドラゴンボール超74話

注目
ドラゴンボールプレスはあなたのドラゴンボールライフを間違いなく充実させる自信があります。名言・疑問・映画・アニメ・道具など幅広くドラゴンボール愛53万以上あるスタッフが日々コンテンツ制作に全力を注いでます。 トップページのお気に入りブックマーク推奨です

ドラゴンボールプレストップページ

この記事を書いている人 - WRITER -

あなたはクランベリという雑魚なのに名前があるキャラにドラゴンボール物語の伏線としてうまく結びついてる流れを知っていますか?分かるあなたは超ドラゴンボール好きです!

クランベリの初登場はフリーザ編です

フリーザはベジータとナッパの会話から何でも願いの叶うドラゴンボールというの存在を知り、ナメック星へ大勢の部下を率いて向かうのですがその探索部隊の一人として選ばれたのがクランベリです。

見た目は地球人のような人間タイプで、空は飛べるものの手に武器を付けていることからエネルギー弾の類は使えないと思われます。そんなフリーザ軍の下っ端であったクランベリですが、ドラゴンボール超にて、めでたく再登場を果たしました。

人気があったというよりは「ストーリー上必要だったから」という理由が濃厚ですね。

名前も公式発表されたということでクランベリについてキャラの背景が分かるようなセリフから銀河パトロール囚人編で登場した経緯、そして当時のラディッツやナッパとクランベリの戦闘力を比較し考察しました

私はほとんどの人が印象に残ってないと確信してます。この記事を読めばあなたはクランベリというマニアックキャラの魅力を知れて、もう一度読みたくなる事間違いなしです!

強敵ラスボス感満載な星喰いモロの濃厚な記事はこちら

クランベリの名言セリフまとめ!

「さっさとでるんだ!!死にたくなかったらな!!」

記念すべき第一声です。デンデのいた村を襲った時に村人の誘導をしており、数いるフリーザ軍兵士の中でもわりとセリフがある立ち位置です。

(ドラゴンボール21巻251話)

「あ・・・あいつ銀河パトロールになったんだ・・・」

ベジータがモロと戦っている時、胸の銀河パトロールのマークを見て言ったセリフ。フリーザ軍にいたころからベジータの事は知っていたようで、格段に強くなったことにも言及していました。ただベジータはクランベリのことは知らないでしょうが。

同じフリーザ軍にいたのに全く違う状況にいることにとまどっているような感じですね。

(ドラゴンボール超9巻44話)

「二度と捕まってたまるか・・・!」「今のうちに逃げちまおう・・・!」

モロがベジータに押されていて、それを見て逃げる時のセリフ。こそこそとドラゴンボールで願いを叶えようとしたり、なかなかの小者感があります。

捕まるのが嫌なら、いっそのことモロの情報であったり、フリーザ軍の技術を提供する代わりに銀河パトロールに入隊するのも選択肢の1つとしてアリでは?

そういった司法取引ができるかどうかは分かりませんが、ここからまっとうな人生を歩むこともできたのではないかと考えると残念ですね。

(ドラゴンボール超10巻45話)

「こう見えても元フリーザ軍の上級兵士だ」「ナメックの若造とじじい程度には負けないぞ・・・」

エスカを連れていたナメック星人2人を倒した時のセリフ。

ここで初めてクランベリが上級兵士だったことが分かります。戦闘タイプではないナメック星人2人にギリギリ勝てるレベルなんですね。その2人が同化していたら負けていたかもしれません。

ただ、未だにフリーザ軍から支給されたビームガンやスカウターを手放せないところが上級とは思えない原因でもあるんです。格闘自体がそこそこ強いのでしょうか?

(ドラゴンボール超10巻48話)

「オレをフリーザ軍も銀河パトロールも・・・そしてモロさんにも見つからない辺境の星に・・・」

やっと願いを叶えられるところまで来たのに、モロにやられてしまいました。せっかく傷を治してもらい全回復したのに残念でしたね。しかし、銀河パトロールの管轄でないアウトローな宇宙というのは大変危険な気がします。

クランベリがそんなところで1人で生き抜けるのでしょうか?フリーザが復活しているのを知っていたかどうかは分かりませんが、フリーザ軍にいた方がよっぽど安全に生きられると思うのですが・・・。

ところで、クランベリは願いを叶える時にヘルメットを通じてエスカに願いを言わせています。

この技術があればフリーザもナメック星人を1人生け捕りにしておけば、もっとスムーズに願いに近づけたと思うのですが、どうなのでしょう??

(ドラゴンボール超10巻48話)

クランベリの初登場はフリーザ編でザーボンに蹴り飛ばされ近くの海に落ちる

初登場はコミックス第21巻の其之二百四十七です。

登場時からナメック星人を家から連れ出したりと率先して行動していたクランベリ。後に弱い者には横柄な態度を取り、強い者にはヘコヘコするタイプだと分かります。

相手の戦闘力が1000程度と思っていたら3000に増えていたために返り討ちにあいました。それどころか、運悪くザーボンのところに跳ばされたために蹴り殺され、海に落ちてしまいます。

このなんでもない雑魚一掃のシーンから超で再登場する繋ぎ方が非常に素晴らしいですね。確かに死んだ理由がザーボンならば生き返っても不思議ではありません。そんなところまで見逃さないポルンガ、さすがです。

あのままナメック星人にやられていたら生き返れない→モロもドラゴンボールを知らない→悟空がメルスに会ったり、ベジータがヤードラットにいくこともない・・・と考えると正にバタフライエフェクトです。

海に落ちて溺死でなかったのも大きいですね。ザーボンの蹴りで即死だったということです。

クランベリが銀河パトロール囚人編で登場した経緯は?地球のドラゴンボールで生き返ってた!?

名前が付いて登場したクランベリですが、彼の登場からの経緯をまとめてみました。

エイジ762年
惑星フリーザNo.79でナメック星でのドラゴンボール探索のため収集される
ザーボンに蹴り殺されるが、ドラゴンボールにより生き返り、単独でナメック星を脱出
身を隠した生活を送るが、銀河パトロールに捕まり銀河刑務所へ収監される
エイジ780年
モロと共に銀河刑務所を脱獄
ナメック星にてドラゴンボールを集めポルンガを呼び出すもモロに殺される

雑魚扱いだったクランベリがザーボンに殺されたおかげで生き返ることが出来たのは幸運でした。その後の「悟空とフリーザ以外を地球にワープ」の願いで地球に来ていないことから、生き返ってすぐにナメック星を脱出したものと思われます。

生き返って地球にワープまで少しの時間しかありませんので、リモコンで一番近くの宇宙ポッドがベジータの物でそれを呼んだのではないかと思われます。各々の専用ではなく共用だったんですね。

ブルマたちが最初に降り立った場所のわりと近くにベジータとキュイの宇宙船が着陸しています。宇宙船を壊されたブルマたちは隠れ家の洞窟まで移動しますが、歩いて移動しているのでそんなに離れてはいないはず。

ブルマが息切れしていることから、急ぎ足で1時間程度の距離ではないでしょうか?ウィキペディアによると早歩きは時速5~6kmとのこと。乗ってきた宇宙船から次の隠れ家の洞窟までが6kmあるとして、そこから14km離れたところにデンデの村があります。そこがクランベリが死んだ場所になります。

と考えると、デンデの村からベジータの宇宙ポッドまでも20kmほどの距離と考えられます。

ブルマが隠れている洞窟から最長老の家までパワーアップしたクリリンが飛んで数時間もかかると考えると20kmは非常に近く、クランベリが乗って脱出するのに使ったベジータの宇宙ポッドはやはり最適なものだったと考えられますね。

しかし身を隠して生きてきたということでそんな大きな犯罪を犯したとは思えないのですが、結構長い間刑務所に収監されていたんですね。

ドラゴンボールを集めるため刑務所で協力者を探した結果、一番力を持っているモロを協力者にすることで脱獄できました。銀河を牛耳っていたフリーザ軍に属していたということで、刑務所内ではある程度幅をきかせることができたかもしれません。

ドラゴンボールを求めてやっかいな敵を放ったという点ではピラフ一味とピッコロ大魔王の関係に似ていますね。

クランベリの戦闘力はどれくらい?ラディッツやナッパと比べて見た

元フリーザ軍のクランベリ。戦闘力はどの程度なのでしょうか?

ナメック星では戦闘力1000ほどのナメック星人を全く恐れず相手にしようとしていましたが、戦闘力が3000に上がって一撃でやられました。もっともその直後のザーボンの蹴りが致命傷となりましたが。

単純に考えると1000には勝てるが3000には負けるということで戦闘力2000程度かなと思われます。

ただ、ナメック星にやってきたブルマ、クリリン、悟飯を偵察にきたフリーザ兵士2人は戦闘力1500のクリリンと悟飯に簡単にやられてしまいます。この偵察組2人が弱かったとも考えられますが、平均するとナメック星に来ていたフリーザ軍兵士は1300程度じゃないでしょうか。

ナメック星人3人が村に帰ってきた時、ドドリアがスカウターの反応を見て「強い戦闘力・・・!?」と言っていました。直後の計測値が1000だったことから、フリーザ軍では1000辺りから強いとされているのでしょう。

実際、『ドラゴンボール超 ブロリー』ではフリーザ軍再生のために最低でも戦闘力1000の戦闘員を集めています。自ら上級兵士と名乗っていましたが、あながち間違いではなかったようです。

上級兵士ということでドラゴンボールを集める極秘任務に選ばれたクランベリですが、サイヤ人であるラディッツやナッパと比べればやはり弱く、産地が地球のサイバイマン(戦闘力1200)と同レベルかと思います。

まとめ

フリーザ軍の生き残り、クランベリについて考察してみました。名前もなかった雑魚がここまで再び取り上げられるのも珍しいですが、ドラゴンボール超において非常に重要なキーパーソンにまで上り詰めたのは喜ばしいことです。

クランベリはドラゴンボールのコミックス第21巻の其之二百四十七~コミックス第22巻の二百五十三、ドラゴンボール超のコミックス第9巻の其之四十四~第10巻の其之四十八まで登場しています。

もうさすがに再登場はないとは思いますが、銀河パトロール囚人編がアニメ化されれば是非もっと知らていないエピソードがでてくることを願います。

クランベリが本格的に出てくるエピソードはドラゴンボール超9巻の43話の銀河パトロール脱獄編から!

例えば楽天ならクーポンがすでに届いてる可能性があるので、1度確認してみてはいかがでしょうか。
合わせて読みたい
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です