DBの総合情報サイト

悟空の家があったパオズ山とは?名前の由来やモデルはある?清流は穏やかというセリフで再注目

WRITER
 
<2020年12月最新情報>

「スーパーサイヤ人ブルー孫悟空のフィギュアが欲しいけど、今はゲーセンに行けない…。」と、今年はゲームセンターに行くのが難しい環境ですよね。しかし、今ならスマホでクレーンゲームができるアプリ「クレーンゲームマスター」があるんです。

インストールが初めてなら無料で3回クレーンゲームが遊べちゃうので、試しに3回だけやってみてください。また、外出せずにドラゴンボール超のフィギュアのレア商品を自宅でゲットできる可能性もあり、今ならスーパーサイヤ人ブルー孫悟空が当たります。

個人情報の入力もほぼなく、気軽に無料で3回=300円分をプレイして、ドラゴンボール超のフィギュアをゲットしましょう♩

<2020年12月最新情報>

「スーパーサイヤ人ブルー孫悟空のフィギュアが欲しいけど、今はゲーセンに行けない…。」と、今年はゲームセンターに行くのが難しい環境ですよね。しかし、今ならスマホでクレーンゲームができるアプリ「クレーンゲームマスター」があるんです。

インストールが初めてなら無料で3回クレーンゲームが遊べちゃうので、試しに3回だけやってみてください。また、外出せずにドラゴンボール超のフィギュアのレア商品を自宅でゲットできる可能性もあり、今ならスーパーサイヤ人ブルー孫悟空が当たります。

個人情報の入力もほぼなく、気軽に無料で3回=300円分をプレイして、ドラゴンボール超のフィギュアをゲットしましょう♩

この記事を書いている人 - WRITER -

さて今回は悟空の住んでいたパオズ山についてご紹介していきたいと思います。

「むかしむかいのこと都から数千公理(キロ)も彼方のある山奥…」でドラゴンボールは連載スタートしましたよね。(えっ?覚えてない?そんな~!!…ってこともありそうですけど)(笑)

中国を思わせる山、川、そして崖や滝。

尻尾の生えたヤンチャな少年孫悟空が所狭しと駆け巡っていた、そしてブルマと運命の出会いをしたあの場所がパオズ山です。

ドラゴンボール伝説の始まった大切な場所のはずが、原作では最初以外ではほとんど出てこないので影の薄い不遇の土地…。

始まりの土地であり主人公の住んでいた土地なのに、今ではすっかり人も集まり易い立地に位置し、美味しい食べ物も出てくるブルマの住む豪邸…カプセルコーポレーションに主役の座を奪われ…ぐぬぬ!という声が聞こえてきそうなパオズ山。

しかし、パオズ山は“心頭滅却すれば火もまた涼し”!どんなことでも揺らがぬ穏やかさが最大の特徴のパオズ山。そんなパオズ山がどんな場所か詳しく調査していきましょう!

それではレッツ!トライ!トライ!トライ!大冒険!の始まり始まり~~!

そして今でも続いてるドラゴンボール超での悟空のセリフ「清流は穏やか」でパオズ山が改めて気になった人もいると思いますが、ドラゴンボールの続編のドラゴンボール超は現在も継続してます!

もし、あなたがドラゴンボール全巻を全て読んでいて「ドラゴンボール超を読んでみたいけど、面白いの?」と読み始めるのが不安なら、まずはドラゴンボール超の1巻を無料で試し読みしてみましょう!

参考⇒ドラゴンボール超の1巻を無料で試し読みするならこちら!

パオズ山とは?名前の由来やモデルになった山について

パオズ山とは?

原作では「都から数千公理(キロ)も彼方の山奥」とだけ出てきましたが、孫悟空が育ての親の孫悟飯と暮らしていた山がパオズ山です。

中国を思わせる風景、その大自然の中で悟空は1人たくましく狩りをしながら暮らしていました。

悟空が超巨大なピラニアみたいな魚を仕留めていたり、「クマはこの前食ったしなぁ…トラでも出ないかなー」とつぶやきながら食事を探すシーンから、かなりの山奥である事が伺えます。

……悟空がクマも食べるしトラも食べるというのはここではあえてスルーします(笑)

他にも当たり前の様に丸焼きでオオカミやムカデも食べていますしね。

ちなみに現在悟空がチチと暮らしている場所もパオズ山です。孫悟飯(育ての親)の家の近くに家を構えてそこに住んでいます。

悟空はやっぱり大好きなじっちゃんと過ごしたパオズ山が1番落ち着くんでしょう!

悟空には仕事しろ!悟飯には勉強しろ!と何かと厳しいチチ(仕事は当たり前ですけど)ですが、こーんな山奥でも嫁いで来てくれるなんてめっちゃ良い奥さんですよね!

パオズ山の名前の由来は?モデルはどこ?

パオズ山の名前の由来ってなんだろな?と思って調べてみたら、パオズというのは「中華料理の点心に分類される中華まんのようなもの」だそうです。

肉まん、餃子、シュウマイ、ワンタンなどの仲間って感じですかね。

ちなみに漢字では「包子」と書くようで、悟空の故郷を狙って名付けたのか不明ですが、包み込む安心感は故郷にピッタリなネーミングで、パオズの意味を知った時は「あぁ!なるほどなぁ」と思いました。

大冒険を繰り広げた疲れ、、強敵達との戦いのキズを癒す場所。

それがパオズ山!

本当にアニメ版から名付けられたと思えませんね!

そんなパオズ山のモデルとなった場所は中国にある「桂林(けいりん)」という場所らしく、写真を見ると本物の“パオズ山”!

丸みのある山、そして大きな川!

死ぬまでには1度観に行きたいなぁ~!

この景色はドラゴンボールファンでなくても惹かれる良さがあるんですよね~!

実写版パオズ山はドラゴンボールファンなら尚更惹かれちゃいます!」

パオズ山は草津にもある?草津にあるのは豚まんの専門店!

パオズ山を調べている内に非常に興味深い情報をゲットしました。

なんと“日本の草津にもパオズ山がある”と…!!

中国はちょっと遠いけど、日本国内なら行けるぞ!

そう思ってさらに調べてみると、日本にあるパオズ山は、草津市に出来た「豚まん専門店“ぱおず山”」のことでした(笑)

2019年10月5日にオープンしたばかりのお店ですが、化学調味料無添加のこだわりの材料を使った豚まんは美味しいとすでに評判になっているようです。

中国の桂林もこの目で見てみたいし、ぱおず山の豚まんも食べてみたい!

近くに住んでいる人がうらやましい!

このぱおず山の豚まんは皮がモッチモチなのが特徴でとっても美味しそう!

しかも遠くのお客さんの為にチルドでも取り扱ってるそうなので、お土産にも良さそうです!

ところで豚まん専門店のぱおず山…絶対ドラゴンボール大好きですよね?(笑)

いつか行けたら店員さんに聞いてみたい!(笑)

パオズ山の孫悟空の家から西の都の距離は?近いの?遠いの?

都から数千公理(キロ)も彼方の山奥にあるパオズ山。

かなり遠いのは伝わりますが、実際どのくらい遠いか詳しく考えて見ていきましょう!

と言っても具体的な距離が出てきた事がないので不明なんですよね。

しかし距離を考えるのに良い材料になる情報が【ドラゴンボール第36巻 其之四百二十二「悟飯、とても疲れる」】で発見出来ました!

ドラゴンボールの世界は東エリア、西エリア、南エリア、北エリアに分類されているのですが、パオズ山は東エリアの439地区にあります。

青年悟飯が通う学校があり、ミスターサタンやビーデル達が住むサタンシティも東エリアですが、同じ東エリアにありながらパオズ山とサタンシティの距離は1000キロ以上離れているんだとか!

悟飯は筋斗雲&舞空術でビューーーンと飛んで通っているのでこの距離は苦も無いのでしょうが、この距離はジェットフライヤー(ジェット機?)でも5時間はかかる距離です。

ちょっとイメージ付かないなぁと思って「東京から1000キロ」と調べて見たら、その範囲に驚き!

北は北海道、南は九州までスッポリと入ってしまう広範囲!

田舎の山奥…というより、もはや国外レベルの距離です(笑)

そこから考えると西の都まではさらに遠いので、1200~1500キロはありそうです。

そんな遠く離れた所に住んでいたブルマと悟空の出会いはやっぱり凄い運命ですよね!

パオズ山はドラゴンボールGTでも登場!パンと孫悟空Jrの物語

現在ではZの正式な続編として超シリーズが始まりましたが、リアルタイムではZからGTを最後にシリーズは終了していました。

そのGT放送中にTVスペシャルとして【悟空外伝!勇者の証は四星球】が放送されていたのはご存知でしょうか。

GTの最終回は悟空がシェンロンと一体となりどこかへ消えていく…それはそれは涙なしでは語れない最終回でした(賛否が分かれますが、個人的には今見返してもウルっと来てしまいますね)

このTVスペシャルはその最終回のちょっとだけ前のエピソード。

この悟空外伝はGTの第41話と第42話の間に放送された1時間のスペシャルアニメで、舞台はGTの最終回から100年後の世界で、その頃にはZ戦士達はパン以外存命しているキャラクターはいません。

パンも110歳~111歳の高齢となっていてすっかりおばあさん。

そんなある日パンは突然倒れて病院に搬送されます。

そのパンを助けるべく孫悟空そっくりの“悟空jr”がドラゴンボールを求め、ドラゴンボールがあると言われるパオズ山へと向かう…そんなお話になっています。(ネタバレになっちゃうので導入部分だけのご紹介です)

ちなみに悟空jrは孫の孫のそのまた孫…玄孫(やしゃご)というみたいです。(馴染みが無さ過ぎて読めなかった!!)

  • ドラゴンボールシリーズ最初の土地のパオズ山。
  • ドラゴンボールシリーズ最後の土地もパオズ山。

何か運命的な気がしませんか?

このTVスペシャルの感動のストーリーも見どころですが、パオズ山が舞台となっている物語の背景にも注目して欲しいところ!

ドラゴンボールが消えてしまった世界のはずが、なぜドラゴンボールがパオズ山にあるのか?そしてパオズ山にあるドラゴンボールは…何星球なのか?

是非気になった方はチェックを!と言いたい所なのですが、このTVスペシャルはDVDはDVDボックスの特典でしかなく、結構高額で入手困難…(泣)

しかしご安心を!

現在はU-NEXTという動画配信サービスで見れちゃうんです!DVDが入手困難な今!このサービスを利用するっきゃない!ですよ~!

パオズ山の清流みたいに穏やかだ!という悟空のセリフで再注目!?

孫悟空一家が暮らしている以外出番のないパオズ山(おい!)

特に全宇宙を戦いの舞台を移した超からはさらに少なくなっていましたが、ドラゴンボール超で最強の敵ジレンとの激闘の中、悟空が身勝手の極意を身に付け始めた時に言った

「今オラの心はパオズ山の清流みたいに穏やかだ」

でパオズ山が一気に注目を集めました!

知らない人は「パオズ山って何?今までそんな山出てきた事あるっけ?」

もちろん知っているファンは「ふるさとは心休まるもんな!穏やかさの象徴!」

などなど、反応は様々でした。

頭で考えるよりも先に身体が動く身勝手の極意!…の一歩手前のこのセリフ。(コミック版のドラゴンボール超第13巻で“身勝手の極意 兆(きざし)”と正式名称が判明!)

激しい戦いを繰り広げて来た悟空ですが、やはり故郷のパオズ山はいつでも心の中にあるようです。

そりゃ大好きなじっちゃんと暮らした大切な土地、そして今は愛するチチと可愛い息子の悟天が待っていますもんね!(悟飯は家を出てビーデル達と暮らしています)

大自然の中にあるパオズ山。過酷な自然の中に穏やかな川の流れ。

まるで身勝手の極意そのままです!

このセリフから間もなく悟空は身勝手の極意を体得し、その髪を銀色へと変えたのでした。【ドラゴンボール超第9巻 其之四十一「身勝手の極意」より】

パオズ山まとめ

さて皆さん今回はパオズ山に注目してみましたが如何でしたでしょうか?

振り返ってみるとパオズ山が出てきたのは主にドラゴンボール初期や原点回帰をしたような壮大な冒険劇のGTでしたね。

アニメでのZシリーズや劇場版では、教育ママとなったチチがよく悟飯にお勉強させていたので、“パオズ山”という単語はあまり出なかったものの、登場機会は意外とあったんですよね。

しかしドラゴンボール改では結構な大部分(リアルタイム時代の引き延ばし)がカットされていたので、パオズ山が登場したのは心臓病に侵された悟空が休んでいたシーンくらいでしょうか。

パオズ山について知らなかった人はこの記事を読んでパオズ山に少しでも興味が、そして詳しくなってもらえてたら嬉しいです!

もちろん知っている人も改めて注目してもらえるとさらに嬉しいですね!

それにしても意外だったのは個人的に“豚まん専門店のぱおず山”の存在ですね(笑)

ドラゴンボール好きとしては中国の桂林とぱおず山は行ってみたいなぁ~!

参考⇒ドラゴンボール超の1巻を無料で試し読みするならこちら!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です