DBの総合情報サイト

動画|ドラゴンボールZとびっきりの最強対最強のネタバレ感想|フリーザの兄クウラ登場

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

⇒第7作目「ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空」のネタバレ感想記事はこちら

⇒第9作目「ドラゴンボールZ 激突 100億パワーの戦士たち」のネタバレ感想記事はこちら

ドラゴンボールの中でも人気の高いフリーザ。今回はそ」のフリーザの兄、“クウラ”が登場する劇場版『ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強』についてみていきたいと思います!

今回この映画では、悟空が何度も危機に直面します。“どうなっちゃうの!?”とハラハラドキドキが止まりません!

また、戦うシーンも多く、ピッコロの空中戦なども必見ですよ!

フリーザを倒した後の悟空たちは戦闘力も上がり、悟空は“超サイヤ人”にもなります。この映画が、今の“超サイヤ人”の姿では初の映画となりました。

フリーザより一段階多く変身出来るクウラ。そして、伝説のサイヤ人、“超サイヤ人”になる悟空。

この戦いはどうなるのでしょうか!?

それでは詳しくみていきましょう!!

【動画】ドラゴンボールZとびっきりの最強対最強のネタバレ

悟空たちは皆で山にキャンプに来ていました。

するとそこへ何者かが襲い掛かってきて、クリリンと悟飯がやられてしまいます。川に魚を取りに行っていた悟空も戻ってきて、3人の何者かと戦っていると、もう一人現れました。その姿を見て悟空は驚愕します。フリーザ!?と思った時、悟飯が近づいてきました。

フリーザと思わしき者は、そんな悟飯に向けて目から光線を出します。そこで悟空は悟飯をかばい、背中に光線を浴び大けがをしてしまいます。悟飯と致命傷を負った悟空は洞窟に身を隠しました。

このフリーザと思わしき者は、フリーザの兄の“クウラ”でした。クウラは、フリーザの仇討ではなく、フリーザ一族の汚名を払拭するべく、サイヤ人を皆殺しにするため地球にやってきたのです。

洞窟に身を隠す悟飯たちのもとにクリリンもやってきて、悟飯はカリン塔へ仙豆を取りに行きます。

悟飯は気で悟られないように、ハイヤードラゴンに乗って移動しますが、疲れたハイヤードラゴンに仙豆を食べさせパワーアップしたところをクウラの手下に気付かれてしまいました。

悟飯は戦いますが、3体1でやられてしまい、あわやというところでピッコロが現れ、悟飯を悟空の元へと急がせます。やっとの思いで洞窟に着いた悟飯がクリリンに仙豆を渡そうとした時、手下の一人が仙豆を焼いてしまいました。

クリリンは怒り、戦います。悟空も“これまでか…”と絶望した時に、悟飯はヤジロベーに“これも持って行け”ともらった一粒の仙豆を懐にしまっていたことを思い出します。

その仙豆を食べた悟空は、やられてしまったクリリンや、ピッコロを目にして“オラは地球育ちのサイヤ人だぁ!!”とパワー全開でクウラに向かって行きます。最初は互角に戦っていた悟空ですが、クウラがもう一段階変身をすると、悟空でも敵わなくやられてしまいました。

クウラが悟空目掛けて地球共々破壊しようとした時、悟空はやられた仲間を思い“みんなすまねえ”と言いながら覚醒します。すると悟空は“超サイヤ人”になり、クウラの撃つ気功弾を跳ね返し、そのまま悟空はクウラを太陽まで気功波で押しつけ、クウラを倒しました。

この記事でのネタバレと感想はUNEXTで実際に見て書きました!

現在UNEXTでは全てのドラゴンボールの映画が見れちゃいます。

映画だけじゃなくアニメシリーズも観れるのでお得ですよ〜

参考⇒アニメならUNEXT!悟空が少年時代のドラゴンボール、ドラゴンボールZと改、超も全て見放題(2020年3月現在)

【動画】ドラゴンボールZとびっきりの最強対最強の感想

今回この劇場版『ドラゴンボールZとびっきりの最強対最強』の見どころは、悟空が何度もピンチに陥りながらもクウラを倒すところにあるのではないでしょうか。

“これまでか…!”とハラハラするシーンが多く見られ、映画を観ながら緊張してしまうという場面もありました(笑)

またクウラは、まさかのフリーザの兄だったということもこの作品の最大の魅力だと思います。

フリーザの一族と言ったら、原作とアニメでは未来トランクスが倒したフリーザの『パパ』も登場します。正直、フリーザに、『パパ』や『お兄さん』というイメージはあまり湧かないですね(笑)

ですが、この兄“クウラ”、めちゃくちゃ強いです!あのフリーザよりも一段階多く変身します。

変身後は一回り以上大型化し、目は赤く光り4本の角が生えてきます。そして両肘から突起、戦う時は装甲からマスク状の外殻が現れ、口元を覆いました。この文章を読むだけだと、まるでロボットのようですね。(笑)

しかし、実際はロボットどころか、フリーザ以上のバケモノのような強さです。これには悟空も敵いませんでした。

この時はさすがの悟空でも“これまでか…!”と思わされます。

今回ピンチが多く、何度かヒヤヒヤさせられるシーンが多いことも見どころの一つだと思いました。最初にクウラが現れた時、悟飯に向けて目から光線を出します。

それを悟空はかばって背中に重傷を負いました。2度目のピンチは、悟飯がやっとの思いでカリン塔からもらってきた仙豆を、クウラの手下の一人に焼かれてしまいます。そして3度目のピンチはクウラが変身し、恐ろしいほど強かったことです。

この時悟空は皆を思い、“超サイヤ人”になってクウラを倒すことができましたが、その前に界王拳で挑んでも敵わなかったときは、絶望感で打ちひしがれました。

そして今回、もう一人のヒーローと言っても過言ではないピッコロ。

毎度、定番になりつつある『悟飯のピンチにピッコロあり』、今回も悟飯のピンチに駆けつけました。ピッコロはクウラの手下3人相手に、空中戦を繰り広げます。その姿はとってもカッコイイですよ!

今回、個人的に一番気に入っている場面があります。

それは、悟空が重傷を負って悟飯と洞窟に隠れているときでした。クウラの手下たちは、悟空を見つけるために森を破壊しつくします。そのため、森はめちゃくちゃになってしまいました。

夜、悟空たちを探しにクリリン達が洞窟にやって来るのですが、心配するクリリンに悟空は“オラだいじょうぶだ、それより動物たちを…!”と言います。重傷を負って動けないのに、動物たちなどを心配する悟空は、やはり大きな存在なのだなと心が暖かくなりました。

【動画】ドラゴンボールZとびっきりの最強対最強の作品情報・登場人物

劇場版『ドラゴンボールZとびっきりの最強対最強』にはどんなキャラが登場するでしょうか。またいつ公開された作品なのか、ご紹介したいと思います!

登場キャラ

孫悟空孫悟飯バーダック 野沢雅子
ピッコロ 古川登志夫
クリリンヤジロベー 田中真弓
ウーロン、ハイヤードラゴン 龍田直樹
チチ 渡辺菜生子
亀仙人 宮内幸平
カリン様 永井一郎

登場的キャラ

クウラ、フリーザ 中尾隆聖
サウザー 速水奨
ネイズ 平野正人
ドーレ 佐藤正治

基本情報

制作年 1991年7月20日
時間 46分
監督 橋本光夫
脚本 小山高生
OPテーマ 「CHA-LA HEAD-CHA-LA」唄―影山ヒロノブ
EDテーマ 「とびっきりの最強対最強」唄―影山ヒロノブ

劇場版『ドラゴンボールZとびっきりの最強対最強』はドラゴンボール映画、第8作目として公開されました。

前作の映画、『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』では題名に超サイヤ人と付いていますが、今でいう超サイヤ人ではありません。

今回が本当の意味で、“超サイヤ人”になる初映画となります。今ではサイヤ人ブルーにまでなれる悟空ですが、この当時の絶体絶命の時になる“超サイヤ人”はまた別格のような気がします。

この興奮は当時のアニメや原作、映画でしか味わえない何とも言えない感覚ですね。

また久しぶりに観たい方や、気になる方に是非おススメの作品です!!機会がございましたら是非ご覧になってみてはいかがでしょうか!!

実はこちらの劇場映画は動画だけではなくアニメコミックスとしても発売してるんです。

アニメとは違った感覚で楽しめるのでこのシリーズもおすすめですよ〜

例えばイーブックジャパンでは冒頭お試しで読めるのでチェックしちゃってください

参考⇒ドラゴンボールZ アニメコミックス 5 とびっきりの最強対最強の冒頭部分をチェックする!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です