DBの総合情報サイト

ミスターサタンの名言集セリフまとめ!戦闘力は?地球人の中で一番強いの?

WRITER
 
<2020年最新情報>
知らない人は損してる!実はある方法を使えば「漫画」が「実質無料」で読めちゃいます。


それはVODサービスの初回無料登録でポイントを貰う方法です。例えば以下3サービスだと

⇒Unext 初回登録で600ポイント

⇒Music 無料期間600ポイント

⇒FOD 最大1300ポイント(条件あり)

無料期間内に止めればお金もかからず実質で最大2500ポイントなので 例えば鬼滅の刃なら5冊は無料で読めちゃうスグレモノ。

上記3サービスは初回登録無料で、全部使っても何も損をしないため、あなたが読みたかった漫画の最新刊のためにいつ終わるか分からないから今すぐ活用しましょう

<2020年最新情報>
知らない人は損してる!実はある方法を使えば「漫画」が「実質無料」で読めちゃいます。


それはVODサービスの初回無料登録でポイントを貰う方法です。例えば以下3サービスだと

⇒Unext 初回登録で600ポイント

⇒Music 無料期間600ポイント

⇒FOD 最大1300ポイント(条件あり)

無料期間内に止めればお金もかからず実質で最大2500ポイントなので 例えば鬼滅の刃なら5冊は無料で読めちゃうスグレモノ。

上記3サービスは初回登録無料で、全部使っても何も損をしないため、あなたが読みたかった漫画の最新刊のためにいつ終わるか分からないから今すぐ活用しましょう

この記事を書いている人 - WRITER -

今回は、ドラゴンボールの中でもなぜか憎めないキャラクター、“ミスターサタン”についてご紹介していきたいと思います!

サタンは、クリリンたちを除いて地球人の中では強い方なのですが、何と言うんでしょうか…強さよりも、コメディ要素の強いキャラで、不思議な魅力を持ち合わせています。

最初はちょっと変わった面白いキャラ的位置だったのですが、なんと回を重ねるごとに登場数も増え、今では悟空ファミリーの一員です。

時には地球を本当に救ってしまうという、大役も務めました。セコイけど、悪いヤツじゃない。自己顕示欲が強いけど、優しい。そんな魅力溢れるサタンの名言、強さ、声優さん、家族構成等々みていきたいと思います!

そんなミスターサタンの初登場はセル編からになりますが、より登場回数も多くある意味大活躍なのが魔人ブウ編です。

通常版コミックでは36巻カラー版なら「魔人ブウ編①」から見ればちょうど悟飯とビーデルの出会いから悟飯とミスターサタンの出会いも全てわかります!

カラー版だとミスターサタンのコミカルな動きの表現や表情も分かりやすく表現されていて、まるでアニメをみてるような気持ちになり、モノクロ通常版のドラゴンボールでは味わえない世界を体験できちゃいます。

「アニメは忙しい人は尺のばしで見てられない!」って人は、魔人ブウ編のカラー版を一度試し読みして体験してください!

今ならカラー版も無料試し読みできるし、もし試し読みの先を読み進めたくなってしまっても、ebookjapanなら半額クーポンがもらえちゃえます。ヤフーIDがあれば、簡単1分で登録できてAm◯zonや楽天よりも安くなる半額クーポンがもらえるので、おすすめです。

参考⇒ドラゴンボール-魔人ブウ編のカラー版を今すぐ無料で試し読みしよう!ebookjapanなら何巻も無料試し読みができちゃう♪

ミスターサタンの名言集まとめ!『セル編』

ここでは、ミスターサタンの名言に触れてみたいと思います。

ミスターサタンは、コメディ要素が高い分、面白いセリフがたくさんあり、パフォーマンス的な発言は癖になってしまいそうです(笑)

名言やセリフが多めなのでそれぞれパートごとに分けてます。まずはセル編から!

計算の狂ってしまったセルに同情するぜ あいつもまさか世の中にオレほど強い者が存在するとはおもってなかったんだろーなー

これは、サタン初登場の時です。セルゲームのリングに、カメラマンとアナウンサーを上げてこのコメントをしました。

初登場から自己顕示欲の高さが伺えます(笑)

サタンは、ぎゃあぎゃあ吠えていますが、セルは完全無視です。サタンはこれでもかと、お尻ペンペンなどをして挑発をしていました。

これをテレビで観ていた亀仙人も「あいつは殺されてもいいかもしれん…」と漏らす程です。俗に言う、“無知は怖い”とはこのことだと思った瞬間でした(ドラゴンボール33巻395話)

セル!!!このこなごなにくだけちった瓦をみるがいい!!!

サタンご自慢の瓦割です。15枚中14枚割ることが出来ました。そしてお決まりの手がジンジンです(笑)

セルや悟空たちを前に、この男は何をやっているのでしょうか。これにはセルも「ホンモノのバカだ……」と真顔です。悟空たち一同は皆ポカ~ンと呆気に取られてしまいました。

そんな悟空たちをよそにサタンは、心の中で「きまった……!!いまのはおもったとおり猛烈にきまったぞ!!!やはりビデオを留守録しておいてよかった…!!」とドキドキしています。

この“ビデオを留守録しておいてよかった”が何だか少し可愛らしくて、個人的に好きなセリフです。(ドラゴンボール33巻396話)

ああっ な なぜかきゅうにハラが…!!た…闘いたいのに…!!あんなやつわけないのに…!!こっこのハラいたではっ!!くっくやしいっ あーーーーざんねん!!

これは、悟空がセルと闘って降参し悟飯にバトンタッチをする時、勝手に今度は自分の番だと勘違いしているサタンが口走ったセリフです。

もちろんサタンに出番が回ってくることはありません(笑)

このセリフは今後も、サタンの代名詞になるのではないかと思います。アニメや映画でも、どこかしこが痛いとよく口にし、戦いから逃れようとしていました。(ドラゴンボール34巻402話)

え…!?さ…さあ………あの……………セルは…わ わたしが倒しちゃったかなー

悟飯がセルを倒し、戦士たちも皆その場から去っていき、サタンはその光景を唖然として見ていました。そこで気絶していたアナウンサーが起き上がり、サタンに状況を聞きます。そこでサタンが答えたセリフです。

何ともまぁ、ちゃっかりとした発言ですね(笑)

証言者がいないことをいいことに、良いとこ取りです。これがまた、ミスターサタンという男を大きくした出来事でした。(ドラゴンボール35巻417話)

ミスターサタンの名言集まとめ!『魔人ブウ編』

続いて魔人ブウ編のミスターサタンを見ていきましょう!

全世界のサタンファンの諸君!!お待たせーーーーーーーーっ!!!

今度はセル編から時間が経ち、悟飯も大きくなった天下一武道会に、サタンが登場した時のセリフです。相変わらずのサタン節での登場でした。

娘のビーデルを連れて出てきましたが、まさかあのサタンにこんなに可愛い娘さんがいるとは思いませんでしたね。

この大会には悟空たちも出場予定でした。(結果ブウのことで大会には出ませんでしたが。)それまでの大会には悟空たちは出ていなかったのでサタンが優勝をしていました。悟空たちが出場することを知ったら、サタンにとっては悪夢そのものでしたね。(ドラゴンボール36巻430話)

やや…や…やっぱし そ…そうだ ま…まちがいない…!!あいつの子供だ…………そっくりだ……!!……こ……子供がいたのか…!!

天下一武道会は、大人の部と少年の部に別れており、少年の部の決勝戦は(当然)トランクスと悟天の試合となりました。強い二人の闘いに、大会関係者がサタンにご覧になってみては?と進め、サタンは二人の闘いを目にします。

気功波を撃つトランクスを見て、「あ……ああいうのみたことあるぞ……」と動揺し、悟天がスーパーサイヤ人になったのを見て確信しました。

悟空たちの強さを目の前で見ていたサタンにとっては、いろんな意味で受け入れがたい現実だったに違いありません(笑)(ドラゴンボール37巻434話)

よけいなことをいうんじゃない!!がんばらなくていいんだよ!!

少年の部で優勝したチビッコは、ミスターサタンに挑戦出来るというアトラクションがあり、トランクスはチャンピョンのサタンが、本当に自分の父親のベジータよりも強いのか考えてしまいます。

そんな中、悟天がトランクスに“がんばれ”と声援を送り、それを耳にしたサタンが目くじらを立てこのセリフを言いました。

あまりにも大人げないサタンのセリフに悟天も「?」となってしまいますが、全く余裕を持てないサタンの気持ちも分からなくはないですね。(ドラゴンボール37巻436話)

わ……わからずやめ……!!いいかげんにしろよ……!!ガキみたいに……

舞台に上がってウォーミングアップを始めるサタンを見てトランクスは、“ぜんぜんすごくないけど、わざと情けないふりをしているんだ、そうだよな、チャンピョンだもんな”と心の中で結論付け、やる気を出します。

その時の会話が双方の特徴が出ていて面白かったです。

  • ト「よぉし!!やるぞ~」
  • サ「お おいっなにをはりきってるんだ!!こ この試合はアトラクションだ か かるいお遊びなんだよ!き 気楽にやろうぜ!!
  • ト「いやだ オレはおもいっきりやる!」
  • サ「バ バカものっ!!!おとなげないぞ!!!たかがおあそびじゃないか!!!」
  • ト「オレは子供だ」
  • サ「わ……わからずやめ……!!いいかげんにしろよ……!!ガキみたいに……」
  • ト「ガキだもん」

サタン必死です(笑)涙と鼻水を流しながら訴えました。そりゃそうです。子供でもただの子供ではないのですから…。(ドラゴンボール37巻436話)

セ セルとの戦いの時に痛めたヒザがい…今ごろになって……!!くくく……!!

トランクスとの対戦にどうしようもなくなり、言ったセリフです。

上記でもあったお腹ではなく、膝バージョンですね。(笑)

プライドがあるのでその場から逃げることは出来ず、かと言って周りの期待の声を裏切りたくない、なのでこの手段しかないと…。

この言い訳も「医者がいるのでちょっとみてもらいましょう」と言われると治ってしまうという、ある意味サタンの特許だと思っています。(ドラゴンボール37巻436話)

……そうか ご ごくろう!あとでわたしのサインをやろう

ビーデルがスポポビッチにやられ、悟飯が医務室まで連れていきます。

そこへ慌ててサタンが駆けつけました。ビーデルのそばにいる悟飯に最初は「きさまがこんなめにあわせたのか!?」と疑いますが、関係者が“ここまで親切に運んできてくれた人”と説明すると、このセリフを言いました。

自己顕示欲が強いサタンは、よくこのセリフを言います。ドラゴンボールの世界の国民は欲しがるサインかもしれませんが、悟空たち仲間は誰もサインを欲しがっていないと思われます。(笑)

実際にこのセリフを言われた時の悟飯は、「はい…ど どうも…」とそっけない返事を返しました。(ドラゴンボール37巻442話)

きまった!!!めちゃくちゃきまった!!!(心の声)

悟空たちが界王神と共に魔人ブウの元へと行ってしまい、天下一武道会の試合はサタンと18号と、マイティマスク選手に扮したトランクス&悟天の試合となりました。

そこでサタンは頭の中で作戦を描き、自分に酔いしれてヨダレを垂らし、右手を高らかに上げピースし勝利宣言をします。

当然18号の強さも、トランクスが変装していることも分かっていません。

結局、試合が始まるとどちらにも相手にされず、二人の試合をみていたサタンは「…死んでしまう…」と小さい声で言うだけだったのでした。(ドラゴンボール38巻453話)

そっそんなでっかい声だしたらきこえるじゃないか!!!

魔人ブウが復活し、ブウはバビディを殺して自由気ままに殺しを楽しんでいました。そんなブウのところへサタンは乗り込んでいきます。

そして、ブウの家に向かって小さ~い声で文句を言うのですが、そこまで一緒に付いてきた付き人が、「ノドでも痛めておいでかな?そんな小さな声ではきこえませんよ」とサタンに代わり大声でブウを罵倒しました。そこでサタンが慌てて言ったセリフです。

人の前では良い恰好しても、内心は怖くて怖くて仕方がない、何ともサタンらしい言葉なのではないでしょうか(笑)(ドラゴンボール40巻481話)

「う…うれしそうだな…あいつ……………」「ま…まあいいもうちょっとあとにしてやるか」「わ…わんちゃんもいるしな…」

ブウに気に入られ家来になったサタンは、ブウと一緒に暮らしていました。そこへブウは足を怪我した子犬を連れて帰って来ます。

ブウは足を治してあげ、サタンは子犬のドックフードを買いに行くためその場を離れました。離れてから、あらかじめブウの家に仕込んでおいたダイナマイトをリモコンで爆破させようとしますが、子犬と嬉しそうに遊んでいるブウを見て、躊躇しました。

もちろんダイナマイトごときではブウを倒すことは出来ませんが、サタンの優しさが表面化され始めてきた瞬間だと思います。

元々、サタンも優しい人間だと思うのですが、自己顕示欲が強く見え誤解されやすいタイプなのかもしれませんね。(ドラゴンボール40巻483話)

ダ……ダ……ダメですよ…やっぱし…殺したりこわしたりしちゃ……

サタンがブウに、なぜ人間を殺したり、家を壊したりするのか聞きました。ブウは「たのしいから」と答え、サタンは恐れながらも“ダメですよ、殺したり壊したりしちゃ”とブウに言います。するとブウは「じゃあやめた」とあっさり納得しました。

本来ここで話が済んでいたら後の悲劇にはならなかったのかもしれません。ですがバカな人間のせいで、せっかくブウはサタンと約束したのに更に事は酷くなってしまいます。

それにしてもサタン、やはり世界チャンピオンなだけあるかもしれないですね。サタンだからブウも心を開いたのだと思います。(ドラゴンボール40巻483話)

ゆるさんぞおおおおおーっ!!!!

ブウとサタンはボールを投げ、それを取りに行く子犬と楽しく遊んでいました。

そこへバカな人間が、ボールを取りに行く子犬を銃で撃ってしまいます。次にはブウ目掛けて攻撃をしました。サタンはそれを見て怒り狂い、撃った二人をボコボコにして岩の上から落とし、「ちくしょう……かわいそうなことを……」と嘆きました。その様子を怒ったブウは黙って見ていました。

しかしまだ子犬には息があり、ブウが急いで治します。そして生き返った子犬を見て二人は、手を取りジャンプしながら喜び合いました。

ここまでくると、サタン普通にいいヤツですね。ブウもそんなサタンを感じていたのだと思います。ですがこの後、バカな人間は生きていてサタンを撃ってしまい、事態は急変するのでした。(ドラゴンボール40巻484話)

ふふん…なあにいざとなれば 武道家のチャンピョンとしてはこいつはつかいたくないのだが

悟飯とブウの激しい戦いの中で、デンデがサタンに逃げることを促しますが、サタンはこのセリフを言って銃を出しました。

これだけ激しい戦いを見ていても、銃の威力を信じているサタンにビックリですね。しかもサタン、武道家なのに銃を持ち歩いているとは…。

そして「この45口径が火をふくことになるぜ…!!どうだーっ!!」と自信満々でした。この姿に、横にいたデンデは言葉も出ませんでした。(ドラゴンボール41巻501話)

やっとわかった!!!こいつは夢なんだ!!はっはーっそうだ!!夢だよ夢!!

悟空とベジータがベジットとなりブウと戦いましたが、ブウが地球を爆破してしまいました。

悟空たちは界王神界に移動するのですが、その際サタンも一緒に移動してきて上記のセリフを言います。これまで散々いろんな場面に遭遇しているのに、ここにきてこの発想が何ともサタンらしいのではないでしょうか。(ドラゴンボール42巻509話)

忠告する!!や やめたほうがいいぞっ!!オレは強すぎる!!

悟空とブウが闘っていましたが、悟空は気を貯めるためにその間ベジータがブウと戦いました。

ですがそのベジータもボロボロになってしまいます。夢だと思っているサタンはそれを見てブウを挑発し、自分に矛先を向けました。ブウはサタン目掛けて飛んできますが、サタンの目の前に来ると頭を抱え込み口からサタンと仲の良かったブウを吐き出し、再度サタンに向かってきます。

そしてこのセリフを言いました。

結局ブウが軽くパンチするとサタンは吹っ飛び、“夢なのにいたい”とのたうち回ります。懲りないサタンですね(笑)(ドラゴンボール42巻512話)

き きさまらいいかげんにしろーっ!!!さっさと協力しないかーっ!!!このミスター・サタンさまのたのみもきけんというのかーっ!!!

悟空がブウを倒すための元気玉のパワーが、ベジータや悟空の声ではなかなか集まらなく、それを見かねてサタンが地球人に向かって言い放ちます。

これによりパワーが集まり始め、元気玉は完成しブウを倒すことが出来ました。

これはサタンがいなければ成し得なかったことです。また、慕われているサタンだからこそともいえるでしょう。悟空もサタンが本当の救世主かもなと言うセリフがあります。

サタンがとてもかっこよく見えました。パフォーマンスだけではチャンピョンになれないということを証明した出来事だったと思います。(ドラゴンボール42巻515話)

たっ  たのむよおねがいします!!わ わたしが責任もってわが家で保護するから………!!

悪の方のブウを倒し終えた後、元来のブウが倒れていました。それを見つけた一同。ベジータは危険だから殺すと言います。ですが良いブウを知っているサタンは、殺さないでくれと一生懸命頼み、ブウに覆い被さって庇いました。

そしてブウが殺されないで済むと、涙を流しながら「あ ありがとう……!!!ほんとうにありがとうっ!!!」とお礼を言い喜びます。。

ブウにとっての一番の理解者は、ビビディでもバビディでもなくサタンだったのですね。このコンビはほのぼのとしていて、個人的には好きです。(ドラゴンボール42巻517話)

ミスターサタンの名言集まとめ!『ドラゴンボール超』

最後にドラゴンボール超(スーパー)でのミスターサタンを少しだけ紹介!

ブウさんをどうする気だっ!!連れて行くなんて許さないぞっ!!!

力の大会が終わりしばしの時が流れたそんな中、ミスターサタンはブルマに電話をしました。

ブウがさらわれると。それを聞いて悟空とベジータは駆けつけます。その悟空が到着するまでサタンはこのセリフを言って、ブウを連れていくメルスに抵抗をしていました。

もうサタンはブウなしでは生きていけないというぐらいに、二人の仲は切っても切れないものになっているのではないでしょうか(ドラゴンボール超9巻42話)

あのぉブルマさん ブウさんが無事かどうかも聞いてもらえますか?

ブウが連れて行かれベジータも帰ってこずで、ブルマがジャコに連絡を取り状況を聞こうとし、その時にサタンがブウの様子を心配して聞きました。

そしてブウの無事が分かると、「良かった…ブウさん…」と祈るように安心します。

娘のビーデルが悟飯と結婚し、今では普段、ブウと仲つつましく暮らしているサタンの姿が想像出来ますね。(ドラゴンボール超10巻46話)

ミスターサタンの個人的な絶対に外せない名シーン!

「やかましい!!名前も知らないやつらが闘っているんだ!!チャンピョンがこのままにげたんじゃいい笑いもんだぜ!!」

セル編で、16号がセルに破壊され頭部だけになってしまいました。その16号が“地球のために悟飯の近くに連れていってほしい”とサタンに頼みます。

アナウンサーはサタンに“やめた方がいい”と止めますが、サタンは意を決して16号の頭部を悟飯の近くへと運びました。その時のセリフです。

16号は悟飯に地球を守ってくれと託しますが、セルに気付かれ踏みつぶされてしまいます。そこで悟飯の中で何かがキレ、覚醒しました。

ここでサタンが16号の頭部を運ばなければ、悟飯と16号が話すことはできませんでした。また、16号が踏みつぶされなければ悟飯は覚醒することもなかったかもしれません。

そう考えると、サタンのこの勇気ある行動は、地球を救う手助けになったのではないでしょうか。サタンのもっともカッコいいセリフの一つだと思います。(ドラゴンボール34巻407話)

ミスターサタンの初登場は人造人間セル編です。ちょいキャラだと思わせといて後々家族にもなってくる存在なので初登場からチェックがおすすめ!

参考⇒人造人間セル編から登場のミスターサタン!あのセルゲームにも登場!カラーで今すぐチェック!

ミスターサタンの戦闘力は?チャンピオンは地球人の中で何番目に強いのか考察

ここでは、サタンの強さなどを調査していきたいと思います。

サタンは、一応(笑)武道家で、武術界のレベルが大幅に低下した第24回天下一武道会で優勝しました。また、サタンの実力について鳥山明先生は「ボブ・サップほど強くないかも」と述べています。

レベルの低い天下一武道会と言っても優勝者ですし、少なくてもクリリンやヤムチャなどを除いて、地球人の中ではそれなりに強いのではないでしょうか。

公式では、初期の悟空の戦闘力が10、普通の農夫が5と言われていて、ネット上ではサタンの戦闘力は18ぐらいではないかと言われたりします。

  • 初期悟空 10
  • 農夫 5
  • サタン 18

戦闘力で考えると、少し難しいですね。もっと高くてもよさそうな気もしますし、初期の悟空が10だから、そう考えるとサタンは8ぐらいにも感じますし…う~ん…難しいです(苦笑)

ドラゴンボールの世界では、地球人の中で一番強いとされているのはサタンです。もちろんクリリンやヤムチャを除いてですが…。

ただ、サタンは強運の持ち主でもあります。言葉を変えれば、良いとこ取りなところがあり、実際と結果が伴っていない出来事が多々ありました。

人造人間編では結果、セルから地球を救ったのはサタンということになり、魔人ブウ編でもやはり結果サタンが地球を救ったことになったのです。

人造人間編では悟飯がセルを倒したのですが、ちょびちょびとTV中継であたかもサタンが闘い倒したかのように放送されました。

そして魔人ブウ編では、悟空が元気玉でブウを倒します。その元気玉を作るのに、ベジータや悟空の呼びかけではパワーが集まりませんでした。そこでサタンが代わって地球人に呼びかけます。

すると地球ではヒーロー的存在のサタンの声で皆がパワーを送り、悟空の元気玉は完成してブウを倒すことが出来ました。

なのでこれは、倒したのは悟空ですが、倒すキッカケを作ったのはサタンです。これはある意味サタンが地球を救ったと言っても過言ではないですね。

そんなことも含め総合的に見てみて、サタンは地球最強の男なのかもしれません。

ここで少しサタンの技をご紹介します。

  • ダイナマイトキック
  • ローリングアタックサタンパンチ
  • サタンミラクルスペシャルウルトラスーパーメガトンパンチ

と、技があります。3つ目の技に関しては、試合後コメントで自分自身でもその後技名を覚えてなくて、サタンミラクルビーチフルスーパーバリバリパンチと名前が変わっています(笑)本人が覚えられなければ、他の誰も覚えられません

ミスターサタンの声優は三代目?変わった時期と理由

次にサタンの声を担当した声優さんについてみていきたいと思います。

今までミスターサタンの声は3人の方が演じていますが、初代のミスターサタンの声を演じたのは、郷里大輔さんです。

初代ミスターサタン声優|郷里大輔

郷里さんは、ドラゴンボール1986年-1989年ではウミガメや、牛魔王、イエロー大佐などを演じ、ドラゴンボールZでは引き続きウミガメや牛魔王、加えてエンマ大王、コルド(初代)、そしてミスターサタンを演じました。

そしてドラゴンボールGTでは、上記に加え黒煙の龍も演じます。2009年のドラゴンボール改でもポルンガ(初代)も演じました。

他の作品では、キン肉マンではロビンマスクを、銀牙-流れ星-銀-のモス、ドラゴンクエストのドドンカなど数々の作品に出演されています。

ですが郷里さんは、2010年に亡くなられました。警察は、現場の近くから刃物に加えて遺書が見つかったことから、自殺とみています。亡くなる数年前から糖尿病を患い、網膜剥離を併発して視力が極端に低下していたようです。

郷里さんの死をたくさんの人が悲しみました。

その郷里さんが担当していた多くの役は、たくさんの方が引き継ぎます。そのミスターサタンを引き継いだのは、石塚運昇さんです。

2代目ミスターサタン声優|石塚運昇

石塚さんは、朗読指導を行う「石塚運昇リティーングカンパニー」主催。参加者によるリーティング劇も行っており、舞台俳優・声優の経験を元に演出、演技指導を手がけました。

もちろんたくさんの作品にも出演されていて、ポケットモンスターサイドストーリーのオーキド博士や、機動戦士ガンダム00のセルゲイ・スミノフ、また映画の吹き替えなど、誰もが一度は聞いたことがあるだろう作品に出演されています。

本当に多くの作品に出演された石塚さんですが、2018年に病気により亡くなられました。

晩年、食道癌を患いながらも仕事を続けられていたそうです。

2019年7月に公開された『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』では、2018年の3月頃にプレスコによる事前収録を行っており、事実上の遺作となりました。

石塚さんの後任には、江原正士さんが引き継ぎます。

3代目ミスターサタン声優|江原正士

江原さんも、上のお二人と一緒の事務所、青二プロダクションに所属です。

江原さんは役を作り込みシリアスな役からコミカルな役、陽気な役柄から冷酷非道な悪役まで、役柄を問わない多彩な演技力を持っていて、洋画吹き替え、アニメーションなど媒体を問わず幅広く出演しています。

洋楽の吹き替えでは、トム・ハンクス、をはじめウィル・スミス、ウェズリー・スナイプス、ビル・マーレイ、ブルース・キャンベル、ロビン・ウィリアムズなどを持ち役としています。

とても有名で大物俳優ばかりですね。過去には、エディ・マーフィ、ニコラス・ケイジも担当していました。

アニメでも有名なNARUTO-ナルト-疾風伝(2007年-2010年)マイト・ガイ、マイト・ダイを演じ、また多くの作品に出演されています。

3人の方があの愛されキャラ、ミスターサタンを作り上げてきたのですね。ミスターサタンの声優さんが、これほど豪華だったことに本当に驚かせられました。

UNEXTなら今現在、シリーズほぼ全て見れちゃいますよ〜詳しくはここ!

参考⇒アニメならUNEXT!悟空が少年時代のドラゴンボール、ドラゴンボールZと改、超も全て見放題(2020年9月現在)

ミスターサタンの本名はサタンじゃない事実!年齢と身長と大家族になった超での家族構成は?

さて、今度はサタンのプロフィールと、家族構成などをみていきたいと思います!

『ミスターサタン』

  • 名前:マーク(本名)
  • 年齢:エイジ736生まれ
  • 身長:188㎝
  • 体重:94㎏

まずは、名前についてみていきましょう!

サタンの本名は『マーク』で、『ミスターサタン』は格闘家としてのリングネームだそうです。

作中では明かされていませんが、若い頃は「サタンの城」と呼ばれる格闘技の道場に通っており、かなりの実力と、ライバルの対戦相手が食中毒になるなどの強い運の持ち主で、たちまち世界チャンピョンになり、道場の名前から「ミスター・サタン」と呼ばれるようになったという説もあるようです。

そしてエイジ736生まれにはもう一人います。実はクリリンと同い年でした。意外ですね、クリリンが若く見えるのか、サタンが老けて見えるのか、とても同い年には見えません。

またサタンはとても大きい体格をしています。そういうところもクリリンと雰囲気が違って見える理由かもしれませんね。

次にサタンの家族構成をみていきましょう。

サタンはビーデルという一人娘がいます。ということは、母親、つまり奥さんがいることになりますね。

実はこんなお話があります。サタンは20代前半までに美人歌手ミゲルと結婚し、「天使(ミゲル)と悪魔(サタン)が結婚!」と当時の世間を騒がせたようです。魔人ブウ編開始ごろまでにはその妻は亡くなり、一人娘のビーデルとたくさんの使用人と暮らしていました。

その後は悟空の息子、孫悟飯とビーデルは結婚し、孫家とミスターサタンは縁戚になります。

そしてパンが生まれ、サタンにとっては孫が出来ました。

まさか悟空とサタンが親族関係になるなんて、セル編の時は誰も想像つかなかったと思います!

そのセル編では、亀仙人には「あいつは殺されてもいいかもしれん」なんて言われるような行動をしたり、ベジータにも「バカの世界チャンピョン」とも言われ、しまいにはセルからも「本物のバカ」と言われてしまう始末でした。

そういうのも悟空たちの気功波や舞空術をトリックだと言い続けたり、自己顕示欲が強くパフォーマンスを欠かさないなど、相手を見下す態度を取ったりしていたからです。

なので、こんなに主要人物になるとも思っていませんでした。(笑)

今では“我らのサタン”です!!

ミスターサタンのまとめ

今回は、ミスターサタンについてご紹介してきました。

これだけ自己顕示欲が強いキャラもそうそういません。ですが、ここぞという大事な時に実はサタンが活躍していたり、悟空と親戚になったりと、なかなか面白い面もあります。

でもサタン、実は優しかったり正義感が強かったりと良い面もありましたね。

セル編ではエネルギー弾の嵐の仲、16号の首を持っていってあげたり、ブウ編では子犬を撃った男を本気で制裁し、何より善のブウを必死で庇ったりと自己顕示欲が強いだけではありませんでした。ただ、周りの声ですぐ調子に乗ってしまう悪い癖があることも否めないところがサタンというキャラなのだと思います。

そして今では『ドラゴンボール超』でも当たり前のように登場するキャラになりました。こう言っては悪いですが、ヤムチャよりも出番が多いのではないでしょうか。

そんなサタン、これからもたくさん登場してほしいですね!

“ミスターサタン”は『ドラゴンボール28巻』セル編から登場します!!ここには書ききれないほど、たくさんの面白いセリフがあるので是非ご覧になってみてはいかがでしょうか!!

コミック版ならカラーバージョンがおすすめ!とにかく見やすくて綺麗でサクサク読めちゃいます。

冒頭部分の数ページは無料で試し読みできるのでチェックしてみてくださいね

参考⇒人造人間セル編から登場のミスターサタン!あのセルゲームにも登場!カラーで今すぐチェック!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です