DBの総合情報サイト

ドラゴンボールシリーズのアニメや映画・漫画の見る順番をストーリーと一緒にチェック!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回はドラゴンボールシリーズを見るにあたってどのような順番で観たらいいのか調査していきたいと思います!

ドラゴンボールと一言で言っても漫画からアニメ、劇場版など幅広く展開されています。

その時観たいものを観るのが一番ですし、どの順番からでも楽しめるのがドラゴンボールですが、ドラゴンボールシリーズのストーリーに沿って観ていくのも更に楽しく観られる方法の一つなのではないでしょうか!

また原作とアニメの違いや映画との繋がりなどもご紹介したいと思います。

それではドラゴンボールの世界をみていきましょう!

ドラゴンボール(アニメ)の見るべき順番!まずは手っ取り早く結論から!

アニメドラゴンボールシリーズは

  • 『ドラゴンボール』
  • 『ドラゴンボールZ』
  • 『ドラゴンボールGT』
  • 『ドラゴンボール超』

の順番で放送されました。

結論から言いますと、この順番で観ればストーリーに沿って観ていくことができるかと思います。

ただ、ドラゴンボール超の設定はZの後の出来事となっていて、GTの話に繋がる要素は今のところはなく、またGTは原作者である鳥山明先生は関わっていません。

実はもう一つ、『ドラゴンボール改』というのがあります。こちらはドラゴンボールZのリメイク版で原作よりの内容になっています。Zより短縮された感じでしょうか。

個人的にですが、じっくりと観たいよという方はドラゴンボール(無印)からZ、GT、超と順を追って観ることをお勧めします。

戦闘シーンやサクサク観たい方はドラゴンボール改を観て、GT、超でもいいかと思います。

またGTを“別物”とみてドラゴンボール(無印)、Z(もしくは改)、超、GTでもいいかもしれませんね。

ドラゴンボールのシリーズ通してみたい場合、Zシリーズだけはあるけど少年期悟空の無印版は配信がないってこともよくあります。

でも例えばUNEXTなら今なら基本料だけで課金もなく見れるシリーズが多めで穴番ですよ〜

参考⇒アニメ版ドラゴンボールならUNEXTで基本料のみで鑑賞可能!(2019年11月現在)

ドラゴンボールアニメのストーリー!種類と放送開始日

次にドラゴンボールのアニメの種類などを詳しくみていきたいと思います。

『ドラゴンボール』

放送開始日 1986年2月26日~1989年4月19日 全153話

  • 悟空とブルマ編
  • 第21回天下一武道会編
  • レッドリボン編
  • 修行の旅編
  • 第22回天下一武道会編
  • ピッコロ大魔王編
  • 天界修行編
  • 第23回天下一武道会編
  • 炎の中のウェディングドレス編

悟空の少年時代が主になるかと思います。のちのZや超に比べると修行や冒険が多いですね。ドラゴンボールを探す旅が特に印象深いのではないでしょうか。

またドラゴンボールと言えば天下一武道会を思い出す方も多いかと思います。出場するたびに強くなっている悟空には本当に驚きました。また同時に新たに現れる敵にはハラハラドキドキです!

『ドラゴンボールZ』

放送開始日 1989年4月26日~1996年1月31日 全291話+SP2話

  • サイヤ人編
  • フリーザ編
  • ガーリックJr.編
  • 人造人間・セル編
  • あの世一武道会編
  • 魔人ブウ編

悟空が地球人ではなくサイヤ人だとわかったのはZからです。そして今ではおなじみのスーパーサイヤ人はZで誕生しました。

Zではとにかく戦闘シーンが多く、一言で言うならば “ボリューム満点”と言ったところでしょうか(笑)悟空たちも敵もケタ違いな戦闘力でバトルが展開されるので迫力がすごいですよ!またストーリーも壮大で時には涙ありの展開もあります。

『ドラゴンボールGT』

放送開始日 1996年2月7日~1997年11月19日 全64話+SP1話

  • 究極のドラゴンボール探索編
  • スーパーベビー編
  • 超17号編
  • 邪悪龍編

Zが終わりGTでは宇宙へドラゴンボールを探す旅が始まりました。またサイヤ人に深く関わり合いのあるツフル人のことやドラゴンボールの真実(仕組み)についてわかります。そしてZで登場した17号が超強くなって悪役として再び現れドラゴンボールの世界はとんでもないことになってしまいます。

このドラゴンボールGTは鳥山明先生が関わっていないし、超と少し矛盾が出てしまう(超はZの後のお話で超に出てきたビルス様がGTに出ていない為)と人によっては「パラレルの世界だ」という人もいます。

ですが、登場人物が変わることもなく、ストーリーを捻じ曲げている訳ではないのであまり気にしないで観ることができると思います。

ちなみにドラゴンボール改も2期にわたり放送されました。

『ドラゴンボール改』

  • 第1期(サイヤ人編~セル編)放送開始日 2009年4月5日~2011年3月27日 全97話
  • 第2期(魔人ブウ編)放送開始日 2014年4月6日2015年6月28日 全61話

こちらはドラゴンボールZを短縮した感じになっています。当時噂ですがアニメは時間の引き延ばしをしているのではないかと言われ、気を貯めるシーンで今回の回は終わった~なんて言われたりしました(笑)そういったシーンをカットされたのが改で…ではなく、実はZのオリジナルの部分をカットし、より原作に近くなっているのがドラゴンボール改なんですね。

そういう意味では、じっくり楽しみたい方はZ、サクサク観たい方は改をお勧めします。

ストーリーは同じなのでどちらも楽しめることは間違いないです!

『ドラゴンボール超』

放送開始日 2015年7月5日~2018年3月25日 全131話

  • 破壊神ビルス編
  • フリーザ復活編
  • 破壊神シャンパ編
  • “未来”トランクス編
  • 宇宙サバイバル編

ドラゴンボール超では舞台が宇宙で多宇宙が存在したり、新たに神様や天使といったキャラが出てきました。

また、Zの人造人間編に登場した”未来トランクス”が再び悟空たちの前に現れ、とんでもない敵と戦うことになります。

そして宇宙サバイバル編では、悟空たちよりも更に強い敵がいて苦戦を強いられました。一体どこまでドラゴンボールの世界は広がっていってしまうのでしょうか(笑)

ドラゴンボールの映画の見る順番と種類は?原作やアニメと繋がりはあるの?

ここまではアニメについてご紹介しました。今度は映画についてみていきたいと思います。

ドラゴンボールは現在までに20作品公開しています。

その公開作品をご紹介します。

  • 第1作  ドラゴンボール 神龍の伝説 /  1986年12月20日公開
  • 第2作  ドラゴンボール 魔神城のねむり姫 / 1987年7月18日公開
  • 第3作  ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険 / 1988年7月9日公開
  • 第4作  ドラゴンボールZ / 1989年7月15日公開
  • 第5作  ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ / 1990年3月10日公開
  • 第6作  ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦 /  1990年7月7日公開
  • 第7作  ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空 / 1991年3月9日公開
  • 第8作  ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強 / 1991年7月20日公開
  • 第9作  ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち / 1992年3月7日公開
  • 第10作 ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人 / 1992年7月11日公開
  • 第11作 ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 / 1993年3月6日公開
  • 第12作 ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 / 1993年7月10日公開
  • 第13作 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない / 1994年3月12日公開
  • 第14作 ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ / 1994年7月9日公開
  • 第15作 ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ / 1995年3月4日公開
  • 第16作 ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる / 1995年7月15日公開
  • 第17作 ドラゴンボール 最強への道 / 1996年3月2日公開
  • 第18作 ドラゴンボールZ 神と神 / 2013年3月30日公開
  • 第19作 ドラゴンボールZ 復活の「F」 / 2015年4月18日公開
  • 第20作 ドラゴンボール超 ブロリー / 2018年12月14日公開

実に多くの作品がありますね。17作目までは毎年公開されていたのが分かります。

ちなみに、第17作目の『ドラゴンボール最強への道』の内容ですが原作漫画のコミック1~8巻を再構築、リメイクされた作品になっています。この映画を観てアニメドラゴンボールZを観たら話の内容が分かりやすいかもしれません。

そして第18作と第19作はドラゴンボールZとありますが、実はアニメドラゴンボール超の中で放送されているんですよ。映画とアニメでは場所やセリフが違ったり、オリジナルがあったりと映画とアニメ、両方観れば楽しさ2倍です!

ほとんどの映画が単発のストーリーになっています。ただ、話の前後や世界観は原作やアニメと繋がっているのがほとんどなので番外編のイメージで観たらいいかもしれませんね。

また映画ならではの敵やキャラも沢山います。中でもフリーザの兄が出てくる第8作や、悟空たち以外の純血サイヤ人ブロリーが出てくる第11、13、14、20作などは必見です。

個人的にですが、一番最近上映されたブロリーを見た時のバトルシーンがあまりにもリアルで、一瞬アニメであることを忘れそうでした。(笑)おススメ映画の一つです。

ドラゴンボールの映画もほぼ網羅されてるのはUNEXT(2019年11月現在)。残念ながら最新作のブロリーは追加で必要ですが初回ポイントももらえますしUNEXTの場合は毎月ポイントがもらえる仕組みです。

参考⇒ドラゴンボール映画ならUNEXTで鑑賞可能!(2019年11月現在)

ドラゴンボールの原作・漫画コミックの発売してる種類と順番

ここからはコミックなどについてみていきたいと思います。

ドラゴンボールは週刊少年ジャンプ1984年12 月(51号)~1995年5月(25号)で連載されていました。

・単行本ドラゴンボール(通常版)

最初に単行本のドラゴンボール(通常版)が発売されました。

単行本は1985年9月より1巻が発売され全42巻出ています。

2009年にはカバーが一新され新装版全42巻が発売されました。

・単行本ドラゴンボール(完全版)

そして2002年12月にはドラゴンボール完全版1巻が発売され全34巻出ています。

・ドラゴンボール(フルカラー)

2013年2月には原作を着彩し直したカラーコミックスが発売されました。

  • 2013年2月にサイヤ人編
  • 2013年4月フリーザ編
  • 2014年4月人造人間・セル編
  • 2014年6月魔人ブウ編
  • 2016年1月少年編

・ドラゴンボール超

ドラゴンボール超は2016年4月4日に発売され、現在も続いて、2019月11月20日現在10巻まででています。

・ドラゴンボール電子版(モノクロ版・カラー版)

調査した限りではドラゴンボールの単行本で出ているものは電子書籍でも出ています。

今は読むスタイルを選べるので電子書籍でサクッと読まれる方も多いと思います。時代ですね。

読む順番ですが、単行本でも電子書籍でも通常版を読めばZまでの内容は分かると思います。

そのあとに“ドラゴンボール超”や“ドラゴンボールGT”をお勧めします。

他にもドラゴンボールアニメコミックスというのもあります。こちらは映画やTVで放送されたアニメが漫画になっているものです。画面で観ていたアニメを読んでみるのも楽しいかもしれませんね。

また映画のコミックスは順番関係なく楽しめると思います!

コミックの現物が欲しい人もいれば電子版でいいから読みたいって人まで好みはありますが、私自身の個人的なおすすめは、かさばらない電子版!

もう今の時代、ものはシェアする時代で音楽も定額制の時代ですよね。

本棚にコレクションする気持ちもわかりますがコレクションするのはフィギュアだけで十分!漫画は電子版でさらにカラー版っていうのが個人的なおすすめ!

中でも過去のドラゴンボール作品がカラー版で網羅されてるイーブックジャパンは個人的にポイント高いです。

ドラゴンボール超はまだカラー版は存在しませんが全巻買ってもいいし好きな巻だけでもいいので便利です

参考⇒ドラゴンボールを電子版でコレクションするならイーブックジャパンの本棚機能がおしゃれ!

ドラゴンボール見る順番のまとめ

今回はドラゴンボールの映画や単行本の観る順番などをご紹介しました。

ドラゴンボールが始まって30年以上が経ちますが悟空の少年時代から物語が色あせることなく続いていることに深く感銘を受けます。

あらためてドラゴンボールの壮大さを感じずにはいられません。

また子供の頃に観たり読んだりして楽しんでいたものを大人になっても同じように楽しめることが素晴らしいですね。

こんなにたくさんの作品があるとどれから観ようかと悩んでしまいがちですが、どれを観ても楽しめます!

またアニメと原作を見比べてみても面白いかもしれませんね。

是非お気に入りの作品や回を見つけてみてはいかがでしょうか!!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です